【 FIS WORLD CUP 】IVICA今季6勝目/清澤3戦連続2本目進出!

Share on Facebook

ワールドカップもいよいよ終盤に差し掛かりクリスタルトロフィーを賭けた争いも熾烈になってきました。初開催のソチでは男子ダウンヒルとスーパーコンビが行われ総合トップを走るI.KOSTELIC(CRO)が2位に1秒以上の大差をつけて今季6勝目を飾りました。女子のW杯はこちらも初開催のアンドラ・SoldeuでGS1戦、SL1戦が行われました。前回・前々回と2本目に進出を果たした全日本ナショナルチームの清澤恵美子(チームクレブ)は今回も1本目26位につけ、3戦連続のファイナルへ進みましたがフルアタックを賭けた2本目に惜しくもコースアウト。残念ながら結果は残らなかったのものの確実に世界最高峰の舞台で自分本来の滑りを出せるようになってきたようです。

FIS RESULTS >>

KIYOSAWA EMIKO (チームクレブ)

躍進する若手のL.DURR(GER)が7位にランクイン

順調に総合を走るイビツァ・コステリッチ(CRO)

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。