Home /

Topics /

マーティーからの最後のメッセージ

Topics

macpacに関するトピックスをいち早く皆様にお届けします。

2013/8/2

マーティーからの最後のメッセージ

Macpacマウンテンアンバサダー マーティーシュッミットと彼の息子のデナリが7月27日、パキスタンのK2で雪崩に巻き込まれ亡くなりました。

マーティーはマウンテンガイドでもあり、
世界の最高峰を始め、マナスル、ローツェ、デナリ、
ニュージーランドのマウントクックを26回の登頂経験があるアルピニストでした。
そして長い間、Macpacのギアの開発やテストにも携わってきました。
オフィスには彼の笑顔がいつもありました。彼はリーダーでもあり、親切で躍動感に満ち溢れていました。また、彼にとって息子のデナリと大好きな山々を共有できることが、彼を興奮へと駆り立ててもいました。

マーティー曰く
“山は地球のもつリズムつながる場所であり、それに登ることは、生命の物理的、感情的、精神的、精神的な側面のバランスをとるため”だと言っていました。最後のエクスペディションでは「頂きへの道には楽な方法なんてない。とてもきついことを好きでなければならない。でもそれって自分の気持ちの持ちようで、自分の気持ちがその場所で何を求めているのかを感じとることが大切なんだ」

Macpacの思いは、マーティーとデナリの家族、友達、世界中のクライミングコミニティーの思いと一緒です。
マーティー、デナリ。2人のことは本当に惜しまれることでしょう。
愛してやまない地において安心して休んでください。

Twitter
facebook