THE NORTH FACE 50 YEARS OF EXPLORATION

DEVOTED OBSESSED
OBSESSED DEVOTED
CALCULATED CRAZY
CRAZY CALCULATED
PERSPECTIVE PAIN
PAIN PERSPECTIVE
PIONEERS FREAKS
FREAKS PIONEERS
MADNESS PROGRESS
PROGRESS MADNESS
LAUNCH MADNESS

EXPLORER 50 YEARS MADNESS

- SETTING UP CAMP -
- GETTING ACCLIMATED -
- THE CLIMB -
- NEVER STOP EXPLORING -
1966
Start Exploring

Doug Tompkins

In 1966, a driven young climber tired of scavenging for quality gear from mail order and army surplus, took a few thousand dollars and created a global cultural institution.

1966年、質の高い装備を通販や軍隊放出品で探すことに疲れ果てた若手クライマーが、数千ドルを投じて、いずれ世界的な文化機関となるTHE NORTH FACEを設立。

1966

Bob Weir and Jerry Garcia play at the first store opening.

Bob WeirとJerry Garciaが初めてのストアオープニングで演奏。

Photo: Suki Hill

308 Columbus Ave

1966

308 Columbus Ave

On a foggy morning on October 26, 1966, Doug Tompkins opens the door to a small ski and backpacking retail store and mail order operation known as The North Face. Set in the North Beach area of San Francisco (308 Columbus Ave), the opening celebration came complete with a band—then little-known The Grateful Dead.

1966年10月26日の霧の多い朝、Doug Tompkinsは、THE NORTH FACEの名前でスキー用品とバックパックを取り扱う小さな小売店を立ち上げ、店頭販売とあわせて通信販売も開始。サンフランシスコのノースビーチ(308 Columbus Ave)で開かれたオープニングイベントには、当時は無名のバンドだったThe Grateful Deadも参加していました。

1968

HAP KLOPP

A Stanford graduate purchases The North Face, now made up of 2 store locations. Headquarters move to Berkeley and manufacturing begins in the back room.

スタンフォード大学の卒業生がTHE NORTH FACEを買収し、2 店舗に。本社をバークレーに移転し、研究室で製造を開始。

1968

LIFETIME WARRANTY

The North Face instates its lifetime warranty on everything it makes with the rationale: "A premium-priced item should last a lifetime, which would also lead to reduced consumption, giving equipment a much lower footprint."

THE NORTH FACEは「高価な商品は生涯使用可能であるべきであり、それは結果的に装備の消費量を大幅に削減することで環境保護にもつながる」という理由から、自社製品に生涯保証をつけるようになります。

AN ICON IS BORN

1968

AN ICON IS BORN

An iconic logo. An irrefutable warranty. What was a little shop in San Francisco now has life. The North Face introduces its new logo, designed by David Alcorn and featuring the north face of Yosemite’s Half Dome. The north-facing approach is the most challenging aspect of any peak and the reference was intentional: The North Face equipment was going further and higher than anything prior.

象徴的なロゴと変わらない品質保証。サンフランシスコの小さなショップに過ぎなかった店に命が吹き込まれました。THE NORTH FACEは、David Alcornが手がけた、ヨセミテ公園のハーフドームの北壁をモチーフにした新しいロゴを導入。北壁からのアプローチはどんな山においても最も過酷なルートです。このネーミングは意図的なものでした。つまり、THE NORTH FACEの装備はほかのどんな既存品よりも先に進んでいるということを意味していたのです。

1969

THE EVOLUTION CONTINUES

The North Face designs and manufactures its first products.

THE NORTH FACEは初めての自社製品をデザイン・製造。

1969

A FORTUNATE SON

The manufacturing and office move from Telegraph Avenue store in Berkeley to 1234 Fifth St., Berkeley. Creedence Clearwater Revival is often heard rehearsing next door. Did it influence the Ruthsack? We’ll never know.

製造拠点とオフィスを、バークレーのTelegraph Avenueの店からバークレーの1234 Fifth St.に移転。隣ではバンド「クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル」がリハーサルしている音がよく聞こえていました。その音がRuthsackに影響を与えたのか?それはわかりません。

Ruthsack

1969

"BACKPACKING" IS BORN

The North Face creates their first breakthrough piece, the Ruthsack. One of the first internal frame packs ever designed, this lightweight pack completely revolutionized backpacking. Before this, hikers and climbers were limited to bulky external frame packs with added weight and less function.

THE NORTH FACEは、最初のヒット商品、Ruthsackを開発します。初期の内部フレームパックのひとつであるこの軽量な商品は、バックパックの世界を完全に変えました。この商品の登場以前は、ハイカーやクライマーたちは、重くて機能性の低い大きな外部フレームパックを使うしかなかったのです。

1972

“People like Ned became spokespeople not because we hired them, but because our equipment could help summit Everest."

「Nedのような人々が商品を広めてくれました。私たちが彼らを雇ったからではなく、私たちの商品が彼らのエベレスト登頂をサポートしたからです」

-Hap Klopp

1972

NED GILLETTE

Ned Gillette joins The North Face as the head of The North Face sponsored Nordic school at the Yosemite Climbing Center. The relationship flourishes as he continues to envision, and execute, breathtaking adventures with The North Face gear.

Ned Gilletteは、THE NORTH FACEのトップがヨセミテクライミングセンターのノルディックスクールに出資していることを知り、THE NORTH FACEに加入。NedがTHE NORTH FACEの装備を使って素晴らしい冒険を構想し実行し続ける中で、THE NORTH FACEとNedとの関係が深まっていきました。

Brooks
Ski Traverse

1972

BROOKS RANGE SKI TRAVERSE

In the era before the Alaska Pipeline, Ned Gillette and team make a 30-day, 300-mile traverse of the Koyukuk and Itkillik Rivers. Not coincidentally, the following year’s catalog features a plea from David Brower and Friends of the Earth to stop the pipeline’s construction.

