国際女性デー しなやかに、アクティブな日々を送る女性にインタビュー

3月8日は、国際女性デー
(International Women’s Day)。
1904年に、ニューヨークで婦人参政権を求めて
起きたデモがきっかけとなり、
その後の1975年に国連によって制定された、
女性の地位向上やジェンダー平等を考える日です。
自らの道を切り開き、
アクティブにしなやかに生きる女性たちに、
自分らしく輝くためのヒントを伺いました。

YOGA INSTRUCTER / YOGA STUDIO OWNER

相楽 のりこ NORIKO SAGARA

ヨガインストラクターで、ヨガスタジオのオーナーでもある相楽のりこさん。
いつもポジティブなオーラをまとい輝いている相楽さん、
その秘訣は「人生は私次第」という自覚をもち、
いつもご機嫌でいることだと語ってくれました。

  • Q1.大切にしていること。

    日々の生活の中で大事にしていること、大切にしている考え方は「人生は私次第」といつも自覚していることです。

    幸せは自分が感じること。全ては私次第。人生は私次第。私達は、日々自分で選択して行動して過ごしています。食べること、食べるものから行動、考えから学ぶことまで、すべて自分で選び、行い、行動している。

    私が選んだこと。私が決めたこと。と、自分でしっかり認めて人のせいにしない生き方。こんなことを大切にしています。

  • Q2.どんな人でありたいですか?理想の人物像はありますか?

    自分で自分のご機嫌をとれる人でありたいと思っています。そのためにも毎朝のルーティン、ヨガ+瞑想を実践しています。呼吸に戻る時間。心を沈める時間。感情的にならずに穏やかに、いつもご機嫌でいたいと思っています。ご機嫌は周りを柔らかくあたたかくするパワーがあると思います。

    そして、ご機嫌は質の高いパフォーマンスを生んでくれると言われています。ご機嫌な心と身体で穏やかなオーラで視野を広くいれる自分でありたいと思っています。

  • Q3.困難を前向きに乗り越える方法。

    何か上手くいかないこと、不本意なことやショッキングなことが起きた時、その感情に一喜一憂してしまわないように、まずは深呼吸をして冷静になります。目線がわずか2.3センチと狭くなっている視野を、まずは3メートル先に視点をあわせる気持ちで視野を広げて、落ち着いて物事を見ます。また、いろんな角度からも見てみます。

    また、私はいつも、「ピンチはチャンス!」という言葉を心に持つようにしています。「最低は最高のはじまり!」でもあると。この言葉は、過去の経験でぴったり当てはまってきました。ピンチの時、苦しい時にこそ、自分の気持ちを冷静にいろんな角度から見ることが出来ること、そしてその時にやれること、やろうと思えることを、丁寧に大事に自分の時間をあてて行うこと。そんなことがポジティブマインドをつくっていくと思います。

PROFILE

ヨガインストラクター / ヨガスタジオオーナー(TODAY SAGARA YOGA STUDIO)

相楽 のりこ / NORIKO SAGARA

幼少時代から10年間器械体操の選手として活躍。19歳より12年間タレント、女優として活動する中でヨガを学び始める。自身の経験からストレッチをとり入れた身体にしっかりアプローチしていくプログラムを提案。アウターマッスルはやわらかく、呼吸と共に身体の軸をしっかりつくっていくヨガプラクティスを行っている。2017年3月自身でオーナー兼プロデュースを手がけるヨガスタジオ『TODAY』を東京、千駄ヶ谷にオープン。日常の中にヨガを取り入れる生活の心地よさを伝えていきたいと思い実践を通してシェアしている。「日々の生活の中にさりげなくヨガが溶け込んだ毎日を。自分をみつめる時間を大切にする生活が心と身体の健康につながる。」と、ヨガを取り入れる生活のヘルシーライフを伝えていきたいと思い、さまざまなヨガイベント、メディアに講師として多数出演。 2014年より毎年、バリ島ウブドにて「自然との調和・活性・デトックス」をテーマに自身のヨガリトリートの開催も行っている。日常の中にヨガとストレッチを取り入れる生活の心地よさを伝えていきたいと思い、実践を通してシェアしている。さまざまなヨガイベント、メディアにも講師として多数出演。

資格
JYIA日本ヨガインストラクター協会2級認定
JYIA日本ヨガインストラクター協会1級シニア認定
ヨガニードラセラピスト指導者資格
ASANA MANDALA teacher’s training 80H認定・指導者資格

BODY PRODUCER

池畑 薫 KAORU IKEHATA

ボディプロデューサーやフィットネスモデルとして活躍する池畑薫さん。
凛とした佇まいが美しく心の余裕を感じさせる池畑さん、
「どんなことも将来の糧になる」とご自身の経験を基に
前向きでいられるコツを教えていただきました。

  • Q1.大切にしていること。

    他人を批判しない、執着しない。
    必要以上に干渉することで、嫉妬や妬みなどの感情になり、自分の気分をマイナスにしてしまうため。

  • Q2.どんな人でありたいですか?理想の人物像はありますか?

