PROLOGUE

ブランド

「常に世界最速であること」...
業界をリードする技術開発力

1924年ラックワゴンやソリを作るメーカーとして創立されたフィッシャーはその後、アルペン・ノルディックともに、ワールドカップの上位を占める世界トップクラスのスキーメーカーとして躍進をしてきました。業界をリードする技術開発力に秘められた想いは「つねに世界最速であること」。この伝統を受け継ぎながら、フィッシャーはこれからも世界のスキーシーンをリードし続けます。

HISTORY

ブランド

90年以上の歴史と現在も続く
フィッシャーの躍進

1924年、オーストリア。発明の才能とパイオニア精神にあふれたヨセフ・フィッシャーによって「フィッシャー」は創立されました。創業当初は「そり」と「手押し車」の製造から始まったフィッシャーは、1930年代にスキーメーカーとしての歴史をスタートしました。
当時彼が“ものづくり”をする過程で、数々の困難や問題に直面し、それらに打ち勝ってきた精神が今も“フィッシャー・スピリッツ”として「開発力」「マーケティング力」「ハイクオリティ製品の販売」という面でフィッシャーに従事する人々に継承されているのです。
長年に渡りフィッシャーブランドが世界のスキーシーンにおいて君臨しているのは、「安定した経済力」「強いブランド力」「効率的なビジネス」「優秀な従業員」「すぐれた作業環境」があるからです。

お客様がスキーを楽しみ、そしてフィッシャーのスキー用具やスタッフからその優れたテクノロジーを感じていただけることが我々の財産なのです。これまでのブランドの歴史のなかで、ワールドカップをはじめとする多くの大会で数々のメダルを獲得してきたフィッシャー。
その魂は、競技の世界で活躍する選手たちから、ゲレンデでスポーツを楽しむ一般スキーヤーまで、すべてのみなさまに最高のスキーシーンを提供するために、脈々と受け継がれています。

フィッシャーの製品は、最先端のテクノロジーとハイクオリティが特徴です。
我々は開発初期段階からターゲットスキーヤーを明確にイメージし、またその要望に十分応えられる“ものづくり”を行っています。自然環境への配慮や経済性など社会的責任を果たすとともに、より積極的に社会貢献に参加しています。

世界中のすべてのスキーヤーのために─。
フィッシャーはテクノロジー、イノベーションを追求して、競技の魅力とスポーツの楽しさを広げていきます。

FISCHER TEST CENTER

FISCHER TEST CENTER

FISCHER TUNING BASE TOKYO

FISCHER TUNING BASE TOKYO

このサイトのご利用について

当サイトで公開してる全ての文章、画像等の著作権は制作者にあります。無断転載や営利目的、非営利目的などの行為は禁止です。

推奨ブラウザ

当WEBサイトはInternet Explorer(※9.0以上)、Chrome、Firefox、Opera、Safari(Mac only)の最新バージョンでご覧になる事を推奨いたします。

JavaScriptについて

当ウェブサイトは各ページにJavaScriptを使用しております。
ブラウザの機能を無効にされている場合機能、表示が正しく動作されません。JavaScriptを有効にしてご覧ください。

[an error occurred while processing this directive]