アラスカ・パイプラインが完成する前の時代に、Ned Gilletteとチームは30日間かけてカイヤック川とイットキリク川の300マイル横断を敢行。翌年のカタログに、David Browerと「地球の友」によるパイプライン建設中止の請願が掲載されたことは、偶然ではありません。

1975

“He [Bucky Fuller] was a believer in high-tech, but not for war purposes, so that resonated with me.”

「彼(Bucky Fuller)はハイテク信者でしたが、それは戦争のためではありませんでした。だから私は共感したのです」

-Bruce Hamilton

1975

ICE-NINE AWARD

The North Face introduces an award for the entity contributing most to ecological destruction. Appropriately named after the Earth-killing substance found in Kurt Vonnegut’s Cat’s Cradle, The Ice-Nine Award proves the company's dedication to preserving the natural world.

THE NORTH FACEは、環境破壊対策に最も貢献をしている企業を対象とした賞を創設します。Kurt Vonnegutの小説『猫のゆりかご』に登場する地球を死へと導く物質名にちなんだアイス・ナイン・アワードは、受賞した企業が自然保護に貢献していることを証明しています。

Oval
Intention
tent

1975

SPHERICITY

The Oval InTENTion is introducted, revolutionizing the A-shaped tent. Inspired by noted architect and inventor R. Buckminster "Bucky" Fuller's theory of sphericity, the tent was the first of its kind, incorporating maximum efficiency with minimum materials. Hikers now have a lightweight, roomy, aerodynamic shelter unlike anything.

A型テントに改革を起こしたOval InTENTionを発表。有名な建築家であり発明家でもあるR. Buckminster "Bucky" Fullerの球体理論に着想を得たこのテントは、世界初のドーム型テントであり、最小限の素材を最大限に活用したものです。ハイカーたちは、ほかに類を見ない、空気力学を利用した軽量で広々としたシェルターを手にしたのです。

1977

"The word backpacking didn’t even exist when we started...finally we said, ‘Screw it; everyone is calling it backpacking."

「私たちがこの仕事を始めた頃は、バックパックという言葉すら存在しませんでした。そしてついに、“もういいよ、みんなバックパックって呼んでいるじゃないか”と言うまでになったのです」

-Hap Klopp

1977

EXPEDITION PROVEN

The world’s top explorers continue to push The North Face gear to higher and higher performance. In tribute, “Expedition Proven” is adopted as the tagline and continues to guide the product development process.

世界有数の冒険家たちは、THE NORTH FACEの装備の性能向上に貢献し続けています。敬意を込めて、“Expedition Proven”がキャッチフレーズとして採用されるとともに、製品開発の指針とされています。

GORE-TEX®

1977

GORE-TEX®

The North Face incorporates GORE-TEX® products into its outerwear line, creating the first dry, breathable and truly all-condition outdoor wear.

THE NORTH FACEはアウターウェアシリーズにGORE-TEX®製品を取り入れ、世界初のドライで通気性のある完全な全天候型のアウトドアウェアを実現しました。

1978

The North Face introduces the Fanny Pack, a favorite of skiers, photographers, and day hikers who like to travel light.

THE NORTH FACEが発表したFanny Packは、身軽に旅したいスキーヤー、写真家、日帰り登山客に評判となります。

1978

ARLENE BLUM

Mountaineer, writer and environmental scientist, Arlene Blum writes a book about her experience leading the first all-female team, and first successful American attempt to summit Annapurna, titled Annapurna: A Woman's Place.

登山家、作家、環境科学者であるArlene Blumは、初めての女性だけのチームを率いて、初めてアンナプルナ登頂を成功させたアメリカ人としての経験について、著書『Annapurna: A Woman's Place』を残しています。

A WOMAN'S
PLACE

1978

ANNAPURNA: A WOMAN'S PLACE

The first all-female team summits 25,504-foot Annapurna. Led by Arlene Blum, it was also the first successful American ascent.

女性のみで標高8,078メートルのアンナプルナに登頂した世界初のチーム。Arlene Blumが率いたこのチームは、登頂に成功したアメリカ初の登山隊でもあります。

1980

TRUE NORTH

True North describes The North Face brand’s continued dedication to protecting, restoring and connecting to the natural environment.

True Northは、THE NORTH FACEは自然環境を保護し、修復し、自然とつながりを持つことに貢献し続けている、と語っています。

1980

QUALITY CONTROL

The North Face introduces the most stringent quality control departments and the most extensive quality control laboratory in the industry.

THE NORTH FACEは、非常に厳格な品質管理部門と大規模な品質管理研究所を業界に導入しました。

KARAKORAM
TRAVERSE

1980

KARAKORAM SKI TRAVERSE,
PAKISTAN

Galen Rowell, Kim Schmitz, Ned Gillette and Dan Astay complete the first-ever 300-mile winter ski traverse of arguably the highest and toughest route out there: The Karakoram Traverse. Stretching into Pakistan, India, China and Afghanistan, the region features the greatest concentration of 8,000-plus-meter peaks in the world.

Galen Rowell、Kim Schmitz、Ned Gillette、Dan Astayは、300マイル(約480キロメートル)に及ぶカラコルムの横断に初成功。これは、冬季スキーでおそらく最も高度が高く過酷なルートです。パキスタン、インド、中国、アフガニスタンにまたがるこの地域には、8,000メートル級の山々が世界で最も集中しています。

1983

"It is not the mountain we conquer but ourselves."

