CLEAN

スポーツをこよなく愛するからこそ、
環境にやさしく

美しい自然は、スポーツを行う私たちのフィールドであり、地球環境の保護に貢献し、自然との調和をはかりつつ企業活動を行うことは、すべての企業に課せられた責任です。当社は「地域社会と共存できる企業を目指す」ことを環境方針のなかで定め、持続的かつ積極的に、自然環境の保護に取り組んでいます。私たちは、人々がスポーツを楽しめる豊かな自然を次世代に確かに受け渡すことを誓います。

美しい自然は、スポーツを行う私たちのフィールドであり、地球環境の保護に貢献し、自然との調和をはかりつつ企業活動を行うことは、すべての企業に課せられた責任です。当社は「地域社会と共存できる企業を目指す」ことを環境方針のなかで定め、持続的かつ積極的に、自然環境の保護に取り組んでいます。私たちは、人々がスポーツを楽しめる豊かな自然を次世代に確かに受け渡すことを誓います。

持続可能な社会を実現するために

環境基本理念

私達には、自然と共存し調和ある繁栄を実現する崇高な使命が与えられています。ゴールドウイングループは、スポーツウエアをはじめ各種機能ウエアの企画、製造、販売を通じて環境負荷の低減を目指すとともに、健康総合企業として地球環境にやさしい商品の提供により環境への有益な影響を増進するなど、地球環境保護への姿勢を以下の環境方針に定めます。

環境方針

  1. 事業活動または保有する設備が適用を受ける環境に関する法律、規則およびその他要求事項を遵守するとともに、可能な限り自主基準を設定し、環境の汚染予防と保全に努めます。
  2. 事業活動が環境に与える有害な影響を認識し、全社員参加によりその影響を低減し、緑の地球を守ります。
  3. 環境影響を改善するための目的・目標の設定、及び見直しを実施し、継続的な改善活動を実施します。
  4. エネルギーおよび資源の使用量・排出量を充分に認識し、限りある地球資源の有効利用、産業廃棄物の削減を実施します。
  5. 持てる経営資源を結集して独自の技術を開発し、人の健康と環境にやさしい商品の開発を推進いたします。
  6. 自然と生き物が健康体でありつづけるために、自然環境に調和し、地域社会と共存できる企業でありつづけます。

ISO14001認証取得

ゴールドウイングループは富山地区にて、スポーツアパレル業界で初めて1999年11月にISO14001(環境マネジメントシステム)の認証を取得しました。環境保全活動・環境配慮商品の開発と省資源による事業効率向上とを両立させるため、2006年2月にはゴールドウイン全事業所と染色センターがISO14001の認証を取得。さらに2008年7月にはゴールドウインロジテムが、2011年8月にはカンタベリーオブニュージーランドジャパンが、2013年9月にはブラックアンドホワイトスポーツウエアが、同様にISO14001の認証を取得しています。当社の経営方針のひとつである「きれいな経営」を実践し、雇用・経済活動にくわえ、環境に配慮した商品・サービスの提供を通じて社会に貢献してまいります。

2016年の環境活動報告

1.循環型社会に向けての取組

人の健康と環境にやさしい商品の開発・販売

当社は環境方針として「人の健康と環境にやさしい商品の開発・販売」を掲げております。この目的を達成するため、2016年は管理指標として「環境にやさしい商品の販売比率」を15%以上とすることを目指しましたが、残念ながら販売実績は12.6%にとどまり、目標値には届きませんでした。また販売金額でも前年比89%と減少し、環境配慮素材を使用した製品の売上も減少しました。この結果を受け止め、環境配慮型商品の開発・販売、製品回収への取り組み、店頭での回収BOXの設置、グリーンダウンリサイクルプロジェクト、アイコ社との協働による製品回収リサイクルなどを、さらに推進してまいります。

産業廃棄物の削減

当社は環境方針として、製品・原材料における廃棄処分量の低減を掲げ、その発生抑制と製品の再利用を進めています。2016年の管理指標は廃棄物排出量を140t以内としましたが、結果は前年比23%減の140tとなり目標を達成できました。また製品及び原材料の廃棄処分についても前年比24%と大幅に削減できました。今後も廃棄物発生予防へ向けた活動の推進、発注流動管理の徹底、余剰資材の有効活用の推進、製品不良・リコール低減活動の推進、加工ロスの徹底排除、廃棄物の分別、細分化による再利用の推進、5S活動の推進などを通して、産業廃棄物の削減にこれまで以上に努めてまいります。

