月別アーカイブ: 12月 2011

国内FISレース開幕!女子は6戦3勝の快進撃! 12月17日~24日まで北海道・糠平温泉スキー場にてGS2戦SL2戦と阿寒湖温泉スキー場SL2戦が行われました。今季の道東は積雪も多く、バーン状況もも天候も比較的安定した好条件下でシリーズが行われました。そんな中フィッシャー女子チームが大活躍、開幕戦のGSを眞田ひばり(早稲田大学)が制すとSL開幕戦と阿寒2戦目では丸子由里香(美唄スキー連盟)が2勝、表彰台4回と安定した結果を残すことが出来、本職SLで復調して来ました。 一方で故障者の多い男子チームは不本意な結果となってしまいましたが、長いシーズンの中でしっかりと体調とモチベーションを維持し個々が目標としている主要レースにピークを持って行けるよう照準を合わせて行って欲しいと思います。 FIS RESULTS >> 糠平GS優勝 : 眞田ひばり(早稲田大学)  SL2勝 : 丸子由里香(美唄スキー連盟)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

NEWS : コステリッチが逃げ切り通算20勝目!清澤奮闘も僅差及ばず。 開幕戦レビの代替えレースとしてオーストリア・フラッハウにて男女SL第3戦がナイターレースで行われました。1本目ラップのコステリッチが2本目に逃げ切り今季SL2勝目・通算20勝という記念すべき勝利を納め、種目別でも首位、総合でもぐいぐいとトップに迫って来ています。昨年同様、年明けからのスーパーコンビ種目で一気にチャージしてくる事を期待しています。6位には今季絶好調のP.THALER(ITA)が開幕から7位→7位→6位と安定して結果を残しています。またフィッシャーブーツ使用者のC.DEVILLE(ITA) , M.PRANGER(AUT)なども速さを証明しています。 そして前回のクシュベルに引き続き、清澤恵美子(チームクレブ)も奮闘!2本目に進出する為の30位まで前回は0.05秒差、今回は0.35秒差でしたが本人も手応えを感じ始めているようです。年内はもう1レース、オーストリア・リエンツでSL第4戦に参戦します。応援宜しくお願い致します。 FIS RESULTS >> FLACHAU SL 40th place : 清澤恵美子(チームクレブ) FLACHAU SL 6th place : Patrick Thaler (ITA) ALTA BADIA GS  6th place : T.FANARA(FRA)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

NEWS : 女子SL第2戦プティアイネンが2位表彰台、清澤惜しくも31位で2本目進めず! フランス・クシュベルで行われたFISワールドカップ第2戦でフィンランドのタンニャ・プティアイネンが2位、やっと復調して来ました。そして、日本代表の清澤恵美子(チームクレブ)が僅か0.05秒届かず31位という本当に悔しい結果を残しました。世界と戦える自信と届かなかった悔しさと入り混じっているかとは思いますが、次戦以降に大きな弾みとなる経験になった事は間違いありません!コース状況がかなり厳しかった事も踏まえてではありますが、世界のトップとの差はありながらもそこに挑戦できる可能性は十分に見えてきた段階です。ここ何年も女子選手が成し遂げる事が出来なかったW杯2本目進出を確実に射程圏内に抑えて来ています、どうかアルペンスキーのなでしこジャパンも応援宜しくお願い致します!! FIS RESULTS >> 2nd place : Tanja Poutiainen (FIN) 8th place : Lena Duerr (GER)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

先週、アサマ2000スキー場にてフィッシャーデモチームの合宿を行いました。伊藤敦コーチのもとでシーズンの課題や今季の技術選に向けたテーマを明確にしていく事を要点に3日間びっしりトレーニング!コンディションも霧で何も見えなかった2日目以外は申し分のない条件下で選手達もとてもすっきりした表情で合宿を終え、今季へのモチベーションを高められたと思います。今季は1月・2月・3月と3回の合宿を組んでいるので、しっかりと調整をして行って欲しいと思います。フィッシャーデモチームの応援も宜しくお願いします! 右から伊藤敦コーチ・片桐貴司選手・西部アシスタントコーチ? 左からベテラン猪又誠選手・水落育美選手、若手の奥村選手と榎本選手 ん?誰?

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

恒例の年末年始フィッシャージュニアレーシングキャンプを岩手県・下倉スキー場と長野県・夜間瀬スキー場で今年も開催します。3日間の中で、スキーに効率よく乗る為の姿勢作りから実践的な内容までを子供でも分かりやすい指導法で行います。 詳細内容はこちら >>  締切 : 12月20日(火)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ヨーロッパの雪不足により第1戦、2戦とキャンセルとなった男子スラロームはようやくアメリカ・ビーバークリークにて開幕致しました。昨シーズンの種目別チャンピオンのコステリッチは、1本目3位につけ2本目に逆転優勝!精密な技術と冷静な戦略が今回も際立っていました。2位にはフィッシャーブーツ使用者のC.DEVILLE(ITA)が初の表彰台、また今季よりフィッシャースキー・ブーツにマテリアルチェンジしたP.THALER(ITA)が2本目にラップを奪い7位入賞、M.MOELGG(ITA)8位とイタリア勢の活躍が目立ちました。そして驚くことにトップ20名中、10名もの選手がフィッシャーブーツを使用していた事です! 次回のアルタバディアからは大越龍之介選手も参戦、女子でもクシュベルで清澤恵美子が参戦予定です。何とか世界の壁を打ち破ってくれるよう皆さん応援よろしくお願いします。 FIS RESULTS >> 11_12 W-CUP SL #1 WINNER : I.KOSTELIC (CRO) photo : Shinichiro Tanaka WINNER : I.KOSTELIC(CRO) 7TH : P.THALER (ITA)    *2nd run fastest time

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

中国万龍スキー場で12月1日~4日に渡り、ワールドカップへの切符をかけたファーイーストカップ(コンチネンタルカップ)が行われました。フィッシャーチーム選手では早稲田大学2年生の眞田ひばり選手が5位→5位→3位→5位と両種目で安定した結果を残しました。本人も今年の課題だった完走率を見事に克服し、次回の韓国シリーズにつながる貴重なカップポイントとFISポイントを加算・更新しました。また先日のFISレースで4戦2勝、2位1回という幸先の良いスタートを切った丸子由里香選手は、4位→7位→7位→13位と本人としては不本意ではあったかと思いますが、こちらも確実にポイント加算で次回へつながる結果となりました。 FIS RESULTS >> SAAS FEE 合宿での眞田ひばり選手(早稲田大学)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