国際A級スーパークラス 藤波 貴久
  
茂木での世界選手権も終わり、次のステージはスペインとフランスに挟まれた小さな国アンドラ。
毎年行われるここでのレースはとにかく暑い・・・。
雨でも降れば別なんでしょうが、標高が1000メートルあるおかげで
照りつける太陽がかなり体力を消耗させてくれます・・・。
後から知ったことですが、気温は37度ほどあったとか・・・((+_+))
セクションは1〜6までが山の傾斜に設置された岩盤セクション。
7〜14まではそれまでとは一転し沢の中でのウェットセクション。
正直1〜6を走ってる時は暑すぎて「早く沢に行きてー!」って感じでした(^_^;)

 1ラップ目。
5セクションで急激な登り右ターンでバランスを崩し立て直せず5点減点。
その後やや難しい第6セクションはクリーンし失敗を引きずることなくペースを取り戻しました。
この辺が去年から成長したところ!・・・と自分では思っています(^_^;)

 第7セクション〜第14セクションはウェットなセクションが続きましたが、
全てクリーンを叩き出し1ラップ目を1位で突破!!

 そして2ラップ目。
大きなミスはなかったものの足つきの減点を重ねてしまい、結果ドギーにしてやられてしまいました・・・。
2日目は決して悪い出来ではなかったのですが、セクション設定が全体的に簡単だったので点数を離す所がなく、
1,2,3位減点8点で同点という結果になってしまいました。
(トライアルは同点の場合クリーン数の数で勝負が決まります。
それも同じだと減点1点の数の差、その次は3点というようになります。)
そしてクリーンが2個少なかった僕は3位まで後退してしまいました((+_+))

 同点で負けるのは本当に悔しいです・・・。
ドギーにまたリードを許してしまったので、次また巻き返しに行って来ます!!