サッカーJ3リーグ 「カターレ富山」の2020シーズンユニフォームを提供しました

サッカーJ3リーグ 「カターレ富山」の2020シーズンユニフォームを提供しました。

株式会社ゴールドウインは、2020シーズンも引き続きサッカーJ3リーグに所属する「カターレ富山」のユニフォームサプライヤーを務めます。1月13日に行われたカターレ富山の2020新体制発表会において、当社が提供する新ユニフォームもお披露目されました。

2020新体制発表会の様子

当社発祥の地、富山県のプロスポーツチームであり、「サッカーを通じて、青少年の健全育成やスポーツの振興、地域の活性化などに貢献し、ふるさと富山が一層元気になることを目指す」というクラブの運営方針に共感し、2008年のチーム誕生から、ユニフォームサプライヤーとしてチームのサポートを続けています。

2020シーズンのユニフォームは、フィールドプレーヤーとゴールキーパー、それぞれの1stと2ndユニフォームを提供しました。

デザインは「堂々と天を突くようにそびえ立つ富山県最高峰“立山連峰”。その雄大で秀麗な山々が刻み込む数々の峻険な峡谷を切り開き突き進み、頂に向かってのぼっていく」というコンセプトの下、J3の頂点を勝ち取る2020シーズンの戦いをその景観に重ね、強い決意を表しています。

提供した4種のユニフォームには激しいプレー中においてもより高いパフォーマンスを発揮できるよう昨年に引き続きスリムラインを採用しました。素材は特殊な多層構造によって吸湿速乾性に優れ、汗や雨などの不快感を軽減し、軽量化を実現した素材を使用しています。

■フィールドプレーヤー1stユニフォーム、2ndユニフォーム

■ゴールキーパー1st/2ndユニフォーム