体温が1℃下がると、
体内では何が起こる?

人間はさまざまな環境の変化に身体を順応させ、体温を一定に保ちながら生きています。では、仮に体温が一度下がるとすると、体内ではどのようなことが起こるのでしょうか。大阪府立大学名誉教授で医学博士の清水教永氏は次のように話します。「体温は免疫力と酵素の働きに深く関係しています。もし深部体温が1℃下がるとミトコンドリアへの酸素供給が上手くいかず、免疫力は約37%低下。また体内には消化系酵素と代謝系酵素が合わせて3000種ほど存在し、生命を維持するために働いていますが、その働きが半分まで鈍ってしまうのです。」

アウトドアをアクティブに、日常生活を快適に。

平熱が低い状態である「低体温」は基礎代謝を低下させ、太りやすくなると言われています。また、精神的なやすらぎが得られにくく、身体にも疲れが残りやすくなるというデータもあります。寝ているときに身体に冷えを感じて十分に休まらなかったと感じた経験がある人も多いでしょう。アウトドアでもアクティブに活動し、日常生活でもリラックスして快適に過ごすために体温は非常に重要なキーワードなのです。
体温域の自然なあたたかさで身体を保温する高機能繊維・光電子は、アンダーウエアからアウターまで多様なウエアに展開されているので、幅広いニーズやシーンで活躍します。