当社社員で障がい者水泳選手の鈴木孝幸が東京都中央区立有馬幼稚園で講演会を行いました

当社、スピード事業部に所属する社員・鈴木孝幸が2015年12月22日、東京都中央区立有馬幼稚園のオリンピック・パラリンピック教育推進活動の講師を務めました。

この活動は「いろいろな人が頑張れること」を園児に伝えることを目的に開催されました。

この日は園児140名およびその保護者の方を対象に
「障がい者は色々と違うところがあるけど、みんなと同じで何でもできるんだよ」
とメッセージを送りました。
また、来年に向けての意気込みも熱く伝えました。

鈴木自身も園児たちと触れ合うことで「元気」と「パワー」をいただき、充実した時間を過ごしました。

※鈴木孝幸 プロフィール
1987年1月23日生まれ。静岡県浜松市北区出身。
早稲田大学教育学部卒業。2009年、株式会社ゴールドウイン入社。

小学校から水泳を習い始め、高校で本格的に競泳に取り組み、2004年、高校3年生の時には日本代表としてアテネパラリンピックに出場。100m自由形、150m個人メドレーでのメダル獲得はならなかったが、団体で出場した200mメドレーリレーでは銀メダルを獲得。200mフリーリレーでも4位入賞を果たした。
2008年の北京パラリンピックでは150m個人メドレー、50m平泳ぎ、50m自由形、100m自由形、200m自由形に出場し、50m平泳ぎで金メダル、150m個人メドレーで銅メダルを獲得した。平泳ぎの予選では48秒49の世界記録を打ち立てている。
3大会連続の出場、2大会連続で競泳チームの主将を務めた、2012年ロンドンパラリンピックでは、150m個人メドレー、50m平泳ぎで銅メダルを獲得した。