「私たちが乗り越えたのは山ではなく、自分たち自身でした」

- Sir Edmund Hillary

1983

SCOT SCHMIDT

Future ski legend becomes the second sponsored The North Face athlete. His stunning descents and cliff jumps are featured in Warren Miller films like Ski Time and Steep and Deep. His style redefines alpine skiing.

未来のスキー界のレジェンド、Scot SchmidtがTHE NORTH FACEの2番目の支援アスリートに。彼の素晴らしい滑りやクリフジャンプは、Warren Miller監督の映画『Ski Time』や『Steep and Deep』に登場しています。彼のスタイルはアルペンスキーの定義を変えました。

The
Extreme
Team

1983

EXTREME TEAM TESTED

Extreme Gear, using GORE-TEX® fabric, hits the skiwear market. Squaw Valley, CA skiers Scot Schmidt and the Egan Brothers test the products during their expeditions. Known as the “Extreme Team” the skiers are often featured in Warren Miller ski films.

GORE-TEX®素材を使用したExtreme Gearがスキーウェア市場に登場。カリフォルニアのスコーバレーのスキーヤーであるScot SchmidtとEgan Brothersが、遠征時に商品をテストしました。「エクストリームチーム」として知られる2人のスキーヤーは、しばしばWarren Miller監督のスキー映画に出演しています。

1985

The North Face introduces the Backpacking Educational Program, providing potential outdoor enthusiasts with information about being in the wilderness and enjoying it.

THE NORTH FACEはBackpacking Educational Programを導入。アウトドアに興味がある人々に対して、自然の中に身を置き、それを楽しむための情報を提供しています。

1985

THE FREESKIING PIONEER

Inspired by the exploits of European skiers, Sylvain Saudan and Patrick Vallencant, Scot Schmidt becomes the pioneer of extreme skiing in the U.S. by sending some of the gnarliest lines in Squaw Valley, CA.

ヨーロッパのスキーヤーSylvain SaudanやPatrick Vallencantの偉業に刺激を受けたScot Schmidtは、カリフォルニアのスコーバレーに挑戦的なシュプールを描き、アメリカにおけるエクストリームスキーのパイオニアとなりました。

Mountain
Jacket

1985

MOUNTAIN JACKET

The Mountain Jacket and Pant are introduced, providing the same level of comfort and motion to climbers and trekkers as their skiing brethren. With GORE-TEX® in each piece, the suit is the genesis of an entire expedition apparel line based on GORE-TEX® weather protection.

Mountain JacketおよびPantを発表。クライマーやトレッカーたちに、心地よさと動きやすさを実現したスキーウェアを提供しました。GORE-TEX®を使ったこのウェアは、GORE-TEX®の防水機能を取り入れた登山用アパレルシリーズの起源です。

1986

The North Face builds “pro-peace tents” for the Great Peace March for Global Nuclear Disarmament.

THE NORTH FACEは、Great Peace March for Global Nuclear Disarmamentのために「平和賛成テント」を制作。

1986

SUPPORTING A
COMMUNITY IN NEED

While most of the country struggles to talk about the AIDS crisis, The North Face hosts an AIDS Benefit Warehouse Sale, generating $720,000 in sales, with 20% going to the San Francisco AIDS Foundation.

多くの国々がエイズ危機についての議論に取り組む中、THE NORTH FACEはエイズ救援の倉庫セールを行って72万ドルの売上を計上し、その20%をサンフランシスコのエイズ基金に寄付しました。

basecamp
duffel

1986

BASECAMP DUFFEL DEBUTS

Made of bulletproof fabrics, thousands of these gear totes go on to circumnavigate the globe, survive the world's roughest airport baggage handlers and be carried by porters, yaks and camels to every region on Earth.

数千人もの人々が、防弾素材を使ったこのギアトートを持って世界一周に出かけました。世界で最も過酷な空港での手荷物仕分けを乗り越え、ポーターやヤク、ラクダによって世界のあちこちに運ばれました。

1987

“The North Face was an incredible place to work, it was raucous and wildly creative.”

-Sally McCoy, VP Product and Marketing

「THE NORTH FACEは素晴らしい職場でした。賑やかでものすごくクリエイティブだったのです」

-Sally McCoy(製品・マーケティング担当部長)

1987

“What started off as a bit of a creative boondoggle ended up being a great investment for the company and the brand. There is a lot of time on an expedition to think about gear and Expedition Systems came out of experience on that climb”.

-Sally McCoy on "failed" Everest summit

「ちょっとしたクリエイティブなお遊びとして始めたものが、会社とブランドにとって最高の投資になりました。探検中は装備について考える時間がたっぷりあり、このときの登山の経験からExpedition Systemが生まれたのです」

-Sally McCoy、「失敗」に終わったエベレスト登頂について

snowbird
expedition

1987

EVEREST AND THE EXPEDITION SYSTEM LINE

Sally McCoy and The North Face climbing team climb Everest only to encounter the worst storm in 40 years. With plenty of time to talk about equipment, the trip inspires the Expedition System Line, with perennial outerwear classics the Nuptse, Lhotse, Khumbu and Sagamartha jackets all named after peaks and glaciers in the area.

Sally McCoyとTHE NORTH FACEのクライミングチームはエベレストに挑みましたが、40年に一度の最悪の嵐に見舞われただけでした。この旅では装備について話す時間がたっぷりあったため、結果としてExpedition Systemシリーズの誕生につながっています。耐久性の高いアウターウェアとして評判のNuptse、Lhotse、Khumbu、Sagamarthaジャケットの名前の由来は、すべてこの地域の峰や氷河です。

1988

"We cannot lower the mountain, therefore we must elevate ourselves".

「私たちは山を低くすることはできないので、自分たち自身を高めるしかなかったのです」

-Todd Skinner

1988

THE DENALI JACKET

A zip-in fleece compatible with the Mountain jacket is created and instantly becomes an iconic hit. Named the Denali jacket, it remains a popular mainstay of the line to this day.