    どんなシチュエーションになっても楽しめる、心に余裕と強さがある人。そうすれば、周りの人も穏やかで幸せな気分にすることができるから。心に余裕が無くなってきたと感じた時には、ゆっくりと過ごせる時間をつくるようにします。

    丁寧に料理をして、ゆっくり食事をして、たっぷりと眠ること。なんでもない日常を丁寧に味わうと自然と心は穏やかになっていく気がしています。

  • Q3.困難を前向きに乗り越える方法。

    乗り越えたいもので対応は変わると思いますが、悲しいとき、辛いときは、夜中に考え事をしないように。大体は暗い方向に感情が進むので、まず太陽の光を浴びて好きなものを食べて一息して欲しい。そして「大丈夫だよ!」と伝えたい。大きな問題でも冷静に考えたら、小さな課題がいくつか重なっているだけの場合が多いので、できることから一つずつ片付けていくと良いとアドバイスします。ありきたりですが、どんなことも将来の糧になります。たとえば辛くても。

    それは自分自身も経験してきたことなので自信を持って言えます。

PROFILE

ボディプロデューサー

池畑 薫 / KAORU IKEHATA

CMやフィットネス・モデルとして活動する傍ら、あらゆるエクササイズを経験。無理な運動をすることなく、身体本来の美しさを手に入れることができる「ヤムナボディローリング」に出会い、ヤムナ認定プラクティショナーとなる。現在は、パーソナル&グループレッスンからスタジオレッスン、ワークショップまで数多くのレッスンを受け持つ。ヤムナの魅力とともに女性の美容や健康、ボディメイクをサポートしている。

YOGA INSTRUCTER

山瀬 よしみ YOSHIMI YAMASE

ヨガインストラクターの山瀬よしみさん。
エステティシャン経験もあり美容や身体について幅広い知識をもっています。
愛らしい笑顔で周囲の人を虜にする山瀬さんは「毎日の行いを大切に」されていました。

  • Q1.大切にしていること。

    日々を大切に過ごすこと。家族と美味しく食事をとり、笑顔でいること。

    心と体に余裕を持っていられるようできるだけ何もしない1日を作る(たまになまける自分を許してあげる笑)

  • Q2.どんな人でありたいですか?理想の人物像はありますか?

    小学生の頃からオードリーヘップバーンに憧れています。
    内面では、謙虚で思いやりのある人。笑顔で周りを元気にする人。肩の力が抜けたユーモアのある人。

  • Q3.困難を前向きに乗り越える方法。

    どんなに辛い状況でも世の中は変化するということを忘れなければポジティブになれる。と感じています。私自身、先生という立場になってからは、色々乗り越えるタイミングの時は常に「あ!これでまた人間力が高まるかな?」とポジティブに捉えるようにしています。私は元々喜怒哀楽が本当に激しいタイプの人間。その喜怒哀楽に振り回されることに若い頃は私自身とっても疲れていました。そんな時にヨガに出会って喜怒哀楽はありながらも割と自分の感情を俯瞰で見れるようになりました。自分自身に起こる全ての出来事を映画の主人公を見ているような、客観的な感覚で見るようにしています。特に怒るような感情は俯瞰で見るとだいたいそんな怒ることでもなかったり。嫌だなと思うことをされた時も相手の立場で一度考えてみたり、自分の気持ちとうまく距離をとれるようになってからは、平常心を取り戻しやすくなり本当に生きやすくなりました。

    私はいつも笑顔だね〜とよく言われますが、悩みごとはたくさんあります。でも人生にはどうにもできないこともたくさんある。(例えば、私はどんなに頑張ってもオードリーヘップバーンにはなれない)選べるのは行いだけで結果がどう転ぶかなんてわからない。だから今できることを精一杯行うことと毎日の行いだけは大切にしています。願掛けは「やるだけやるからお願いします!」と言えるのが理想的。そして衣食住、全て大切。掃除や洗濯、美味しい食事は基本だと思っています。だから私は「日常にヨガに」を自身のコンセプトとして掲げているんだなぁと話しながら改めて思いました。

PROFILE

ヨガインストラクター

山瀬 よしみ / YOSHIMI YAMASE

1981生まれ。3人兄妹の長女として広島で育つ。10歳から地元広島でバトントワリングとダンスを始め、21歳でダンスを学ぶためNYへ留学。ダンサーとして上京後、自身の腰痛をきっかけにヨガに出会う。はじめて出会ったヨガの先生は往年のオードリーヘップバーンのように伸びた背筋と穏やかな笑顔が魅力的な先生。「こんな風に歳を重ねたいな」と思ったこと、クラス後に感じたなんとも言えない充実感をきっかけにヨガインストラクターを目指す。「日常に”もっと”ヨガを」をコンセプトに展開しているクラスはベヒーからシニアまで幅広い年齢層に向けてシンプルでわかりやすい「伝わるクラス」を心がけている。またJYIA日本ヨガインストラクター協会の講師として6年間インストラクターを育成した経験と、4年間のエステティシャン経験から、ヨガと身体と美容に関する知識と技を生かし、しっかり身体に響く的確な誘導と、優しく丁寧なサポートを感じられるクラスが魅力のひとつとなっている。

