2019 Fall - Winter Journal #01 2019 Fall - Winter Journal #01

イントロダクション Introduction

En

Ja

東京からニュージーランド・オークランドまで直行便で約11時間。時差はサーマータイムで4時間、冬には3時間。北半球から南半球への移動の先にある気候の違いは、違う土地に来たということを強く意識させる。気候も違えば、その土地にある文化も異なる。ニュージーランドで出会ったのは、自然との関わりを深く考え、向き合う人々だった。それは自分のライフスタイルを豊かにするために当然のことのように語られる。そうした姿勢は、一杯のコーヒーでも、スケートボードでも、陶器でも、自然の恵みをプロダクトにすることでも、美味しい食事でも、世界中から人々が訪れるホテルでも、根底で共通しているように思える。そして身体的に自然を存分に楽しむことも忘れない。Icebreakerが生まれ、その原料であるメリノウールが育まれる土地、ニュージーランド。今回は最大都市である北島・オークランド、大自然に抱かれる南島・クイーンズタウンを巡る。

A direct flight from Tokyo to Auckland, New Zealand takes around 11 hours. There is 4 hours time difference during summer, 3 hours during winter. The climate difference between two hemispheres makes us realize the arrival to this country. The climate influences the country’s culture. In New Zealand, we met people who care about their relationship with nature and are willing to face it. They talk about the topic as an obvious way to enrich their lifestyles. This attitude flows in each individual’s life, whether it relates to a cup of coffee, skateboards, ceramics, making products from natural bounty, delicious food and drink, or hotels that are visited by people from all around the world. Of course, they never forget to embrace the joy of experiencing nature to their heart’s content. This is New Zealand, the land where Icebreaker was born, and where merino wool, its raw material, is cultivated. This time, we travel around Auckland, the largest city on North Island, and Queenstown, a nature-rich haven on South Island.

2019年10月18日(金) Oct 18th, 2019

写真: 山田薫
映像: 嶋貫泰至
文章: メディアサーフコミュニケーションズ株式会社

Photographer: Kaoru Yamada
Cinematographer: Yasuyuki Shimanuki
Text: Media Surf Communications Inc.


LATEST ARTICLES

最新記事

En

Ja