Mountain Jacketに対応したジッパー付きフリースが開発され、すぐに爆発的ヒットを記録。Denaliと名付けられたこのジャケットは、現在も人気の主要商品のひとつです。

Ascent
of Salathe
Wall

1988

FIRST FREE ASCENT OF SALATHE WALL

Todd Skinner and Paul Piana up the free-climbing ante to mind-blowing levels, living on Yosemite’s El Capitan for a week and completing every move free on the hallowed Salathe Wall. It was the first major free climb of a big wall in Yosemite and set the bar for a new generation.

Todd SkinnerとPaul Pianaは、ヨセミテのエル・キャピタンに1週間滞在し、神聖な岩山を自由に動き回り、フリークライミングの基準を大きく引き上げました。これはヨセミテ初の大規模な壁面フリークライミングであり、新世代にとっての基準となりました。

1989

CONSERVATION
ALLIANCE

• $17 million
• 506 grants
• 45 million acres, 3,000 miles of river
• 11 climbing areas
• 5 marine reserves
• Removed 28 dams

• 1,700万ドル
• 506件の助成金交付
• 4,500万エーカー、3,000マイルの川
• 11か所のクライミングエリア
• 5か所の海洋保護区
• 28か所のダムを移転

1989

CONSERVATION
ALLIANCE

The North Face co-founds The Outdoor Industry Conservation Alliance with REI, Patagonia and Kelty. The group distributes its collective annual membership dues to grassroots organizations working to protect North America’s last wild places.

THE NORTH FACEは、REI、Patagonia、Keltyと共に、「アウトドア・インダストリー・コンサベーション・アライアンス」を共同創設。グループとして、北米の残りわずかな未開の地を保護する活動を行う草の根団体に年会費を分配しています。

Trans-
Antarctica
Expedition

1989

TRANSANTARCTICA EXPEDITION, ANTARCTICA

The North Face and GORE-TEX® send an international team of cold weather bad-asses on the first-ever dogsled crossing of the world’s coldest continent – 4000 miles in seven months. Subsequent signature collection of outerwear is a global hit.

THE NORTH FACEとGORE-TEX®は、世界で最も寒い南極大陸の4,000マイル(約6,437キロ)を7か月間かけて犬ぞりで横断するという初めての挑戦に、極寒の悪天候に負けないタフなメンバーを集めた多国籍チームを派遣。その後に発売されたアウターウェアのシグニチャーコレクションは世界的ヒットになります。

1990

First-ever all-Sherpa team summits Everest, led by The North Face adventurer Pete Athans and Losung Sherpa.

THE NORTH FACEの冒険家Pete AthansとLosung Sherpa率いる、メンバー全員がシェルパという初めてのチームがエベレスト登頂に成功。

1990

INTRODUCING THE RAGE

The first truly functional GORE-TEX® outerwear specifically designed for snowboarders launches. The Rage collection is worn by The North Face riders Jim Zellers, Tom Burt and Bonnie Leary, who quickly become the envy of their shredding peers.

初めてスノーボーダー専用にデザインされた、機能性に富むGORE-TEX®アウターウェアを発売。THE NORTH FACEのスノーボーダーであるJim Zellers、Tom Burt、Bonnie LearyがこのRageコレクションを着用すると、すぐにスノボ仲間たちの羨望の的となりました。

K2 North
Ridge

1990

K2 NORTH RIDGE, CHINA

The North Face athlete Greg Child, along with Steve Swenson and Greg Mortimer, climb K2—the world’s second-highest peak at 28,250 feet. Often regarded as a more difficult climb than Everest, the crew climbs it without supplemental oxygen.

THE NORTH FACEのアスリートGreg Childは、Steve Swenson、Greg Mortimerと共に、世界で2番目の標高(8,611メートル)を誇るK2に登頂。K2登頂はしばしばエベレストよりも難しいと言われますが、クルーは酸素補充なしで登頂に成功しました。

1991

The North Face provides Telluride festival goers with cloth shopping bags.

THE NORTH FACEは、テルライドフェスティバル参加者に布のショッピングバッグを提供。

1991

MOUNTAIN FESTIVALS

The North Face produces two summer festivals at Telluride, CO and Squaw Valley, CA. With acts like The Allman Brothers, the Jerry Garcia Band, Los Lobos, the Neville Brothers and Jackson Browne, the music doesn’t disappoint.

THE NORTH FACEは、コロラド州テルライドとカリフォルニア州スコーバレーでサマーフェスティバルをプロデュース。The Allman Brothers、Jerry Garcia Band、Los Lobos、The Neville Brothers、Jackson Browneらが登場しました。彼らの音楽は期待を裏切りません。

STEEP TECH

1991

STEEP TECH

The first-ever athlete-inspired ski clothing line takes lift lines and rope lines by storm. Described as “the motocross garment of the mountains, designed for those who live, work and climb in the mountains, ” Steep Tech is the culmination of hundreds of hours of innovation and discussion between Scot Schmidt and The North Face design team.

アスリートからアイデアを得て作られた初のスキーウェアシリーズが、スキー場で爆発的な人気を獲得。「山で生き、働き、登山する人々向けにデザインされた、山のモトクロスウェア」と呼ばれるSteep Techは、Scot SchmidtとTHE NORTH FACEのデザインチームによる、長い時間をかけた議論と新たな創意工夫の結晶です。

1992

“In 1993, my wife Susie Patterson and I are going to go for a very long walk. About 5,000 miles across China and the Soviet Union.”

