今平周吾選手 2年連続賞金王に輝きました

NEWS

2019.12.25

今平周吾選手 2年連続賞金王に輝きました

今平周吾選手 2年連続賞金王に輝きました

 

アンパスィ ウエア契約プロの今平周吾選手が、2018年に続き国内男子ゴルフ2019年度の賞金王に輝きました。

複数年連続で賞金王の座についたのは史上5人目となり、また史上最年少での快挙となります。

今平選手は、12月9日に行われたジャパンゴルフツアー表彰式で、賞金ランキング賞(2年連続)の他、最優秀選手賞(2年連続)、メルセデス・ベンツトータルポイントランキング賞(初)、パーキープ賞(初)の全4部門を受賞。

12月23日に行われた報知新聞社制定「2019報知プロスポーツ大賞」の表彰式でも、男子ゴルフ部門で2年連続大賞を受賞いたしました。

今平選手は、今季25試合(棄権1試合)に出場し、10月の「ブリヂストンオープン」と11月の「ダンロップフェニックス」で優勝。トップ10回数も16回と、圧倒的な安定感で締めくくりました。

今季は海外のゴルフ4大メジャー「マスターズ」「全米オープン」「全米プロゴルフ選手権」「全英オープン」にも出場し、活躍の場を広げました。

尚、12月22日付けの男子ゴルフ最新の世界ランキングで、自己最高位となる31位に上がりました。

今平選手の更なる活躍を期待し、来年も引き続き応援宜しくお願いいたします。

2019年12月25日

SHARE