主催:片山津温泉観光協会
協力:中谷宇吉郎記念財団、中谷宇吉郎 雪の科学館、映像ワークショップ合同会社
協賛:株式会社ゴールドウイン(フィッシャー事業グループ)

2022年1月16日(日)に行われた「中谷宇吉郎・雪の教室 - 雪とスキー道具 -(主催:片山津温泉観光協会)」に協賛しました。「雪は天から送られた手紙である。」という名言を残した中谷宇吉郎博士から、雪とは何か?を学ぶトークセションの配信になります。ぜひご視聴ください。

本編動画(83min.)

- SKIING IS NOT A LIFESTYLE. IT’S LIFE. –
ウインタースポーツは、私たちにとって全てを意味します。スキーメーカーとして約100年の歴史を持つフィッシャーは、あらゆるレベルのアスリート、あらゆる趣向のユーザー・プレイヤーに向けて、ウインタースポーツの心と魂を、その製品に埋め込むことでブランドを育ててきました。
フィッシャーはこれまで「雪」と生きる人々をサポートし、「雪」と共に生きてきました。私たちはいま一度、スキーを、そしてフィッシャーというブランドの自然観と生命観を見つめ直したいと考えました。
つまり「雪」とは何か?という根源的な問いを、改めて探求しようという試みです。
素朴な問いかけを続ける中で、ある一人の偉大な実験物理学者に巡り合うことが出来ました。

「雪は天から送られた手紙である。」
この言葉を残した中谷宇吉郎という科学者に、私たちは感銘を受けて「雪の教室」と銘打ったトークセッションを2022年1月16日(日)に、博士の故郷である石川県加賀市片山津温泉で開催いたしました。

中谷宇吉郎
Nakaya Ukichirou
(1900-1962)

1900年7⽉4⽇、⽯川県加賀市⽚⼭津温泉に⽣まれる。
1925年東京⼤学理学部卒業後、理化学研究所で寺⽥寅彦に師事。その後イギリスに留学。1932年に北海道⼤学理学部教授となり雪の研究を始める。
1936年3⽉12⽇、⼤学の低温研究室にて⼈⼯雪を作ることに世界で初めて成功。気象条件と結晶が形成される過程の関係を解明した。
他にも凍上や着氷防⽌の研究など、低温科学の新しい分野を次々に開き、晩年はグリーンランドの氷の研究に⼒を注いだ。科学研究のほか、随筆、絵画、科学映画などにも優れた作品を残している。

「雪の教室」にご参画いただいたのは、中谷宇吉郎博士を知る最たる二人の協力者。中谷宇吉郎ゆかりの地、「中谷宇吉郎 雪の科学館」古川義純館長と、博士を敬愛して創刊されたファンジン「イグアノドン」明貫紘子編集長。
- 役に立つ科学 - を標榜実践された、中谷宇吉郎博士の研究からは、地球の気候変動の問題から、現代の文明発展の基礎研究にまで、その驚愕的なる自然観と先見性を感じざるを得ませんでした。中谷宇吉郎博士が、雪の結晶を通して覗いた世界をぜひご覧ください。

「⼈間の眼が、いまの⼗倍か⼆⼗倍くらいに拡⼤されたら、雪⼭など、もったいなくて、とても歩かれないであろう」
中⾕宇吉郎「誰も⽣まれないまえから雪は降っていた / 極北の氷の下の町」より

古川 義純

中谷宇吉郎雪の科学館館長/北海道大学名誉教授
日本結晶成長学会の会長や、北海道大学の低温科学研究所の所長などを歴任し、国際宇宙ステーション「きぼう」で氷の成長の宇宙実験を行ったことでも知られる。

雪の科学館
北海道大学低温科学研究所

明貫 紘子

イグアノドン編集長/キュレーター/メディアアート・アーカイブ研究者。SKIPCITY映像ミュージアム、NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]学芸員。inter media art institute Duesseldorf(imai、ドイツ)の客員研究員などを経て、現在、映像ワークショップ代表。

photo_fischer.jpg

フィッシャーは1924年からスキー製造の事業を行ってきました。以来、フィッシャーは世界的なスポーツ用品ブランドとして成長してきました。 私たちは個人経営の同族会社であり、事業は「家業」として取り組み続けており、ウィンタースポーツの心と魂を、その製品に埋め込むことでブランドを育ててきました。

詳しくはこちらへ(ブランドストーリー)

無限のバックカントリー/クロスカントリーアドベンチャーを楽しむためには、SKIINGとTOURINGのハイレベルなブレンドが求められる。スキーにはクロスカントリー性能に加え、深雪での浮力を保持した上での走破性能やアルペンゲレンデレベルのダウンヒル性能を備えたS-BOUND。元より装備のCROWNグリップソールによる登坂性能に加え、登坂用シールスキンをオプション装着できる機能も搭載。もちろん雪上で素早い着脱が可能だ。
ブーツには保温性と耐水性に優れ、雪上でのウォーキングにおいても自由度の高い機動ができるOTXシリーズを、アドベンチャーフィールドでのクロスカントリーに是非とも奨めたい。

この製品を含むフィッシャーノルディックプロダクトに関するお問い合わせや相談はフィッシャーチューニングベースまでお気軽にご連絡ください(TEL. 03-6260-8555)。
モデル名にある「ONE」、このワードには、すべてのスキーヤーが、「ひとつ」のスキーのもとに、集い、滑り、語らい、楽しむ...そんな願いを込めている。ゲレンデでのオールラウンドなアルペンスキーに求められる「あらゆるコンディションで平均点以上」の性能バランスを実現している。
RC ONEはのアルペンスキーをスポーツ、リクリエーションとして楽しむためのメインシリーズ。エキスパートに向けた高機能モデルから初心者モデル、さらにライトウェイト感を高めたWOMENモデルまで豊富なラインナップで取り揃えている。
RANGER ONEシリーズは快適性と機能性がバランスよく備わったマルチユーズモデル。ショップ設置の専用マシン「VACUUM STATION」を使用して、シェルの熱成型やスタンスの微細な調整が自分の足に合わせて簡単にできるのも大きな特徴で、フィッティングにも優れた機能を持ち合わせている。

この製品を含むフィッシャーアルペンスキープロダクトに関するお問い合わせや相談はフィッシャーチューニングベースまでお気軽にご連絡ください。

このサイトのご利用について

当サイトで公開してる全ての文章、画像等の著作権は制作者にあります。無断転載や営利目的、非営利目的などの行為は禁止です。

推奨ブラウザ

当WEBサイトはInternet Explorer(※9.0以上)、Chrome、Firefox、Opera、Safari(Mac only)の最新バージョンでご覧になる事を推奨いたします。

JavaScriptについて

当ウェブサイトは各ページにJavaScriptを使用しております。
ブラウザの機能を無効にされている場合機能、表示が正しく動作されません。JavaScriptを有効にしてご覧ください。

FISCHER TEST CENTER

FISCHER TEST CENTER

FISCHER TUNING BASE TOKYO

FISCHER TUNING BASE TOKYO

NORDIC

×CLOSE

ALPINE

×CLOSE