「私と妻のSusie Pattersonは、1993年にとても長い散歩へ出かけようとしていました。中国とソビエト連邦にまたがる5,000マイル(8,000キロ)ほどの旅です」

-Ned Gillette

1992

TRANGO TOWER, PAKISTAN

The North Face athlete Greg Child and Mark Wilford blaze a new route up the 20,500-foot peak. They name the route "Run For Cover" after a massive rockfall narrowly misses them and obliterates the route.

THE NORTH FACEのアスリートであるGred ChildとMark Wilfordは、6,286メートルの山頂に新たなルートを刻み付けました。この登頂の際には大規模な落石があり、間一髪で被害は逃れたものの、ルートを破壊してしまいました。そのことにちなみ、彼らはこのルートを「Run For Cover(安全な場所への避難)」と名付けました。

Nuptse
jacket

1992

NUPTSE JACKET

Tibetan for “west peak,” Nuptse lies a mile southwest of Mt. Everest and is considered the western peak of this climbing gold mine. Incorporating an innovative construction that decreases down shifting and increases warmth, the Nuptse Jacket instantly becomes the iconic puffy jacket that thrives in cold weather conditions.

チベット語で「西の頂上」を意味するNuptseは、エベレストの南西1マイル(約1.6キロ)の場所にあり、このクライミングエリアの西の頂上と考えられています。ダウンの偏りを抑えて温かさを増す革新的な構造を採用したNuptse Jacketは、たちまち寒冷な気候を耐え抜くふかふかのジャケットとして定番になりました。

1994

The North Face introduces the Climb Light Collection conserving weight without sacrificing comfort and quality.

THE NORTH FACEは、着心地や品質を犠牲にすることなく軽量化を実現したClimb Light Collectionを発表。

1994

HYDRENALINE

The North Face introduces the incredible new fabric that can withstand the bite of the wind and keep out precipitation.

THE NORTH FACEは、強風に耐え雨を防ぐ素晴らしい新素材を発表。

The
Himalayan
Suit

1994

THE HIMALAYAN SUIT

This fully baffled down garment for high-altitude climbing and cold-weather survival, the Himalayan Suit, becomes the gold standard in the world of thin-oxygen and polar environments. It goes on to take hundreds of explorers to the highest and most frozen paths on Earth.

全身をすっぽり覆い高山の登山や寒冷地に耐えるバッフル構造のダウンスーツHimalayan Suitは、酸素が薄い場所や極地で使用する代表的なアイテムになりました。多くの冒険家たちを地球上で最も標高が高く凍てついた道へと導いています。

1995

Jim Zellers and Tom Burt execute a first snowboard descent of Nepal’s hauntingly beautiful 23,494-foot Pumori.

Jim ZellersとTom Burtは、忘れられないほど美しいネパールのプモリ(標高7,161メートル)を初めてスノーボードで滑降しました。

1995

THE PURSUIT

The brand's obsessive attention to the most minute details appears extreme to outside observers, but to those who depend on the performance of our products as they challenge the limits of human endeavor, there are no inconsequential details.

ブランドの細部にわたるこだわりは、関係のない人間にとっては極端に見えます。しかし、人間の努力の限界に挑戦する上で製品の性能を頼りにする人々にとっては、重要でない部分などありません。

Tekware

1995

TEKWARE

Thousands of sweaty approaches are suddenly more comfortable. The North Face launches Tekware: the first all-synthetic line of apparel for layering and base camp. The tag line "cotton kills" accompanies the release.

これまでずっと汗にまみれていた登山が、急に快適になりました。THE NORTH FACEは、重ね着やベースキャンプ向けの初の合成繊維のアパレルシリーズTekwareを発売。発売時のキャッチフレーズは「cotton kills(綿は死を招く)」でした。

1997

The Soloist Bivy sack hits the market, an ultralight shelter-sack, for the most intrepid of explorers.

恐れを知らない探検家向けの超軽量シェルターサックSoloist Bivyが市場に登場。

1997

QUEEN MAUD LAND
EXPEDITION

Alex Lowe, Conrad Anker and Jon Krakauer explore the Antarctica ice cap and establish a first ascent of Rakekniven, a 2,500 foot wall. National Geographic travels with the crew, capturing the journey for a film and feature article.

Alex Lowe、Conrad Anker、Jon Krakauerは、南極大陸を探検し、2,500フィート(約762メートル)のラッケクニーベン峰に初登を記録。ナショナル・ジオグラフィックがクルーと共に旅をし、旅の記録を映像と記事に残しました。

NEVER STOP
EXPLORING

1997

NEVER STOP EXPLORING

The North Face adopts a new tag line, “Never Stop Exploring.” This dedication to exploring continues to apply as equally to products as it does to their usage. It remains the company mantra.

THE NORTH FACEは、新しいキャッチフレーズ「Never Stop Exploring(探検をやめるな)」を採用。探検へのひたむきな思いは、製品そのものはもちろん、その使用法にも込められています。このキャッチフレーズは会社の信念であり続けています。

2000

THE PROPHET PACK

The North Face releases the Prophet Pack, featuring Dyneema® faber and carbon fiber X-frames, for lighter-weight exploration.

THE NORTH FACEは、Dyneema®と炭素繊維X-フレームを使い、身軽な旅を実現するProphet Packを発売。

2000

“It would have been safer to BASE jump it.”

-Jim Zellers, about descending Half Dome.

「ベースジャンプする方が安全だったでしょうね」

-Jim Zellers、ハーフドームからの滑降について

Descending
Half Dome

2000

DESCENDING HALF DOME

Jim Zellers makes the first snowboard descent of the feature on The North Face’s logo: Half Dome. A 47-degree route threading through 2,000-foot cliffs, Zellers stuns the alpine and snowboard world simultaneously with his adventure.

