ブルーライトは近年よく聞く言葉です。
社会のインフラが発展し、スマートフォン・パソコン・タブレットと、
画面からブルーライトを発するものを日常生活で使用する機会が増えました。
では、なぜブルーライトをカットする必要があるのか?
(それぞれの立場からの意見や考え方があるのでご注意ください。)

まず、紫外線と聞くと多くの人がネガティブなイメージをもっているのでは?
その紫外線の次に強い光が、ブルーライトです。
ところが光は身体の形成においてある程度は必要なもの。
全く光を浴びない方がよいかというと、そんなことはないようです。
逆にブルーライトは集中力をあげる、体を目覚めさせ活動的にさせるなど、
人によっては必要になるメリットも。

ただ、ブルーライトを浴びすぎると、
睡眠不足・目の疲れ・頭痛などを感じる人もいます。
他の色の光は網膜に達する前に遮断されますが、
ブルーライトは目の奥にまで届いてしまいます。
それが蓄積されていくと、いずれ目の病気を引き起こしやすいとも。
もしこの先10、20年経ったとき、私たちの体にはどうなるのでしょうか?

もちろんこれはいくつかの例であり、
こうした情報は調べればたくさん出てきます。
そこは個人の判断で調べてみてください。
しかし、一日パソコンを使い、作業終わりに目がシパシパされる方、
目の疲れを感じる方は1度試してみては?

Bluelight(全件です)

現在の絞り込み条件
商品特徴 Bluelight

    ご希望の条件で商品は見つかりませんでした。
    再度条件を設定して検索してください。

    CLOSE

    お気に入りへ追加しました

    削除しました