成田美寿々プロインタビュー

Black&White WHITE Lineのアドバイザリースタッフである成田美寿々選手との、コラボレーションが始動。
この秋より、いよいよ展開が始まります。
シンプルなデザインとスポーツウェアとしての機能性が両立し、さらにシャープなフィット感と着心地にも配慮。
プロアスリートならではのウェアに対するこだわりが注ぎ込まれています。そのフルラインナップをここにご紹介。
今回のコラボレーションに対する思いを、成田選手にお聞きしました。

MiSUZU NARITA × Black & White WHITE Line Collaboration DEBUT
MiSUZU NARITA × Black & White WHITE Line Collaboration DEBUT
MiSUZU NARITA × Black & White WHITE Line Collaboration DEBUT
インタビューを読む

INTERVIEW with MISUZU NARITA

―コラボレーションアイテムに袖を通した感想を教えてください。ブランドルックの撮影中には「このまま着て帰りたい!」と話していましたね。

MISUZU NARITA(以下MN) はい、思わず(笑)。すごくいい仕上がりだったので。秋冬シーズンのアイテムですが、まだまだ暑い日が続きますから。そういう時に、着られたらいいなって思ったんですよね。これまで提供いただいてきたウェアも快適でしたが、例えば、今着ているモックネックの半袖シャツは、なんていうか、超高機能の水着みたいな感じ。ストレッチもよく効いていて、フィット感もちょうどいい。その上、サラサラしていて肌触りが気持ちいいんですよ。だから、着て帰りたいなと思いました。

―着心地がさらに向上しているんですね。

MN はい。圧倒的に。生地から違います。今回のコラボレーションでは、生地についてもアイデアを出させていただきました。デザインについても、ワガママを聞いていただいて(笑)

―ずばり、出来栄えは?

MN バッチリです! 私の妄想通りに、仕上げていただきました(笑)

―その妄想を言葉にすると、どのようなものが挙げられますか?

MN やっぱり着心地がいいこと。クールでカッコイイものであること。それから、フィット感も大事でしたね。これまで提供いただいたウエアも、もちろんぴったりでしたけど、今回はよりタイトに、ラインのシャープさにこだわっていただきました。その上で、動きやすくて着心地もよくて、というイメージですね。もちろん、見た目がカッコイイのも大事です。

―モダンなスポーツウエアらしいデザインで、より洗練された印象です。

MN 「アスリートが身につけるもの」というのがアイデアのベースになっています。それに私自身もプレー中は、カワイイというより、クールでパキッとしたスタイルでいたいので。デザインにおいては特に、その希望を最大限に汲んでいただいきましたね。。レディスもパンツスタイルが多いのはそのためです。秋冬シーズンのアイテムなので、スカートは寒いですし。

―カラーリングも洗練されています。モノトーンか鮮やかなブルーというシンプルなカラーパレットになっています。

MN 個人的なことを言えば、普段からモノトーンというか、ブラックの服を着ることが多いんですよね。クローゼットを開けたら、真っ黒になっちゃうくらいで(笑)。その一方で、ゴルフをプレーするときは、イエローとかレッドとか強い色も好きなんです。その流れの中で、基本はモノトーンで、アクセントカラーをブルーにしてもらいました。原色が好きなのは、気分が高まるような感覚があるのかもしれません。それに、友達や仲間からも強い色が似合うよねって言われることも多くて。なので自分でもそのつもりでいるんです(笑)。

―デザインがシンプルであることも、成田選手の強い希望だったようですね。

MN やっぱり、シンプルな服をカッコよく着ている人が、オシャレだなって思うんです。私もそういう人になっていきたいですし。だからこのコラボレーションのデザインは、シンプルさというのをとても大事にしています。

―デザインをシンプルにしていくと、生地のクオリティやシルエットの美しさが際立ってきますね。成田選手はパンツのラインについてこだわりが強いとか。

MN はい。パンツはとにかくフィット感とラインがキレイに出ることが重要でした。形が細いだけでは、ただのパツパツのパンツになって、脚のラインがダイレクトに出すぎてしまう。スラっとしたキレイなラインにはなりにくいんですよね。だからフィットがすっきりタイトでありつつ、カバーするところはカバーしたい。絶妙なサイジングで仕上げていただいています。私、個人的には脚のラインには自信があるんです(笑)。なのでいつもタイトなフィットのパンツを着るようにしていて、今回はその経験を生かせたかもしれません。

―プレーを邪魔しないフィットと、ラインの美しささを両立させるのは、ゴルフのウエアならではの、機能とデザインなのかもしれません。

MN そうですね。プロとして見られることも仕事のひとつですし。ゴルフは若い人からお年を召した人まで、いろんな年齢の人が楽しめるスポーツなので。ウエアはいろんな体型をカバーしつつ、キレイであるのが理想だと思います。

―そんなこだわりを注ぎ込んだコレクションですが、どんな人に着てもらえるか、想像しますか?

MN 私がアンバサダーにさせていただいたのも、私と同世代の人たちにも、Black&Whiteというブランドを知ってもらいたい、というのがあったからだと聞いています。だから同世代にもっと知ってもらって、着てもらえたらうれしいです。それに、どんな人でもすっきりとキレイにフィットするウエアが揃っていると思うので、年上の世代の方にも試していただけたら。デザインもシンプルなので、着る人を選ぶこともないですし、多くの人に楽しんでもらえると思います。

―今回のコレクションを成田選手はどのようにコーディネートする予定ですか?

MN 最近、初日はブラックと決めてるんです。全身で真っ黒にしたいんですよね。なので、ブラックのパンツに、ブラックのモックシャツがいいのかな。ホワイトのモックシャツもブラックのロゴが入っているので、そちらを合わせるのもカッコイイですね。やっぱり、Black&Whiteというブランドの通り、黒と白のモノトーンのスタイルでいきたくなります。ブルーのトップスとホワイトのパンツを合わせた、爽やかなカラーリングも素敵なので、迷っちゃいそうですけど(笑)

―ゴルフコースの芝生や木々のグリーンに、シンプルなモノトーンが映えそうですね。

MN そうですね。日本では特にゴルフウエアは派手なもの、というイメージがありますから。色や柄がたくさん入ったスタイルを、ゴルフ場で見かけることが多いですけどね。それももちろんカワイイですが、私はどうしてもシンプルなスタイルに惹かれてしまいます。海外の選手はそういうコーディネートが多いですよね。そういうのを見ていると、やっぱりカッコイイなって思います。だから日本でも、シンプルなコーディネートの仲間が増えたらうれしいですね。

―今後、さらに作ってみたいアイテムはありますか?

MN プレー中も着られるダウンジャケットが欲しいですね。ダウンという性質上、生地に厚みがあるのは仕方ないと思うんですが、それだとプレーに影響が出てしまう。肩や胸の周りがゴワゴワして、可動域が変わってくるんですよね。なかなか着ながらプレーはできません。でも冬はやっぱり寒いから、温かいダウンジャケットは着たい。なので脱いだり来たりをくり返すことになってしまいます。だから、安心してプレー中もずっと着られるダウンジャケットがあるといいかも。

―アイデアは膨らみますね。コラボレーションに反映されるのを楽しみにしていますし、まずは今シーズンのご活躍を期待しています。

MN ありがとうございます。このウエアを着て、ゴルフをもっと楽しみます。

成田美寿々プロインタビュー(全件です)

現在の絞り込み条件
商品特徴 成田美寿々プロインタビュー

    ご希望の条件で商品は見つかりませんでした。
    再度条件を設定して検索してください。

    CLOSE

    お気に入りへ追加しました

    削除しました