Jim Zellersは、THE NORTH FACEのロゴにもなっているハーフドームを初めてスノーボードで滑降。2,000フィート(約610メートル)の崖を傾斜47度のルートで駆け抜けるという偉業を成し遂げ、アルペン界とスノーボード界を同時に驚かせました。

2004

Steve Rendle becomes President of The North Face.

Steve RendleがTHE NORTH FACEの社長に就任。

2004

“We opened our New York City store on 73rd Street a strategic location with strong demand. And it was a very conscious location, we chose a regular New York neighborhood—not Soho, not Madison Avenue,”

-The North Face President Steve Rendle

「私たちは、需要の高いニューヨークシティの73丁目という戦略的な立地に出店しました。これは意識的に選んだ場所でした。ソーホーやマディソン街ではなく、ニューヨークの普通の地区を選んだのです」

-Steve Rendle(THE NORTH FACE 社長)

Ultra
GTX XCR

2004

ULTRA GTX XCR

UItra GTX XCR running shoe secures two of the industry’s most prestigious accolades. The relatively new shoe wins “Gear of the Year” by Outside Magazine for trail running, and Trail Runner Magazine’s Editor’s Choice Award.

Ultra GTX XCRランニングシューズは、業界で名誉ある栄冠を2つも勝ち取っています。比較的新しいこのシューズが受賞したのは、Outside Magazine誌のトレイルランニング部門の「ギア・オブ・ザ・イヤー」とTrail Runner Magazine誌の「エディターズ・チョイス・アワード」です。

2005

Cataract surgery is one of the most cost effective of all health interventions. (Source: World Health Organization)

白内障手術は、すべての疾患治療法において最も費用対効果が高いもののひとつです。(出典: WHO/世界保健機関)

2005

“Most of the athletes felt rewarded with the summit success of climbing Cholatse, but everyone has memories from the Eye Camps that will last a lifetime—memories and a sense of accomplishment that climbing does not always accompany."

-Pete Athans, Himalayan Cataract Project Team Member

「チョラツェ登頂に成功してほとんどのアスリートたちが報われたと感じましたが、さらにアイキャンプでの一生忘れられない思い出も得ることができました。この思い出と達成感は、クライミングでは常に得られるものではありません」

-Pete Athans(ヒマラヤ白内障プロジェクトチームメンバー)

Himalayan
Cataract
Project

2005

THE HIMALAYAN CATARACT
PROJECT

The North Face alpinists, including Pete Athans, direct and help stage a mobile eye clinic in two remote alpine villages. The surgeons with the clinic cure 500 patients of blindness. RushTV films the effort for a feature called “Light of the Himalaya.”

Pete Athansを含むTHE NORTH FACEのアルピニストたちは、高山の辺境の2つの村に移動眼科をひらくサポートと運営を行いました。執刀医により500名の患者たちの目が治療され、その取り組みを撮影したRushTVが「Light of the Himalaya」という番組を制作しました。

2006

FLIGHT SERIES

A new ultralight and ultra-functional line of running apparel launches, changing the game for trail rats and marathon fiends.

新たな超軽量・高機能なランニングアパレルシリーズを発表。トレイルランナーやマラソンマニアのランニング環境を一変しました。

2006

DEAN KARNAZES

Ultra-runner Dean Karnazes completes a record 50 marathons in 50 states in 50 days. He finishes with the New York City Marathon before running another 3,000 miles back home to San Francisco.

ウルトラマラソン選手のDean Karnazesは、50日間で全米50州の50のマラソンを走るという記録を達成。さらに最後のニューヨークシティマラソンを終えた後、自宅のあるサンフランシスコまで3,000マイル(4,828キロ)を走破して帰宅しました。

A Seven
Peak Dream

2006

A SEVEN PEAK DREAM

Kit DesLauriers becomes the first person to ski the apex of every continent – The Seven Summits. Her feat includes an on-foot ascent and on-ski descent of Everest. “USA Today” declares her Everest feat the “Crowning Glory of a Seven Peak Dream."

Kit DesLauriersは、スキーで各大陸の最高峰、つまり七大陸最高峰を初制覇。彼女はエベレストの徒歩登山とスキーでの滑降も成し遂げています。USA Today紙は、彼女のエベレストでの偉業を「七大陸最高峰制覇における最高の栄誉」と称しています。

2008

MERCURIAL JACKET ARRIVES

A reversible two-in-one garment that utilizes smart fabrics and unique baffle construction to absorb and repel heat.

高機能素材と独自のバッフル構造を採用し、熱を吸収して通さないリバーシブルの2 in 1ジャケットが登場。

2008

BLUESIGN

The North Face partners with Bluesign, an industry sustainability group. Together the companies address harmful chemicals in the supply chain and help The North Face’s fabric mills use water and energy more efficiently.

THE NORTH FACEは、繊維産業の持続可能性を追求するグループbluesignと提携。協力してサプライチェーン内の有害な化学物質の削減に取り組むとともに、THE NORTH FACEの素材工場が水やエネルギーを効率的に使用できるようサポートしています。

A climbing
legend
ascendS

2008

A CLIMBING LEGEND ASCENDS

Alex Honnold stuns the climbing world with his free-solo of the Moonlight Buttress in Zion National Park, UT. Five months later, the 21-year old free-solos the Regular Northwest Face (VI 5.12a, 23 pitches) on Half Dome in Yosemite, solidifying his status as one of climbing’s legends and gaining global notoriety.

