リカバリー専用ウエアRe-Poseを、
田中陽希さんが着てみた。(前編)

ハイパフォーマンスウエアブランドC3fitが新たに開発したリカバリー専用コンディショニングウエア、
Re-Pose(リポーズ)。秋冬のモデルには、遠赤外線の効果で自然なあたたかさが持続する
光電子も使用されています。今回、その着用感を試していただいたのは、田中陽希さん。
人力のみで日本百名山を踏破する「日本百名山ひと筆書き」で一躍名を馳せたプロアドベンチャーレーサーです。
つねに過酷な自然に挑み続ける田中さんは実際に着て、何を感じ、何を考えたのでしょうか。

プロアドベンチャーレーサー・田中陽希さん プロフィール

1983年埼玉県生まれ、北海道富良野市育ち。少年時代はクロスカントリースキーに没頭。明治大学進学後もスキー部で活躍。大学卒業後アドベンチャーレースの世界へ。現在、国内唯一のプロアドベンチャーレースチームTeam EASTWINDの主力メンバーとして活躍中。パタゴニアンエクスペディションレースにて2012年、2013年、2016年に2位入賞を果たす。2014年、前人未到の挑戦として、南は屋久島、北は利尻島までの「日本百名山ひと筆書き」を踏破し、2015年には、さらに「日本2百名山ひと筆書き」を達成した。

着るようになって、
夢を見なくなった気がする。

「寝ても、夢を見なくなった気がします。」身体機能と運動機能を向上させる従来のC3fitが活動時のウエアだとすれば、リカバリー専用のRe-Poseは明らかに休息時のウエア。24時間を通じて、アスリートをサポートするウエアブランドへの発展を遂げたC3fitの新たなギアについて、田中さんは開口一番、シンプルに表現してくれました。「深い眠りができている現れだと思います。長い時間動き続ける自分のような人間にとって、限られた時間で内容の濃い睡眠をとることがすごく大切。あくまで実感なのですが、この夏の終わり頃に着始めてからとても質の良い休息がとれているように感じています。」

睡眠が少ないと体が目覚めるまでに時間がかかる。

田中さんの代名詞と言えば、日本の百名山を人力のみで踏破する「日本百名山ひと筆書き」と、さらに200座までつなぎきった「日本2百名山ひと筆書き」。挑戦の最中は1日のスケジュールのうち12時間を行動にあて、12時間は休むというサイクルだったそうです。「ストレッチやマッサージはもちろんしますが、休息の時間の中でも8時間は睡眠をとるようにしていました。睡眠が少ないと体が目覚めるまでに明らかに時間がかかってしまいます。そもそも前日の疲れが残っている状態では歩くペースや力強さにも影響してしまいます。」

休むことも競技の一部だと考える。

疲労を引きずる日々が一週間も続くと、容易には抜けない疲れになってしまうと言います。「特に、眠りが大事。動くことと同様、休むことも競技の一部なのです。」従来、休息時にはなるべく着心地がよくリラックスできるウエアを選んでいたという田中さん。Re-Poseと出会い、ウエアで積極的にリカバリーを図るという発想を新鮮に感じたそうです。「肌あたりが優しく、寝るときに着ると積極的に休もうという気持ちになります。光電子の自然なあたたかさも安心感をもたらしてくれます。」リカバリー専用のウエアは、リカバリーに対する意識を高める効果もあるようです。

(後編へ続く)

プロアドベンチャーレーサー・田中陽希さん プロフィール

1983年埼玉県生まれ、北海道富良野市育ち。少年時代はクロスカントリースキーに没頭。明治大学進学後もスキー部で活躍。大学卒業後アドベンチャーレースの世界へ。現在、国内唯一のプロアドベンチャーレースチームTeam EASTWINDの主力メンバーとして活躍中。パタゴニアンエクスペディションレースにて2012年、2013年、2016年に2位入賞を果たす。2014年、前人未到の挑戦として、南は屋久島、北は利尻島までの「日本百名山ひと筆書き」を踏破し、2015年には、さらに「日本2百名山ひと筆書き」を達成した。