RACECODE : 2014アルペン世界選手権、メダル3個獲得!

Share on Facebook

オーストリア・シュラドミングで行われていたアルペン世界選手権が昨日の男子SLで幕を閉じました。スキー大国オーストリアにて行われただけに連日数万人の観戦者が訪れ華々しい大会になりました。フィッシャーも自国開催でしたので強力なバックアップ体制で選手達をサポートしましたが、金メダルは団体に出場したシェルグホッファーとホスプが獲得。個人では女子スーパーコンビでホスプが銅メダル、男子スーパーコンビではコステリッチが銀メダル、男子GSではメルグが銅メダルを獲得しました。日本からは大越龍之介(東急リゾートサービス)と清澤恵美子(ドーム)が出場!二人とも思うような結果は残せませんでしたがビッグイベントでの経験を今後に生かしてくれる事と思います。

チーム戦で金メダルに貢献したホスプ(左端)とシェルグホッファー(右端)

得意のスーパーコンビできっちり銀メダルを獲得した職人コステリッチ

今季絶好調のメルグがGSで銅メダル獲得!

オーストリアに最初のメダルをもたらしたホスプがコンビで銅メダル!

29歳にして初めて世界選手権に出場した清澤恵美子(ドーム)

大越龍之介(東急リゾートサービス)はSL途中棄権だが滑りは徐々に良くなってきた。

FIS RESULTS >>

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。