Alex Honnoldは、ユタ州のザイオン国立公園にあるムーンライトバットレスにフリーソロで挑戦。クライミング界に衝撃が走りました。5か月後、21歳の彼はヨセミテのハーフドームの標準北西面(グレードVI、ルートグレード 5.12a、ピッチ 23)のフリーソロに成功し、クライミング界のレジェンドとしての地位を確立して世界的に有名になりました。

2010

EXPLORE FUND

• Given more than $2.2 million to nonprofits to date
• Nearly 500 grants given
• 45 orgs received grants in 2016

• これまでに220万ドル以上の助成金を非営利機関に交付
• 助成金の交付件数は500件近く
• 2016年は45の機関が助成金を受給

2010

CONNECTING KIDS WITH NATURE

To date, the Explore Fund has provided nearly 500 grants and more than 2.2 million dollars to organizations focused on getting people outside, increasing access to front- and backcountry recreation and providing education for personal and environmental health.

Explore Fundは現在までに、アウトドア活動の促進に重点的に取り組む機関に対して500件近く、総計220万ドル以上の助成金を交付しています。フロントカントリーとバックカントリーでのレクリエーションへの間口を広げるとともに、人の健康や環境衛生への啓蒙活動を行っています。

The North
Face Explore
Fund

2010

THE NORTH FACE EXPLORE FUND

The North Face launches the Explore Fund at the 2010 Outdoor Nation Youth Summit in NYC. A grant-giving program with an initial base of $250,000 (increased to $500,000 in 2015), the money supports nonprofit organizations seeking to create a connection between people and nature.

THE NORTH FACEは、2010年にニューヨークシティで開催された「アウトドア・ネイション・ユース・サミット」でExplore Fundを立ち上げました。年間25万ドル(2015年には50万ドルに増加)の助成金を交付するこのプログラムは、人と自然をつなごうと努力する非営利組織を支援しています。

2011

“The more failures, the more notoriety. Nobody had climbed the upper headwall at Meru and we were pretty inspired.”

「失敗すればするほど、評判になります。メルー峰のアッパーヘッドウォールを登った人はまだいなかったので、私たちは大いにやる気になっていました」

-Jimmy Chin

2011

30 DAYS

On October 2, after more than 30 days of climbing, Conrad Anker, Jimmy Chin and Renan Ozturk reach the top of Meru, becoming the first team in over 30 expeditions to stand on the summit of Meru via the Shark’s Fin.

10月2日、Conrad Anker、Jimmy Chin、Renan Ozturkは30日間以上も登り続け、ようやくメルー峰登頂に成功。30以上の探検隊の中で、シャークスフィンを経由してメルー峰の山頂に立った最初のチームとなりました。

Meru's
Shark Fin

2011

MERU'S SHARK FIN

Conrad Anker, Jimmy Chin and Renan Ozturk make the first ascent of the Shark’s Fin on 21,700-foot Mount Meru in India—considered one of the most challenging and dangerous peaks in the Himalayas. Three years before, the same trio was defeated after 19 grueling days. This time, they successfully ascended after 30 days of climbing.

Conrad Anker、Jimmy Chin、Renan Ozturkは、ヒマラヤで最も過酷で危険な峰のひとつと考えられている21,700フィート(6,614メートル)のインドのメルー峰のシャークスフィン初登を記録。3年前、3人は19日間の極限状態の後に登頂を断念していました。今回、彼らは30日間登り続け、ついに登頂に成功しました。

2012

THE TRIPLE, TAKE 2

Less than a month later, after climbing The Triple, Honnold repeats the free solo in 18 hours and 50 minutes.

Honnoldは、ザ・トリプル(ワトキンス山、エル・キャピタン、ハーフドーム)を制覇した後、1か月も経たないうちに再度フリーソロを敢行し、計18時間50分を記録。

2012

THE TRIPLE

Alex Honnold and Hans Florine free climb the south face of Mt. Watkins, Free Rider on El Capitan and the Regular Northwest Face on Half Dome, in a combined record time of 21 hours 15 minutes.

Alex HonnoldとHans Florineは、ワトキンス山の南壁、エル・キャピタンのフリーライダー、ハーフドームの標準北西面でフリークライミングを行い、計21時間15分を記録しました。

ABS Pack
Release

2012

ABS PACK RELEASE

The products feature an inflatable dual airbag system that athletes can deploy if caught in an avalanche, and the surface area allows the athlete to float on or near the surface of an avalanche flow. With a harness, hipbelt and ski/snowboard carry system, the ABS pack puts function and alpine safety at the center of design.

ABSパックにはインフレータブル・デュアル・エアバック・システムが採用されており、アスリートたちが雪崩に巻き込まれた場合に雪崩流の表面またはその近くまで浮上することができるようになっています。ハーネス、ヒップベルト、スキー/スノーボード携行システムを備えたこの製品では、機能性と山での安全性が特に重視されています。

2013

CLOTHES THE LOOP

The program allows consumers to drop off clothing and footwear from any brand, in any condition, at retail stores.

このプログラムでは、どのブランドの衣料品や靴でも、どんな使用状況であっても、消費者が小売店に引き渡すことができます。

2013

REBEL AMERICANA

As part of its U.S. Free Skiing Team partnership, The North Face designs the first-ever U.S. Olympic Free Skiing Team uniforms. Themed around “Rebel Americana” the uniforms capture US free skiing's spirit, rich history and counter-culture attitude.

全米フリースタイルスキーチームとの提携の一環として、THE NORTH FACEはフリースタイルスキーのオリンピック米国代表チーム初のユニフォームをデザインしました。「Rebel Americana(反逆のアメリカ人)」というテーマのユニフォームは、アメリカのフリースタイルスケートの精神や豊かな歴史、カウンターカルチャー姿勢を表しています。

ThermoBall

2013

THERMOBALL™

After years of testing, which included two trips to Meru’s Shark’s Fin and Everest, The North Face launches ThermoBall™, a new type of synthetic insulation that closely mimics down clusters. The jackets are an instant success and become another iconic style for the brand.