限りある地球資源の有効活用

当社は環境方針のなかで「限りある地球資源の有効活用」を掲げており、省資源活動の推進、原材料使用料の削減をすすめています。2016年度は、原材料ロスの低減活動の推進、クレーム・リペア情報からのフィードバックによる設計改善、設備管理・工程管理の徹底、物流梱包資材の削減活動の推進、仕事の仕組み・仕方の見直しにより管理・効率のアップ(業務改善活動)の推進、使用後の製品回収活動再利用システム・製品回収量の向上(アイコジャパンとの協働)に取り組み、昨年1年間で1.6tの製品を回収しました。

2.低炭素社会に向けて

環境の汚染予防と保全活動

当社は環境方針のなかで「環境の汚染予防と保全活動」を掲げており、CO2排出量の削減に継続的に取り組んでいます。2016年は管理指標としてCO2排出量7,657t以内を設定、富山地区での照明LED化による電力消費削減の効果もあり実績は7,579tと目標を達成しました。引き続き省電力活動の推進、業務改善や作業の効率化をはかり時間外勤務の削減による効率的活用、生産設備の省エネ設備導入・メンテナンスと効率稼働、輸送ルートの見直しや積載効率の改善活動の推進、アイドリングストップなどの省エネ運転の推進など、低炭素社会のための取り組みを行っています。

「テクニカルセンター照明LED化」

3.自然との共生について

地域社会と共存できる企業

当社は環境方針のなかで、「地域社会と共存できる企業を目指す」としています。この目標を達成するため、子どもたちが自然と接し、体験し、学ぶことを目的とした「THE NORTH FACE KIDS NATURE SCHOOL(ザ・ノース・フェイス キッズ・ネイチャー・スクール/KNS)」を2014年より開催しています。このほかにも、自然とのふれあいの機会を増やすため、廃棄されるヨットの帆でトートバッグを作成するワークショップや、自然環境の保全に対する啓発活動などのイベントを16回開催。さらに全国各地で当社社員が13回にわたり地域内清掃を実施しました。

すべてのブランドの衣類を回収する循環型リサイクルシステム「GREENCYCLE」とアースデイアクション

当社は株式会社アイコレクトジャパンとのパートナーシップにより、どのブランドの服でもすべての衣類を回収する「GREENCYCLE」の取り組みを2015年5月から開始しました。2017年3月末現在、合計51店舗での回収を受け付けており、この活動の開始から約2年間で約15tの二酸化炭素の削減を実現しました。

「アースデイアクション」を各店舗にて実施

当社は今年もアースデイに際し、各店舗にて清掃活動などのアースデイアクションを実施。「GREEN IS GOOD」のウェブサイトにてその活動報告を行いました。一部店舗では、2017年4月22日、23日の2日間にわたり、バイオマス発電などの自然エネルギーにより発電された「GREEN 電力」を店舗運営時の電力として使用。またアースデイに合わせ、いずれの店頭でも「GREENCYCLE クーポン2倍キャンペーン」を開催いたしました。

自然環境を意識する海岸での「ビーチクリーン活動」

当社は環境保全活動への意識を高めることを目的として、毎年氷見市松田江海岸でビーチクリーン(清掃)活動を継続して行っております。2006年に開始してから11回目を迎える今年度は2016年7月9日に開催。社員と一般参加者を含めて105名が、砂浜に打ち上げられたゴミをていねいに拾い集め、清掃を行いました。

Spiber株式会社との事業提携による、新世代高機能素材を用いた新製品開発

当社はバイオ素材開発の国家プロジェクトにも参加しているSpiber株式会社と、スポーツアパレル分野における事業提携契約を締結し、新世代高機能素材を用いた新製品を開発。現在、さらなる品質安定に取り組んでいます。また当社では石油などの枯渇資源に依存せず、強靭でありながら生体適合性に優れ、生分解性を持った構造タンパク質素材を開発することで、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。