2020 Spring - Summer Journal #01 2020 Spring - Summer Journal #01

Introduction: Wellington Introduction: Wellington

En

Ja

ニュージーランドの首都であり、北島最南端の街、ウェリントン。空港を降り立つと、早速「風の街」の強い風の出迎えを受けた。市街地を訪れると、コンパクトな街並みの中に、ふと足を止めたくなるレストランやカフェ、ショップが集まっている。市街地を少し離れれば、海があり、山があり、都市でありながら自然との距離がとても近い。訪れた時期は春から夏への変わり目。これからの季節を祝うように屋外で日光の下、思い思いに過ごす人たちが、こちらまで楽しい気持ちにしてくれた。そんな街では、今回何かを作る人々に多く会う機会に恵まれた。

ナッツバター、ビール、ジン、石鹸、陶器、サーフボード。もちろんただ作るのではない。自然、環境、コミュニティ、自分を取り巻く状況に対して正直に、そして楽しむために作っている。そして人々と自然の相互作用を引き出そうとする生態学者とも出会うことができた。ウェリントンには都市、自然、人々の良好な関係がある。そこには多くの学びがある。

New Zealand’s capital Wellington is on the southernmost edge of the North Island. From the moment we land, we are welcomed by the strong winds that have given this city its title “the Windy City”. While the city is compact, we find ourselves stopping at almost every restaurant, cafe or shop. And if you drive a little further out, you’ll find the ocean, the mountains, and even in the city you’ll always find yourself close to nature. We visited just as spring was turning into summer, and you could feel the excitement in the air. People came out and bathed in the sun, celebrating the seasonal transition.

It is here in this beautiful city that we were blessed with the opportunities of meeting so many makers. From nut butter to beer, and from gin to soaps, ceramics to surfboards. They don’t just make, they create thinking about the nature, environment and community that surrounds them, and they love what they do. Among these creators we also met an ecologist, who works to bring people closer to nature. Here in Wellington, there’s a good relationship between the city, nature, and people, from which there’s much to learn.

2020年2月5日(水) Feb 5th, 2020

写真: 山田薫
文章: メディアサーフコミュニケーションズ株式会社

Photographer: Kaoru Yamada
Text: Media Surf Communications Inc.


LATEST ARTICLES

最新記事

En

Ja