新たな構造タンパク質素材(ブリュード・プロテイン)を使用したウェアを発売

新たな構造タンパク質素材(ブリュード・プロテイン)を使用したウェアを発売
THE NORTH FACEとのコラボレーションアイテム
枯渇資源に頼らないサスティナブルな社会を目指す「Planetary Equilibrium Tee」

株式会社ゴールドウイン(代表取締役社長:西田明男、本社:東京都渋谷区松涛2-20-6、東証一部:コード番号8111 以下、ゴールドウイン)と、Spiber(スパイバー)株式会社(代表執行役:関山和秀、本社:山形県鶴岡市覚岸寺字水上234-1 以下、Spiber)は、両社が2015 年から取り組んできた共同研究で開発した構造タンパク質素材を使った「Planetary Equilibrium Tee」を、ゴールドウインが展開するアウトドアブランド「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」から2019年8月下旬に発売します。

アパレル分野から地球規模の環境課題に挑むために始まった両社の共同研究開発では、構造タンパク質素材の実用化に向けた研究と製品の開発を進めてきました。微生物を使った発酵プロセスによってタンパク質を生成し、Spiber 独自の加工技術により繊維化、紡糸、製織、生地加工、ガーメント制作の各工程でのテストを繰り返してきました。その過程で量産化に向けた数々のノウハウと加工技術を確立してきました。天然のクモの糸を模倣する技術から始まった研究開発は、現在ではより多様なタンパク質素材を作るフェーズに入っており、スポーツアパレルに求められる様々なニーズに合わせた、タンパク質素材の開発を進めています。
そしてこの度、両社のコラボレーションアイテムとして、研究開発の意義でもある地球規模の環境課題に対するメッセージを込め、構造タンパク質素材を使用したTシャツを「THE NORTH FACE」から発売します。

「THE NORTH FACE Sp.」コラボレーションアイテム
Planetary Equilibrium Tee(プラネタリー・エクイリブリアム ティー)

人間の重量は、地球上に存在する生物全体の約 0.01%。そんな小さな存在が、地球環境に大きな影響を与えています。2018年、地球の生物圏におけるバイオマスの分布や、生物圏に対して人類が与えてきた影響について統合的に調査、分析した学術論文「The biomass distribution on Earth*1」が、米国科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences U.S.A.)に発表されました。本論文のデータを読み解くと、地球全体のバイオマス重量の約82.5% を占めるのは一次生産者である植物であること、細菌(Bacteria)、菌類(Fungi)、古細菌(Archaea)、原生生物(Protists)を含む微生物(Microbes)が植物に次ぐ17%を占めること、動物はそれに対して0.5% と極めて少ない割合であること、人間は全体の0.01% 程度の存在にもかかわらず、人間と家畜を合わせた重量は野生動物全体の重量の 20 倍を超えること、などがわかります。このような学術研究に基づく新たな知見は、私たちに多様な視点や学びを与えてくれます。Planetary Equilibriumとは「地球の均衡」を意味します。現在の地球の状態だけでなく、原始から新たな均衡に向かって動的に変わり続けてきた歴史、それに人間が及ぼしてきた影響、この先自然と人間の関係性はどのように変化していくのか。私たちはこの論文にインスパイアされ、Planetary Equilibrium Teeをデザインしました。
*1 Yinon M. Bar-On, Rob Phillips, and Ron Milo (2018) The biomass distribution on Earth. PNAS 115 (25) 6506-6511

82.5 : 17.5
Planetary Equilibrium Tee は、植物由来のセルロースである「コットン」と、Spiber が生み出した微生物由来のプロテイン「Brewed Protein(ブリュード・プロテイン)」でつくられた、未来のライフスタイルを想起させるT シャツです。地球のバランスを感じられるよう、それぞれの素材を82.5 : 17.5*2 の割合で配合しました。これは地球の植物と微生物が大半を占める地球のバランスを象徴すると同時に、動物に頼らないものづくりの可能性を示しています。地球の生物圏で循環する基幹素材はセルロースとプロテイン。できる限り地球のバランスに寄り添うかたちで、一次生産者である植物とエネルギー効率の高い微生物から資源を生産する。これが私たちが考えるひとつのビジョンです。
ボディに配置された「Nutrition Facts(栄養成分表示)」をモチーフにしたデザインは、生物圏において再資源化が可能であることを示唆しています。ヘビーウエイトな生地でありながら、しっとりとした滑らかさが混在する独特で特徴的な質感は、Spiber が独自に開発した Brewed Protein(ブリュード・プロテイン)と上質なコットンを、生態系のバランスを参考にブレンドし、独自の加工を施すことにより実現しました。
*2 生態系バランスをベースに動物資源に頼らないという意図を込めた数値(%)となります。

商品名:THE NORTH FACE Sp. Planetary Equilibrium Tee
価格:25,000 円+税
サイズ:S、M、L、XL(ユニセックス)
カラー:ブラック(K)
素材:綿82.5%、分類外繊維(ブリュード・プロテイン*3)17.5%
特徴:ヘビーウエイトな生地でありながら、しっとりとした滑らかさが混在する独特で特徴的な質感は、Spiber が独自に開発した Brewed Protein(ブリュード・プロテイン)と上質なコットンを、生態系のバランスを参考にブレンドし、独自の加工を施すことにより実現しました。
*3 Spiberの開発した構造タンパク質素材

