2019 Summer Journal #08 2019 Summer Journal #08

ジョスラン・ランボコラム「My TOYAMA」 Josselin Rimbod Column "My TOYAMA"

En

Ja

富山の中でこれが僕の一番好きな眺め。晴天の中、雪が積もっている立山連峰の景色を見ることが大好きなんです。

This is my favorite view in Toyama. I always loved to see Tateyama Range covered by snow when on a very clear weather.

ジョスラン・ランボ
フランス・ヴァンデ出身。16歳でパティスリー業界に入る。フランス・イタリア・デンマーク・カナダの一流ホテルやレストランで腕を磨く。その後、フレンチポリネシアにある世界屈指の5つ星ホテルに引き抜かれ、国籍の違う多くのお客様にフランスの味を提供してきた。2013年に日本で開業。今までの経験とフランス人ならではの感性で、日本の素材を巧みに使い、地場とのコラボレーションをテーマとした商品を開発提供。20種類以上にもある、作り出すマカロンは鮮やかで美しく、どの種類も素材の味が最大限に活かされ、男女年齢問わず甘いものが苦手な方でも楽しむことができる。

Josselin Rimbod
From Vendée, France. At age 16, he entered the pastry business. He polished his skills at top hotels and restaurants in France, Italy, Denmark, and Canada. After that, he was pulled to the worldʼs leading five-starhotel in French Polynesia, and provided French flavor to customers of many different nationalities. He opened his business in Japan in 2013. He develops products with themes of local collaborations by using his experiences thus far and his sensibility as a French person, and clever use of Japanese ingredients. The over 20 varieties of macarons he makes are vividly-colored and delicious. All the varieties maximize the flavor of the ingredients, and are enjoyed by everyone, from men to women to even people who do not like sweets.

2019年7月31日(水) Jul 31st, 2019

写真と文章: ジョスラン・ランボ

Photo & Text: Josselin Rimbod


LATEST ARTICLES

最新記事

En

Ja