0
GOLDWIN SKI LIFESTYLE FEATURES 先端技術をプロダクトへ昇華する開発施設「ゴールドウイン テック・ラボ」始動

先端技術をプロダクトへ昇華する開発施設「ゴールドウイン テック・ラボ」始動

2018.01.09

ゴールドウインのプロダクトは、その時代を先駆ける先端技術を持って開発され、きめ細かな作業によって構築、圧倒的なユーザビリティを持って表現されている。世界に誇る日本発の技術開発力と製品開発力・品質保持力を、さらに強化、推進すべく11月に誕生したのがゴールドウイン テック・ラボだ。
場所は富山県小矢部市。ゴールドウインのルーツである創業の地だ。このラボでどのようなことが行われているかをご紹介しよう。


1) アーカイヴ展示
フロアの中央にはゴールドウインが目指すべき未来を表現。それを取り囲むようにゴールドウインの製品開発の歴史を象徴する機械、製品12点が展示されている。過去から未来への繋がり、テクノロジーと自然の調和、富山から日本、はたまた世界へと飛躍する志を表現している。

 


2) 品質検査室
製品の品質検査・試験を実施し、現在、世間に求められているプロダクトを構築するための研究を行なっている。着用者の満足度を重視した品質保証体制を支える施設である。

 


3) 恒温恒湿室
安定した品質を維持するため、温度・湿度を一定に保持した条件下で素材および製品の性能試験・評価を行っている。

 


4) スキャナー、CAD
三次元計測装置や三次元 CAD 等を用いたパターン設計を行う施設。三次元情報を可視化し、より動きやすく心地よい着心地の製品開発を進めている。

 


5) サンプル試作室
ゴールドウインの製造・加工技術を集結し、新しいアイデアを即座に具現化する場であり、また新たな加工技術の開発にも取り組む場所。

 


6) 研修室
縫製や型紙などの実技教育も行うことができる技術、技能、知識を高めるための教育・研修ルーム。ゴールドウインを支える「ものづくり」のための人材育成がここで行われ、その理念が脈々と伝えられている。

 


7) 運動研究室
モーションキャプチャによる動作測定をはじめ、運動力学や生理学等の科学に基づいた解析を行い、その結果から運動パフォーマンスや快適性を向上させるための製品の素材・パターンの開発を進めるための研究室。

 


8) 人工気象室・人工降雨室
ここでは様々な気象条件を人工的に再現し、製品使用テストを行っている。製品ごとに要求される機能を満たすことを試験するとともに、更なる改良点を発見する場所でもある。

 


9) ミーティング・プレゼンテーション室
ゴールドウイン テック・ラボの中心にあり、高品質・高付加価値な製品開発を加速させる情報発信基地。販売スタッフ研修や、実践的なVMD研修を可能にする仮想店舗を設置している。

 

ゴールドウイン テック・ラボはゴールドウイングループのものづくりの基幹拠点。ここで、すべてのカスタマーに快適なプロダクトを届けるべく、日夜検証と研究が行われているのだ。

※プレスリリース
研究開発施設「ゴールドウイン テック・ラボ」での研究開発を始動/新たな価値を持った製品の開発を推進
https://www.goldwin.co.jp/corporate/info/page-21871