THE NORTH FACEは、メルーのシャークフィンやエベレストへの2度の旅を含む試験を何年も繰り返した後、ダウンに代わる新たな合成繊維断熱材ThermoBall™を発表。このジャケットはすぐに評判となり、ブランドを代表する新たなアイテムになりました。

2014

FUSEFORM DEBUTS

The groundbreaking fabric weaves together two different textiles into one seamless piece. Without welded seams, each waterproof garment is lighter and more comfortable.

2つの異なる繊維が1枚の生地に織り込まれた革新的な素材の誕生です。継ぎ目のない防水のウェアは、軽量化され着心地も改良されています。

2014

2014 OLYMPICS

The North Face athletes do not disappoint. Aaron Blunck competes in halfpipe finals, Devin Logan earns silver in women’s slopestyle, Maddie Bowman earns gold in women’s halfpipe and Kaitlyn Farrington earns gold in women’s snowboarding halfpipe.

THE NORTH FACEのアスリートたちは期待を裏切りません。Aaron Blunckはハーフパイフの決勝に出場し、Devin Loganは女子スロープスタイルで銀メダルを、Maddie Bowmanは女子ハーフパイプで金メダル、Kaitlyn Farringtonは女子スノーボードハーフパイプで金メダルをそれぞれ獲得しています。

Notching
Routes

2014

NOTCHING ROUTES

Alex Honnold rings in the year with yet another free solo, this time in El Potrero Chico, Mexico. He tops out on the Grade V big-wall route El Sendero Luminoso (5.12d, 15 pitches) in three hours – continuing to blow the minds of climbers everywhere.

Alex Honnoldはさらなるフリーソロで新しい年を迎えました。今度はメキシコのポトレロチコでした。彼はグレードVのビッグウォールルート、エル・センデロ・ルミノソ(5.12d、ピッチ 15)を3時間で制覇。世界各地のクライマーたちを驚かせ続けています。

2015

CROWN TRAVERSE

Ultra runners Mike Wolfe and Mike Foote run 600 miles from their front door in Missoula, MT to Banff, Canada along the Crown Traverse.

ウルトラマラソン選手のMike WolfeとMike Foteは、モンタナ州ミズーラの自宅からカナダのバンフまで600マイル(約966キロ)の道のりを走破。この旅は「クラウン・トラバース」と呼ばれました。

2015

MERU

The film Meru premieres at the Sundance Film Festival in Park City, Utah. The film, directed by Jimmy Chin and his wife Elizabeth Chai Vasarhelyi, is picked up by a production company for a nationwide theatrical release later that year.

映画『MERU/メルー』が、ユタ州のパークシティで開催されたサンダンス映画祭にて初上映されました。Jimmy Chinと彼の妻であるElizabeth Chai Vasarhelyiが監督を務めたこの映画は制作会社の目に留まり、この年の後半に全米で劇場公開されました。

Summit
Series

2015

SUMMIT SERIES™

The Summit Series™ collection is unveiled, reimagined with cutting-edge innovation and purposeful design. Built by, and specifically for the core mountaineering and climbing community, the six-layer-collection infuses cutting-edge technologies like FuseForm and ThermoBall™.

最先端の技術と目的のはっきりしたデザインを採用して新たに開発されたSummit Series™コレクションがベールを脱ぎました。コアな登山&クライミングコミュニティによってコアな登山&クライミングコミュニティのために開発された6層のユニットは、FuseFormやThermoBall™といった最先端技術を取り入れています。

2016

RESPONSIBLE DOWN

The North Face reaches responsible sourcing milestone - all down products are certified under Responsible Down Standard.

THE NORTH FACEは、責任ある調達元としてのマイルストーンを達成しました。ダウン製品はすべて、Responsible Down Standard(責任あるダウン標準)として認証されています。

2016

EIGHT-PITCH 14B

Alex Honnold and Felipe Pikuira climb the second ascent of Corazon de Ensueno in Getu China. Among the hardest big wall routes in the world, it ascends over 200 meters up and out of the underbelly of the massive Getu Arch.

Alex HonnoldとFelipe Pikuiraは、中国のゲテゥーにあるCorazon de Ensuenoの第2登を果たします。この世界で最も過酷なビッグウォールのひとつは、巨大なGetu Archの下側にあり、200メートル以上の高さを誇っています。

15 and
Climbing

2016

15 AND CLIMBING

Teen climbing phenomenon Ashima Shiraishi reaches the pinnacle of climbing difficulty by successfully climbing a boulder problem with a rating of V15. Just a week shy of her 15th birthday, Shiraishi is not only the first female to climb a V15 boulder problem, but also the youngest person ever to accomplish that feat.

まだ10代の天才クライマー白石阿島は、V15の巨大な壁を制覇し、クライミング難度の頂点を極めました。15歳の誕生日の1週間前に、女性による世界初のV15制覇を達成しただけでなく、史上最年少でそれを成し遂げたのです。

The Next
50 Years

THE NEXT 50 YEARS

“As we look forward, we will stay focused on our ultimate promise: to equip you to push your limits and feed your soul. Our commitment for the next 50 years and beyond is to inspire people to live a life of exploration.”
- Todd Spaletto, President, The North Face

「当社はこれからも、人々の限界を押し広げる装備、そして人々の魂に響く装備を提供するという絶対的な使命に取り組みます。今後50年とその先を見据えた当社の目標は、人々が探検の人生を歩めるよう刺激を与え続けることです」
- Todd Spaletto(THE NORTH FACE社長)

ダミーテキストです。一九六六年。ひとりの男が、ある偉業を成し遂げた。マウンテンスポーツを心から愛していたその男は、これまでのように山登りのための装具を通販カタログや米軍の余剰物資から掘り当てる行為に少々うんざりしていた。