厚着する秋冬こそ、
ウエアでニオイ対策を。

秋冬は、ウエアのあたたかさを求める意識が高くなる反面、意外と気にされにくいのが、
汗や加齢臭などのニオイ対策。しかし、同じウエアにおいて身体をあたためる機能と
ニオイを抑える機能はどのように両立されているのでしょう?宇宙でも消臭効果が
実証されたウエアブランド・MXPとともに、そんな素朴な疑問を解き明かしていきます。

秋冬だって人は汗をかいている。

汗のニオイが気になるのは、やっぱり暑さ真っ盛りの夏場?一般的にそんなイメージを持たれがちですが、実は汗の量こそ違えど、秋冬も人は汗をかいています。むしろ厚着をする時期はアウターを着ている状態で汗をかくため、アンダーウエアに直接汗ががつくだけではなくガスの成分になったニオイが衣服内にこもり、こびりついてさえしまうのです。コートやスーツはマメに洗濯するのが難しい上、洗えたとしても生地を痛めかねません。秋冬のウエアはあたたかさばかりに意識がいってしまいますが、本当は寒い時期こそニオイ対策が求められているのです。

重要なのは、あたたかさと消臭効果のグッドバランス。

「でも、身体をあたためるウエアだと汗をかきやすくなるよね?あたたかさと消臭効果は矛盾しないの?」確かに、ふたつの機能は一見矛盾するかに思えるかもしれません。それを鮮やかに解決しているのが、光電子の保温効果とマキシフレッシュ®プラスの消臭効果を併せ持ったリュクセルウォームのラインナップです。ポイントは、自然なあたたかさが持続する「保温」に重点を置いていること。あたたまりかたが穏やかなため身体がカーッと暑くなりすぎることがなく、消臭効果とのグッドバランスを実現しています。ここだけの話、リュクセルウォームには吸湿発熱効果のあるアクリル素材も使用されています。着た瞬間には吸湿発熱であたたかさを感じ、光電子の効果がそのあたたかさを長くキープ。メインの「保温」とサブの「加温」のシナジー効果を狙ったウエアなのです。

いつもの部屋着にも、
ひとつ上の快適さを。

秋冬のニオイ対策に関連して目を向けていただきたいのが、自宅内で快適に過ごすためのウエア選びです。ニオイが増えやすいのは、衣類を重ねて着る外出時だけではありません。暖房が効き、窓は閉められ、湿気が多い。そんな冬場の室内は、ニオイのもとになる雑菌が繁殖する絶好の環境です。家でリラックスしているだけなのに、ニオイのせいで家族に嫌な顔をされるのは、ぜひ避けたいところ。何よりご自身が気づいていないだけでニオイに満ちた不快な環境で過ごしている可能性もあるのです。そのような視点で開発されたウエアがあります。光電子とマキシフレッシュ®プラスを使用したMXPのスウェットです。着ればわかる、寒さをしのぐためだけの部屋着にはないひとつ上の快適さ。一度知ってしまったら、きっとやみつきになることでしょう。