購入方法
当製品は250着の予約限定販売です。下記お申し込み期間中に特設サイトからお申込みいただき、後日抽選のうえ、8 月下旬ごろより THE NORTH FACE ALTER 店頭にてご購入いただけます。

お申込方法:2019年6月20日(木)~2019年7月20日(土)14時まで
お申込ウェブサイト:https://www.sp.spiber.jp/tnfsp(2019年6月20日(木)15時公開予定)
購入場所:THE NORTH FACE ALTER(東京都渋谷区神宮前6-10-9 原宿董友ビル1F)

今回発表する T シャツは、「THE NORTH FACE」 とSpiber とのコラボレーションプロジェクト「THE NORTH FACE Sp.」のアイテムとして発売します。「Sp.(エスピードット)」とは、Spiber が始動するコラボレーションプロジェクトです。互いの考えに共感する、様々な分野のパートナーと協創(Collaborative Creation)し、多様な視点、多様なアプローチで、この世界を構成する要素間のより良い関係性を考え続け、インタラクティブにデザインしていくことを追求する実験的な試みです。

自然との関わり方、人との関わり方を考え続け、最先端のテクノロジーを取り入れながら“DO MORE WITH LESS(最小限のエネルギー・物質で、最大限の機能を引き出す)” を実践してきた「THE NORTH FACE」。”Society,Prioritized.”という軸ですべての意思決定を行う実験的な組織、「Spiber」。互いに強く共感し合い、共同開発を続けてきた両者は、新たなコラボレーションプロジェクト「THE NORTH FACE Sp.」を始動します。アウトドア、ファッション、アート、サイエンス、テクノロジーの境界を横断し、素材の分子配列にまでさかのぼってデザインされたプロダクトを通じて、地球と人類の未来について考えるきっかけを提供します。

MOON PARKA®
2019年11月発売予定

4年にわたり開発を続けてきた MOON PARKA。2015年10月にプロトタイプを発表して以来、アウターウェアに適したタンパク質素材の改良を続けてきました。そして今年、THE NORTH FACEの製品として求められる品質基準に達し、「THE NORTH FACE Sp.」の次なる製品として今年11 月に発売を予定します。MOON PARKAの製品情報につきましては、2019年8月下旬に改めて発表会を開催し皆様にご紹介する予定です。

現在スポーツアパレルの多くはポリエステルやナイロンなど合成高分子材料を使用しています。その原料となる石油は、何億年もの歳月をかけて大気中の二酸化炭素が地中に固定化されたものです。人類は、その地下資源を数百年という地球の歴史から比べると極めて短いスパンで大量に掘り出し、消費しています。その結果、大気中の二酸化炭素濃度の急激な上昇による気候変動や、大気汚染、海洋汚染といった環境課題が顕在化しつつあります。多くの石油化学由来の製品価格には、このような気候変動や環境汚染対策にかかるコストが含まれていません。現代に生きる私たちにとって、石油等の枯渇資源をベースとした短期視点の消費型経済から、持続可能な資源をベースとした長期視点の循環型経済へ転換していくことは、未来の世代に対する責任です。私たちはこの共同開発を通して、自然と人間の関係性について改めて見つめ直し、機能と環境性を高度に両立した全く新しい素材のあり方、製品のあり方、経済のあり方を考え続け、自然と美しく調和する未来のライフスタイルに寄り添うスポーツアパレルをデザイン、提案することによって、人類社会の持続可能な発展に大きく貢献できるものと確信し、今後も研究開発に努めてまいります。

構造タンパク質とは
タンパク質は20 種類のアミノ酸が直鎖状に繋がった生体高分子であり、生命体を構成するもっとも重要な材料のひとつです。ほぼ無限に存在するアミノ酸の組み合わせパターンから様々な機能や特性を持ったタンパク質が進化の過程で生み出され、複雑で多様な生命システムを支えています。タンパク質には酵素や抗体のように生理的な役割を果たすものと、細胞骨格やクモの糸のように構造的な役割を果たすものがあり、Spiber では後者を「構造タンパク質」と定義しています。毛や爪などを構成する「ケラチン」や、骨、皮膚などを構成する「コラーゲン」も構造タンパク質のひとつと言えます。
構造タンパク質は、ほぼ無限の組み合わせの中から目的に応じてデザイン・選抜された構造タンパク質であり、微生物による発酵プロセスで生産されます。Spiber 独自の技術により、多種多様な特性や形態の材料を設計することが可能です。原料を石油に依存しないSpiber の構造タンパク質は、アパレル分野における脱マイクロプラスチック・脱アニマルのニーズ、輸送分野における軽量化のニーズ等に対し、大きな役割を果たせる可能性を秘めた持続可能な新素材です。

■本リリースに関する報道関係者様 お問い合わせ先
株式会社ゴールドウイン コーポレートコミュニケーション室 TEL.03-3481-7250
Spiber 株式会社 広報室 contact@spiber.jp


■当該製品購入に関するお客様お問い合わせ先
株式会社ゴールドウイン カスタマーサービスセンター TEL.0120-307-560
受付時間 9:30 ~ 17:00(土日祝日及び、指定休業日を除く)