JYIA日本ヨガインストラクター協会
3.2.1級取得
JYIA認定ヨガインストラクター育成講師
Yoga.ed認定キッズヨガインストラクター(pre.k k8取得)

YOGA INSTRUCTER / YOGA STUDIO OWNER

木田 まみ MAMI KIDA

ヨガインストラクターでありヨガスタジオの代表も務める木田まみさん。
海のように穏やかでやわらかな雰囲気をもつ木田さんは、
ヨガだけでなくマインドフルネスのリーディングも行うことができ、
お話をしているとほっとした気持ちに導いてくれます。
頑張りすぎてしまう現代女性に向けて、「ありものままの自分を受け入れて」
「自分のための時間をとってほしい」とやさしい笑顔で語ってくれました。

  • Q1.大切にしていること。

    セルフラブ。ありのままの自分を受容することを大切にしています。好きな自分も嫌いな自分も受け入れて、いいところもダメなところも許すことからすべての調和が始まると思います。

    まずは自分が等身大の自分を理解すること。背伸びをせず、ありのままの自分で居られたら、無理なくのびのびと生きられるのではないでしょうか。自分と調和すると周りとも調和できて、それが世界や地球との調和にも繋がっていくのだと思います。

  • Q2.どんな人でありたいですか?理想の人物像はありますか?

    バランスの良い人間になりたいと思っています。どちらか一方に偏るのではなく、常にバランスを保っていたい。それには偏見や先入観のない360度の広い視野が必要です。

    コインの表と裏のように両面を見て、強さと柔軟さ、厳しさと優しさなど、どちらも兼ね備えたバランスの良い人間になりたいです。なかなか難しいですが、マインドフルネスを通して〝あるがまま〟を見つめる練習をしています。

  • Q3.困難を前向きに乗り越える方法。

    私は2018年に乳癌のため右胸全摘&再建手術と左胸の部分切除をしました。自分のおっぱいを失うことは、女性であれば誰もがショックを受けると思います。私自身も最初は信じられない思いでした。でも、ヨガの考え方が視点を変えさせてくれました。ヨガ哲学の中に【サントーシャ 知足】という言葉があります。ないものに目を向けるのではなく、今あるものに気づき感謝するという教えです。自分の姿かたちは変わっても、こうして命があること。早期発見だったおかげで、これからも生きていくことができるのは、なんて恵まれているんだろうと思いました。人生は思うようにいかないことも多いですが、すでに与えられているものに目を向けると、小さな幸せに気づけて感謝の気持ちが芽生えるのではないでしょうか。

    乳癌の体験から、自分の体は自分で守るという大切さも身に沁みて感じました。女性は自分のことは後まわしにして、家族や仕事に尽くして頑張りすぎちゃう方が多いように思えます。毎日1時間でもいいから自分のための時間をとって、ヨガや瞑想で心と体のケアをしながら、自分では分からない部分、例えば乳癌検診などは定期的に受診していただきたいと強く願います。女性が笑顔で元気に過ごすことが、世界のHAPPYに繋がると信じています!

PROFILE

ヨガインストラクター / ヨガスタジオオーナー(Maulea Yoga Studio)

木田 まみ / MAMI KIDA

2013年ハワイのオアフ島に長期滞在中、友人に誘われたビーチヨガに軽い気持ちで参加して、初めてヨガを体験する。
その時の先生が、ヨギーニでアーティストでもあるMiroさん。体が硬かったのもあり、元々はヨガに興味が無かったが、終わった後の爽快感とMiroさんの魅力に引き寄せられ、ハワイ滞在中にスタジオレッスンにも通い始める。ヨガをしていくうちに、頭の中でゴチャゴチだった思考が綺麗に整理されクリアになっていく感覚に驚く。本当の自分、素直な気持ちに出会い心がスッキリする。これがヨガをする本来の目的だと知り、ヨガの恩恵に感銘を受ける。この素晴らしさを東京でもっと広めたい!と強く思い、ヨガスタジオを開けるという目標を持つ。帰国後、2014年に恵比寿でヨガスタジオMauleaをオープン。2018年7月、開業当初からの夢であったMiroさんによるティーチャートレーニング開催が決定。それに伴い、自身も学びを深めようという想いから、一人一人の個性を大切にするイシュタヨガでRYT500を取得する。

イシュタヨガ全米ヨガアライアンス認定(RYT500)修了
イシュタヨガ マタニティヨガTT修了
全米ヨガアライアンス認定 産前・産後ヨガ(RPYT85)修了
マインドフルネス指導者養成講座 修了
JMPO認定マインドフルネス実践講座修了
ピンクリボンアドバイザー中級 取得

EVENT INFO

DANSKIN ONLINE EVENT
“ココロとカラダに空間を”

2021年3月7日(日)8:00 ~17:00
ダンスキン公式インスタグラムにてライブ配信。

インタビューにお答えいただいた4名が出演するダンスキンオンラインイベント。3月7日はダンスキンと一緒に過ごしませんか?イベント当日は、鎌倉より生配信します。1日の終わりにはきっと、強さとしなやかさを兼ね備えた新たな自分、未来へのパワーが生まれているはず。