icon-blank-link

0
GOLDWIN SKI LIFESTYLE FEATURES 冬の旅行に適したファッションスタイルとプロダクトを探る

冬の旅行に適したファッションスタイルとプロダクトを探る

2018.01.09

冬の季節の旅というのは良いものだ。冷たい風に吹かれながら、すっかり葉を落としてしまった木々を見る。どこか寂しげな中にも、一年が終わりに近づいているという時間の流れを感じることができる。旅情をそそられながら目的地へ向かうのも、また一興。

さて、そんな冬の旅ファッションで陥りがちなのが、可動性の低い厚着な格好。暖かい地域に出かけるのであれば、そんなミスはないだろうが、どうしても寒い地域に行くとなると、インナーを着込み過ぎてしまう。結果、着膨れしてしまい、腕周りなどが動かしにくくなってしまうことはないだろうか。普段より屋外で移動する時間が長引く分、機動性を伴った機能的なプロダクトを選びたいところだ。ポイントは以下の4つ。

レイヤードは3程度がベスト

気温の調整はレイヤードするインナーの枚数が多ければ多いほど微調整が効く。しかし、複数の服を着込んでしまうと動きにくくなってしまうのも事実。ベストな着数は下着を省いて3着程度だ。このときのポイントは第2アウター、つまりインナージャケット。ダウンコートであれば、腰回りまでしっかり温かく着まわし自在。カラーレスなら全体のコーディネートをスッキリとまとめることができる。

収容力に優れたアウター選びを

季節問わず言えることだが、旅先では両手が空いている方が良い。荷物はバックパック1つに詰め込んで、サッと財布や小物を取り出せる状態でありたい。だが、旅先へ連れて行く荷物というのはどうしても増えてしまうもの。モバイルやバッテリーなどのガジェット類だけでも相当数だ。アウター自体に複数のポケットが配備されていれば、小物の収納に困ることはない。特に気が利いた位置に収納機能があれば、旅のストレスも減らすことができる。

着丈はやや長め、シルエットをジャストで

一段上のトラベラーは旅先でもお洒落に気を配るべき。そのまま街使いにも対応できるように、着丈が長いウェアを選べばスタイリッシュなスタイルを構築できる。今、選ぶならシルエットはジャストサイズがトレンドであろう。

軽量で持ち運びしやすいものを選ぶ

屋外から電車やバスなどの移動機関まで、旅先では温度調整をしやすい着こなしが求められる。そんなときにかさばってしまうウェアを選んでしまうと、移動も億劫になってしまう。薄手だが確かな保温性を持つダウンや、通気性に優れつつも軽量な素材で構築されたアウターを選ぶべき。

冬の旅をスタイリッシュに彩るゴールドウインのプロダクト

HOODED SPUR DOWN COAT


ITEM:GO11710P
GLOBAL SIZE:S, M, L, XL
¥108,000(税込)
外見だけではわからないほど、細部までポケットを配備したHOODED SPUR DOWN COAT。ジップを開ければ、財布などの収納に適したコンパートメントがあり、袖には止水ジップを採用したものも。GORE-TEX®を使用しているのでタフで保温性も通気性も優れている。袖のボタンが磁石式でスマートに着脱できる点もポイントだ。

COLLAR LESS DOWN COAT


ITEM:GO11730P
GLOBAL SIZE:S, M, L, XL
¥37,800(税込)
インナージャケットとしても適している。春秋にはアウターとしても活躍するCOLLAR LESS DOWN COAT。体のラインにフィットするようにダーツが施されており、着用時の印象がスマートに決まる。また、カラーレスなのでコーディネートにも取り入れやすいだろう。着丈が長めなのも重要。腰回りまでしっかり温かさを保ってくれる一着だ。

COVERALL SHIRTS


ITEM:GO41752P
GLOBAL SIZE:S, M, L, XL
¥21,600(税込)
インナーのシャツもこだわりを持って選びたい。首回りが着脱しやすい仕様で着やすさも確保。機能面を見ても、ポケットにフラップが取り付けられていたり、ポケットが内側に搭載されていたりと、充実している。ショルダーラインを円形にすることでリラックスした着こなしにもマッチ。スタンダードなデザインを踏襲したCOVERALL SHIRTSは、一着は持っておきたい。