【 FIS WORLD CUP 】 プティ2位、清澤2戦連続の2本目進出!

Share on Facebook

スロヴェニア・マリボルで開催される予定だったワールドカップ女子SL第6戦は、条件不良の為同国のクラニスカゴラに移され開催されました。前回のザグレブで自身初めて2本目に残った清澤恵美子(チームクレブ)は今回も粘りの滑りで1本目に27位で2本目に進出!2本目は大きなミスもあり納得の行く滑りとはいかなかったものの連続でワールドカップで順位を残しました。タイム差からも伺えるよう、トップとの差は歴然ではありますが少しずつ着実に階段を登っています。そしてフィンランドのプティアイネンが今季2度目の2位、またオーストリアのホスプも6位と両ベテランが調子を上げてきました。

FIS RESULTS >>

SL #6 kranjiska gora 23th : 清澤恵美子(チームクレブ)

SL #6 kranjska gora 2nd : T.Poutiainen (FIN)

SL #6 kranjska gora 6th : N.Hosp(AUT)

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。