Goldwin 館澤亨次選手とアスリートサポート契約を締結

Goldwin 館澤亨次選手とアスリートサポート契約を締結

Goldwinブランドは、2022年4月1日より館澤亨次選手(DeNAアスレティックスエリート所属)とアスリートサポート契約を締結しました。Goldwinブランドのアスレチックライン・C3fitシリーズを着用してトップアスリートを目指します。

プロフィール
1997年5月16日生まれ。神奈川県横浜市出身。
2019年の東京箱根間往復大学駅伝競走では8区・区間2位の力走で、母校の東海大学の総合初優勝に貢献。さらに2020年の同大会では6区を走り区間新記録を樹立、今もなお区間記録保持者として名前を残している。現在のメイン種目である1500mを本格的に取り組み始めたのは2017年から。同種目では2017年・2018年の日本陸上競技選手権大会で2連覇、2020年には3度目の優勝を果たしている。2018年のアジア競技大会では日本代表入りも果たすなど、日本トップレベルのランナーの一人。

館澤選手コメント
今シーズンよりゴールドウインのレース用ユニフォーム・トレーニングウェアを使用することとなりました。私自身の目標である「陸上競技中距離種目で、世界大会で戦いたい」という思いに強く共感してくださったゴールドウインが手がけるウェアとともに世界大会を目指していけることが非常に嬉しく、そして楽しみです。
ゴールドウインのウェアはどれも着心地が良く機能性も優れており、さらに自分の用途に合わせて使い分けができるバリエーションの豊富さがあります。どのウェアを使ってトレーニングをするか、考えるだけでもモチベーションを上げてくれるものばかりです。スポーツ選手には重要な要素である疲労回復の面でも、リカバリーウェアやリカバリータイツなど回復機能を支えてくれるものが多くあります。こうしたウェアの更なる進化と普及に協力させていただけることがすごく嬉しいですし、私自身もともに成長していけるように頑張っていきたいと思います。
新たなウェアを身につけてレースに出場できる事が非常に楽しみです。今後とも、DeNA アスレティックスエリート館澤亨次の応援をよろしくお願いいたします。

経歴
埼玉栄高校 〜 東海大学 〜 DeNA

近年の主な競技成績
2021年5月9日「READY STEADY TOKYO-陸上競技」
男子1500m 優勝/3分42秒88
2020年10月2日「第104回日本陸上競技選手権大会」
男子1500m 優勝/3分41秒32
2020年9月19日「第68回全日本実業団陸上競技選手権大会」
男子1500m 優勝/3分40秒73
2021年5月16日「第63回東日本実業団陸上競技選手権大会」
男子800m 優勝/1分48秒64(大会新記録)

関連商品

一覧へ戻る