Winter Sports

C3fitのウエアは、着圧設計やサポート構造によって、直接からだに働きかけるプラス1アイテム。
からだに沿うアイテムだからこそ、長時間の快適性にこだわり、
コンディションやパフォーマンスを向上させるための設計が、随所に盛り込まれています。

「もっと速く、上手くなりたい。」
「もう一本、楽しく滑りたい。」

その前向きな気持ちは、
快適なベースレイヤーがもたらしてくれます。

パフォーマンスアンダーウエアと
保温アンダーウエアがひとつに。

暑くなりすぎず、汗の不快感もない、
ウインタースポーツで快適なあたたかさ。

Kodenshi Thermal High-neck Long Sleeves

光電子サーマルハイネックロングスリーブ


MEN

3F05306
¥12,000+税

BUY


WOMEN

3FW05306
¥12,000+税

BUY

Kodenshi Thermal 3/4 Tights

光電子サーマル3/4タイツ


MEN

3F06323
¥11,000+税

BUY


WOMEN

3FW06323
¥11,000+税

BUY

Kodenshi Thermal Long Tights

光電子サーマルロングタイツ


MEN

3F06322
¥12,000+税

BUY


WOMEN

3FW06322
¥12,000+税

BUY

足裏のアーチがターンを変える。

テーピング効果で、アーチをサポート

Kodenshi Winter High Socks

光電子ウィンターハイソックス

「かかと」が決まる。
足裏感覚を重視。


UNISEX

3F65380
¥4,200+税

BUY

Winter Wool High Socks

ウィンターウールハイソックス

履き心地とフィット感。
ウール素材で保温、湿気を逃す。


UNISEX

3F66380
¥3,500+税

BUY

Winter Light Comfort High Socks

ウィンターライトコンフォートハイソックス

高いクッション性。
ベーシックモデル。


UNISEX

3F93362
¥2,800+税

BUY

TEAM C3fit

ジュリアン・リゼル(フランス)

軽くて、快適、パワーを得られる

「C3fitのアンダーウエアは、とても軽く、快適で、パワーを得られるので、フィジカルトレーニングにも、もってこいのアイテム。これを着用していると、効果的なトレーニングができる気がします」

スキーでは7分丈とソックスの併用が◎

「C3fitのコンプレッションウエアを着用してスキーをしてみると着用感が少ないことに加え、暑いときは暑さを感じず、寒いときは暖かさをもたらしてくれることを実感できます。スキーのブーツはスネの真ん中あたりまで高さがあるので、僕はロングタイツは着用せず、ヒザ下までの7分丈のアイテムとソックスを併用しています。この組み合わせが、本当にパーフェクト。」

両親の影響で歩行と同時期にスキーを履き、すぐにのめり込む。その卓越した板さばき術で、スラロームのスペシャリストとして頭角を現し、19歳でフランスチーム入りを果たす。2009年のFISアルペンスキー世界選手権で銀メダルを獲得。その後、2度の大怪我により2年間も競技生活から離れていたが、2014シーズンにワールドカップ第1シード枠に復帰した。La Plagne所属。1979年9月5日生まれ。フランス・アルベールビル在住。身長173cm。

TEAM C3fit

石井智也

光電子ウィンターハイソックス

・足裏のアーチサポート機能について

夏場のC3fitのソックスも同じですが、足裏のテーピング構造があることにより、自然とアーチをキープできて、足の負担が軽減されているのを感じます。

・フィット感について

選手用のブーツは非常にタイトに設計されている中で、C3fitの靴下のフィット感が高いため、ブーツの感覚をダイレクトに伝えてくれます。履くときは多少きつく感じますが、筋肉の揺れを抑えてくれるので疲れを感じにくく、薄くタイトであっても、保温効果で足先が冷たくなるということはありません。

光電子サーマルシリーズ

薄手でありながらウォームアップの際にすぐ暖かくなり、それをキープしてくれるため、練習中であっても寒さを感じにくいのが良いです。またストレスのない着心地のため、非常に動きやすいです。アルペンスキーは、脚部への負荷が非常に高いですが、疲労は筋肉のブレ(揺れ)でも高くなります。光電子アンダーは筋肉の振動を抑えるサポートをしてくれるためパフォーマンス維持につながっていると感じています。

年齢:27歳
競技種目:アルペンスキー
北海道出身で幼少期より、スキーを始め2009年にFISジュニア世界選手権 SL(回転)で3位入賞を果たし、幾度の怪我を乗り越え2014、2015年シーズンの全日本選手権 GS(大回転)では2連覇を達成。現在は、ワールドカップ出場に向けてヨーロッパカップに参戦している。