【 全国中学 】 日出山選手、地元の期待に応えて入賞!

Share on Facebook

2月1日から3日間、第49回全国中学校スキー大会が宮城県・えぼしスキー場で行われ、全国の予選を勝ち抜いた精鋭達が“日本最速の中学生”を賭けて厳しい戦いが繰り広げられました。全体的に緩斜面が多いコースレイアウトな上に降雪や強風と何が起きても分からないレース条件下により、後半のゼッケンからもジャンプアップする選手が多く予想のつかない展開となりました。フィッシャー使用選手では、男子SLで地元宮城県の日出山修平選手が85番ゼッケンから見事9位に入賞で地元関係者を盛り上げてくれました。男子GS種目では、大越龍之介選手の弟である大越瀬那選手(北海道)と飯山直樹選手(群馬県)が6位と10位にダブル入賞!納得の行く結果ではなかったと思いますが、色々な事を学んだ大会になったと思います。女子でも惜しくも入賞に届かなかった選手はいたもののこの経験を糧にいつか全国トップそして世界のトップ選手へと成長してくれることを期待したいと思います。

大会公式結果 >>

男子SL9位入賞の日出山修平選手と八島コーチ

男子GSでダブル入賞を果たした大越瀬那選手と飯山直樹選手

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。