0

Re-Pose

「体温に近いあたたかさをキープする」
という
コンディショニング。

体温が1℃下がると、
体内では何が起こる?

人間はさまざまな環境の変化に身体を順応させ、体温を一定に保ちながら生きています。では、仮に体温が一度下がるとすると、体内ではどのようなことが起こるのでしょうか。大阪府立大学名誉教授で医学博士の清水教永氏は次のように話します。「体温は免疫力と酵素の働きに深く関係しています。もし深部体温が1℃下がるとミトコンドリアへの酸素供給が上手くいかず、免疫力は約37%低下。また体内には消化系酵素と代謝系酵素が合わせて3000種ほど存在し、生命を維持するために働いていますが、その働きが半分まで鈍ってしまうのです。」

体温に近いあたたかさでリラックス。
日常生活を快適に。

平熱が低い状態である「低体温」は、精神的なやすらぎが得られにくく、身体にも疲れが残りやすくなるというデータもあります。寒さ厳しい冬だけではなく、寝苦しくてクーラーを強くしがちな夏でも、寝ているときに身体に冷えを感じて十分に休まらなかったと感じた経験がある人も多いでしょう。日常生活でリラックスして快適に過ごすために体温は非常に重要なキーワードなのです。

着る人自身の体温=遠赤外線の力で保温する。
高機能素材「光電子」。

光電子を使用したウエアの最大の特徴は、着る人自身の体温によって生み出される自然なあたたかさにあります。ここで言う体温とは、直接肌に触れた際に伝わる熱ではなく、人体から出る遠赤外線のこと。左右の手のひらを向き合わせると、触れているわけでもないのにじんわりと伝わってくるあたたかさと同じものです。この遠赤外線を活用して直接人体を「保温」することで快適なぬくもり生み出し、暑くなりすぎずにあたたかさを自然にキープできる点が、汗などの水分を吸収して発熱する繊維による「加温」との大きな違いです。

光電子®

リカバリー専用
コンディショニングウエア
「Re-Pose」。

アクティブな生活を行う上で、日々のリカバリーはとても重要です。
心身ともにリラックスして質の良い休養を取ることが肉体的疲労、精神的疲労を上手に克服し、疲労回復を促すことが知られています。

C3fit「Re-Pose」は、高機能素材「光電子」を採用し、健康医科学の分野で、環境適応や睡眠について30年以上研究してきた大阪府立大名誉教授・清水教永医学博士の協力により開発されたリカバリー専用ウエアです。

WOMEN

MEN

リカバリーを着る

アスリートフード研究家

池田 清子Ikeda Sayako

アスリートフード研究家。夫はUCI MTBマラソン世界選手権、6年連続日本代表のマウンテンバイクプロアスリートの池田祐樹(TOPEAK ERGON USA所属)。アスリートフードに関する様々な発信をする場所として、2016年6月にビオトープ株式会社を設立。健康的に強く美しくなる食事をモットーに、アスリートフードの研究及び実践を行っている。

やっかいな疲れ

アスリートフードの仕事はいろいろあって、働く時間は平均すると毎日12時間くらい。執筆の時などデスクワークをしたりすると、気づけば体がガチガチになっていることも。固まってしまうとストレスがかかったり気持ちも沈みますね。何日も仕事が重なった場合は、あきらかに肌荒れとかに出てきます。でも、できるだけ疲れを翌朝に持ち越さないようには心がけています。特に睡眠の質を高めるように気遣っていて、お風呂に入ってきちんと体をあたためたり、眠りに入るタイミングを逃さないように準備しています。

リポーズをきっかけに

リポーズを着るようになって、本当に深く眠れるようになった気がします。以前はちょっとの物音で夜中に目を覚ましていましたが、今は眠った次の瞬間が朝。起きた時の目覚めもいいと思います。 肌触りがすごく良いので、素肌の上に着ることで心地よさを実感しています。それに包まれるだけでリラックスモードに入りますね。ウエアを着て休んで回復するという発想はすごく面白いので、リポーズをきっかけに自分の体と対話することを始めてみてもいいではと思います。

FOLLOW US

  • FaceBook
  • instagram
  • youtube