トップメッセージ

スポーツを一番に考え、実践し、その知見を製品やサービスに具現化する。
私たちは企業活動を通して、健やかな社会の実現を目指してまいります。

いよいよ4年後の2020年、オリンピック・パラリンピックが東京で開催されるにあたり、東京だけでなく、日本全体が大きく動いています。それは、スポーツのことをさらに好きになり、世界を身近に感じることになる貴重な機会。スポーツの社会的責任は、これからますます重要なものになってくると私は考えます。そして、同じ年にゴールドウインは創立70周年を迎えることになります。振り返ってみますと、ゴールドウインという社名は、古代オリンピック発祥の地ギリシャで勝利者を「ゴールド・ウイナー」と呼んだことに由来しており、前回の東京オリンピックの前年の1963年に、この社名となりました。実際、1964年の大会では、日本選手が獲得した16個の金メダルのうち、12個がゴールドウインのウエアを着用していた選手たちでした。そして今では、その意味に留まらず、スポーツを楽しむひとりひとりを眩しく美しく輝かせたいという想いを、私たちの社名に込めています。いつも志と挑戦を抱いて、前進を続けること。スポーツを通して次世代を担う人材を育成すること。障がい者スポーツへの支援を通して、スポーツの可能性を追求すること。地域とスポーツとの関わりを考え、人々の健やかで楽しい暮らしを提案すること。その根底には、何よりもスポーツを一番に考え、心から愛し、自ら実践し、スポーツのチカラを信じる 「SPORTS FIRST:スポーツ・ファースト」という私たちの想いがあります。その想いを、ひとつひとつの製品やサービスに具現化していくことこそ、ものづくりの企業としての使命であると考えます。それは、美意識や生き方のようなものであるのかもしれません。これからも志と挑戦を大切にしながら、私たちは企業活動を通して、人々の明るく元気で前向きな生き方と、その先にある健やかな社会の実現を目指してまいります。

2016年7月
株式会社ゴールドウイン
代表取締役社長 西田 明男

COMPANY

条件を指定して、
検索ボタンを押してください。

年代

カテゴリ

ブランド

ストアブランド

エリア

イベント・キャンペーン・ストア情報のみエリアからお探しいただけます。