『THINK SOUTH FOR THE NEXT』プロジェクトのシンポジウムが開催されました

11月10日(日)、株式会社DACホールディングスと当社が主催を務める『THINK SOUTH FOR THE NEXT』プロジェクトの一環として、有楽町国際フォーラムにてシンポジウムが開催されました。

今から30年前、日本を代表する冒険家の舟津圭三氏をはじめとする世界各国6名の冒険家が、環境と平和の重要性を訴える目的で世界初となる南極犬ぞり横断へと出発し、見事全員が約6,400kmを踏破。『THINK SOUTH FOR THE NEXT』プロジェクトは、当時彼らが考え、世界に発信した現代社会の問題に改めて注目し、次世代へ継承していこうというプロジェクトです。
シンポジウムではこのうちの5名の冒険家が再集結するトークイベントや、当時使用されたウエアやギアの展示、ドキュメンタリー映画「Trans-Antarctica Expedition」の日本初上映などを行いました。

当社はこの取り組みを通して、環境問題の現状をより多くの人に発信してまいります。