【特集】UVカットアイテム 紫外線対策のススメ

UVカットアイテムで紫外線対策のススメ
- 日中編 -

デイタイムの日焼けや紫外線対策に欠かせないのが、紫外線を防げるアイウェア。
SUNSKIが提案する今季の最新モデルを、シチュエーションに合わせた着用方法とともにご紹介。
皮膚科医の髙瀬聡子先生とGOLDWIN WEB STOREスタッフSERIのアドバイスのもと、
紫外線から瞳を守るアイテムを見つけましょう。

01街中ではクールなメタルフレームを

  • 髙瀬先生

  • 日常生活の日焼け対策にサングラスはマストアイテム。目から紫外線を浴びると視神経から脳下垂体に伝わり、細胞を守ろうとメラノサイトに指令を出してメラニンが生成。肌に紫外線を浴びていなくても、シミやそばかすの原因に。

  • SERI

  • ブラウンのクリアフレームにメタルの細いつるが、洗練されたムードで、モノトーンの服装にぴったり。SUNSKI全てのアイテムに使用された偏光レンズは、街中の紫外線や照り返しにも負けません。

02休日にはポップなクリアフレームを

  • 髙瀬先生

  • 晴れの日もくもりの日も、紫外線は絶えず降り注いでいます。春から夏の紫外線量が多い時期は、偏光レンズで光の量を軽減し、眼を守ることが大切。外出時にサングラスをかけることで、眼の疲労感をおさえる効果も期待できます。

  • SERI

  • 人気のクリアフレームは日常使いがおすすめ。サイズ感・フィット感は、誰にでも合わせやすいモデルです。アイウェアブランドが採用する偏光レンズは、太陽の光をしっかりブロックします。

03デイライフには透明感をプラスして

04旅先はカラーグラデーションで遊ぶ

  • 髙瀬先生

  • 真っ黒など濃い色のレンズは、眼の瞳孔が開きやすく紫外線を取り入れやすくなります。薄い色のレンズで、目を覆う面積が大きいデザインを選ぶと良いでしょう。

  • SERI

  • ブラウンがかった偏光レンズは、少し目が透けるくらいの濃さが夏らしい。すりガラスのような半透明のフレームは、肌馴染みの良さが抜群で、ヘルシーな雰囲気で着用していただけます。

05べっ甲柄×ミラーレンズでランニング

  • 髙瀬先生

  • 屋外でのスポーツをする際は、日光の眩しさを抑えることが第一。ミラーレンズはベースのレンズカラーよりも若干視界が暗くなり、可視光線透過率が3~5%ほど抑えられるので、夏の強い日差しには効果的です。

  • SERI

  • スポーツサングラスにお馴染みのミラーレンズも、ブラウンのフレームだと手に取りやすい。ミラーレンズはパフォーマンス中の目の表情を隠せるのもお勧めしたいポイントのひとつです。

まだまだ周知されていない、サングラスの日焼け・紫外線対策への効果。
ファッションとしての楽しみはもちろん、信頼できるアイウェアブランドSUNSKIのアイテムで眼への刺激をしっかり抑えることが大切。
夏の厳しい日差しに耐えられる偏光レンズを選ぶようにしましょう。

  • 髙瀬聡子先生皮膚科医。ウォブクリニック中目黒総院長。スキンケアに関する著書も多数手がける。
  • SERIGOLDWIN WEB STOREスタッフ。
    機能的なアイテムを日々愛用している。

Recommend_SUNSKI_S21(全件です)

現在の絞り込み条件
商品特徴 Recommend_SUNSKI_S21

    ご希望の条件で商品は見つかりませんでした。
    再度条件を設定して検索してください。

    CLOSE

    お気に入りへ追加しました

    削除しました