月別アーカイブ: 1月 2012

スロヴェニア・マリボルで開催される予定だったワールドカップ女子SL第6戦は、条件不良の為同国のクラニスカゴラに移され開催されました。前回のザグレブで自身初めて2本目に残った清澤恵美子(チームクレブ)は今回も粘りの滑りで1本目に27位で2本目に進出!2本目は大きなミスもあり納得の行く滑りとはいかなかったものの連続でワールドカップで順位を残しました。タイム差からも伺えるよう、トップとの差は歴然ではありますが少しずつ着実に階段を登っています。そしてフィンランドのプティアイネンが今季2度目の2位、またオーストリアのホスプも6位と両ベテランが調子を上げてきました。 FIS RESULTS >> SL #6 kranjiska gora 23th : 清澤恵美子(チームクレブ) SL #6 kranjska gora 2nd : T.Poutiainen (FIN) SL #6 kranjska gora 6th : N.Hosp(AUT)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

FISワールドカップの中でも最も歴史ある会場で行われるクラシックレースがスイス・ウェンゲンとオーストリア・キッツビューエル会場で行われました。今季はスピード系での成績が振るわないI.KOSTELICですがSLでの好調振りをコンビ種目で生かし、WENGENでの3連覇を果たすなどここ2週間で猛チャージ!一躍ワールドカップ総合でもトップに這い上がって来ました。巧みな戦略と精密なスキー操作により、計算尽くされたかのようにタイムを刻んでくる姿を見ると彼がいかに高い次元でワールドカップを戦っているのかが伺えます。ここから最終戦までの戦い方をどう“計算”しているかが見所です。 それにしてもフィッシャーニューブーツ使用選手の活躍が凄まじいです。SLにおいては2本目に進出する選手のうち常に3分の1以上(10名以上)が2本目に進出しています。実績はこちらで確認できます → FISCHER INTERNATIONAL WEB SITE   FIS RESULTS    WENGEN >>  KITSBUHEL >> WORLD CUP STANDINGS >>

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

韓国シリーズ・ヨンピョン会場で眞田ひばり選手が3位表彰台に上がりました。前回のレースではゴールすればトップとさほど変わらないタイムを残してはいたものの、難易度の高いコースレイアウトでの戦略的なミスが目立ちましたがその経験を生かし結果を残しました。また最終戦SLでも丸子由里香選手が7位に入り、コンスタントにポイントを重ねワールドカップの切符をかけた熾烈な種目別争いしています。FAR EAST CUPは残すところジャパンシリーズ(白馬・野沢・志賀)の全8戦となります。 FIS RESULTS >> FAR EAST CUP CALENDAR >>  FAR EAST CUP GS 3rd : SANADA HIBARI (WASEDA UNIV.)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

JISAN会場でのスラローム2戦からYONG PYONGリゾートに移り、GS2戦が行われました。ワールドカップと同じ難コースで正確な技術が求められる中で、アジア最高峰の戦いが繰り広げられました。全国放送のTV中継などもあり、本格的な環境下で選手達も高いモチベーションで試合に挑みましたが、目標としていた成績とは行きませんでしたが個々に課題や手応えと感じています。今回は前回のJISAN会場の含めて写真をメインにお伝えします。 FIS RESULTS >> OHKOSHI RYUUNOSUKE (JPN) KIYOSAWA EMIKO (JPN) MARUKO YURIKA (JPN) SANADA HIBARI (JPN) ★ 国内では各都道府県で全国への切符をかけた予選会が繰り広げられています。皆さんの幸運をお祈りしています!

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

■ ファーイーストカップ韓国、清澤優勝・大越2位!丸子・眞田も健闘! ワールドカップのワンランク下のカテゴリーであるコンチネンタルカップが韓国・ジサンスキー場でSL2戦が行われ、フィッシャーチームの大越龍之介(東急リゾート)が1戦目で2位に入り自己ベストポイントを更新、清澤恵美子(チームクレブ)が第1戦2位、第2戦で優勝と両エースが転戦の疲労があるにも関わらずしっかりと結果を残しました。また丸子由里香(美唄スキー連盟)も5位と10位、眞田ひばり(早稲田大学)が第2戦で8位で自己ベスト更新、両者ともにナショナルチームメンバーに割って入る活躍を見せ、種目別でも優勝を狙える位置にいます。この後は会場をヨンピョンへ移し、5戦が控えています。 FIS RESULTS >> 大越龍之介(東急リゾート)・清澤恵美子(チームクレブ) ■ 国内レース速報!FIS学生チャンピオンとFIS糠平で3勝!  FIS 学生チャンピオンGSで篠原由馬(中大)と斉藤昇吾(近大)が1・2フィニッシュ!SLでは宮本慎也(中大)が断トツのタイムで優勝を果たしています。FIS 糠平温泉GSでは堤晴彩(北海学園)と関口留依(駒大岩見沢)が1・2フィニッシュ!これで今シーズンの国内FISレースでは通算6勝目となり、チーム全体が勢いに乗ってきました。 FIS RESULTS >> 学生チャンピオン FIS RESULTS >> 糠平温泉

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

恒例になった年明けのフィッシャージュニアレーシングキャンプが今年も長野県・夜間瀬スキー場にて開催されました。例年に比べ積雪量は多く、雪の心配は無かったのですが、逆にキャンプ期間中もよく降りまして・・・トレーニングにはちょっと厳しい状況でしたが参加者達は真剣に練習に励んでくれて、個人差はありますが短期間で大きく成長を遂げたと思います。キャンプ中に学んだ経験を少しでも今後に生かせてくれると嬉しいですね。また年末行われる予定だった下倉会場は参加者不足の為、キャンセルとなりました。申し込みを頂いた方々やスキー場側には大変ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。東北がもっと元気になれるようなスキーキャンプを春には必ず開催したいと思うのでご期待下さい! 集合写真 ジュニア選手

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ワールドカップ男子スラローム第4戦は、コステリッチの地元クロアチアのザグレブ会場で行われました。過去4回の出場で2位が3回と地元の期待にこたえきれなかった意味でも、絶好調の今年こそと挑んだレースでしたが無念にも3位表彰台でまたもや地元勝利は持越しとなりましたが、SL種目別トップは変わらず維持しています。年が明け、ワールドカップも益々盛り上がりを見せる時期となりました。2012年のフィッシャーチームに御期待下さい! FIS RESULTS >> SL ZAGREB 3th : I.KOSTELIC (CRO ) photo : shiichiro tanaka

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

★ 新年明けましておめでとうございます ★ NEWS : 全日本女子 6年振りの快挙!清澤恵美子選手がW-CUP24位! 新年早々、吉報が入りました。2012年最初のワールドカップ女子SL第5戦がクロアチア・ザグレブにて行われ、清澤恵美子(チームクレブ)が自身初の2本目進出(1本目トップ30名)を果たし、24位でワールドカップポイントを獲得しました。年末までの4戦全てに参戦した中でも惜しいレースが続きましたが、根気強くひたむきに挑戦する姿勢がついに実り、長年の目標を果たしました。 清澤選手自身と彼女を長年応援し続けた方々が積み重ねた努力の結果だと思います。  FIS RESULTS >> EMIKO KIYOSAWA OFFCIAL BLOG >> 2012 W-CUP SL ZAGREB (CRO) 24th : EMIKO KIYOSAWA (JPN) 2012 W-CUP SL ZAGREB (CRO) 24th : EMIKO KIYOSAWA (JPN) SAJ 24 承認 0371 / 0372                                        photo by gio … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