2020 Fall - Winter - Journal #03 2020 Fall - Winter - Journal #03

ライフスタイルコーディネーター - 山藤陽子 Lifestyle coordinator - Yoko Yamafuji

En

Ja

物を選ぶ時、一体何を考えているだろうか。形、色、値段、重量、流行り、ブランドなど、さまざまな判断基準にそって意識的に選ぶこともあれば、直感的に手を伸ばすことも案外多い気がする。ちなみに私は、気が付くとブルーかイエローの物が身の回りに溢れていて笑ってしまう。

ライフスタイルコーディネーター山藤陽子さんが営むサロンを訪ねると、そこには衣食住にまつわる選りすぐりの日用品が並んでいた。大抵の物はオンラインショップで購入できてしまう今こそ、物の選び方や好みについて考えを巡らせるにはいい機会かもしれない。

What is important to you when you choose a product to buy? Aspects like shape, color, price, weight, fashionability, and brand are all conditions of our conscious decision-making, but surprisingly often, it comes down to intuition. Incidentally, it makes me smile to find I am wearing so much blue or yellow.

Visiting the salon run by lifestyle coordinator Yoko Yamafuji, I spy a fine selection of everyday items related to clothing, food, and living. In an age when most things can be bought online, this might be a great opportunity to think about the way we make choices and what we like.

Interview 「心地よい裏切り」

見た目が好みの物に出会っても、手に取ってみたらなんだか違和感があって買うのをやめたなんて経験は、誰しも身に覚えがあるのではないだろうか。「私は、物が肌に触れた時の感覚を大切にしています。手に取った時に『気持ちいいな』と感じるかどうか」。山藤さんはYORK.という屋号の下、ブランドコンサルティングや化粧品の商品開発なども手掛けている。その全ての活動に一貫しているテーマは「気持ちいいこと」。

「気持ちのいい物で日常が満たされていたら、もうそれだけで幸せじゃないですか」と、やわらかな笑顔で語る山藤さん。身の回りをお気に入りのアイテムで満たすことはつまり、自分自身のケアにもつながる。「心がほぐれると身体もリラックスできて調子が良くなるし、人にも優しくなれるし、いいこと尽くしなんですよ」。

Interview “Hidden comfort”

I am sure anyone can recall a time they didn’t buy something they liked the look of because when they picked it up, it did not feel right. Yoko said, “I put a lot of trust in the way something feels—whether it ‘feels good’ when I pick it up.” Under her business trading name YORK., she provides brand consulting, cosmetics product development, and more. The theme that unites all of her work is “feeling good.”

Smiling gently, she added, “Being surrounded by things that feel good, isn’t that happiness right there?” Wearing or having things that you like, in other words, is self-care. “When you relax mentally, your body relaxes and you feel better. You become kinder too, so it is nothing but good.”

クローズドだけどフレンドリー、優しい強さ、軽くて丈夫。一見相反するように感じる言葉を多用されるのが印象的だったのだが、「個性が全面に出ている物よりも、内に秘められて深みがある物の方が魅力的だなと私は思うんです」という答えが返ってきた。これは彼女のアウトドアブランド好きにも通ずる所があるようで、「例えば旅行グッズって、機能性重視でデザインはシンプルな物が多いですよね。これ見よがしの表面的な主張は少ないけど、実は高機能がぎゅっと詰め込まれているというのが好きで」。YORK.の活動で大切にされている「心地よい裏切り」というキーワードにも納得がいく。

山藤さんがIcebreakerを知ったのは、普段通りに何気なく立ち寄ったアウトドアショップがきっかけだったそうで、「手に取った時の気持ち良さに惹かれて、それからずっと愛用しています。さらりとしたストレスフリーな着心地がいいですよね」。また、ニュージーランドの自然と人との関わりに丁寧に向き合い続けているIcebreakerは、そのブランドスピリットも注目を集めている要因の1つ。「羊にも生産者にもユーザーにも愛を感じます。ものづくりの背景を知れば知るほど、ブランドに対しての愛着が深まりました」。

Closed yet friendly, kind power, light robustness. At first glance, these appear to be a barrage of opposites, but Yoko commented, “Rather than things that put individuality first, the products I find most appealing are those that conceal a real depth.” This applies to her favorite outdoor brand too. “Take travel gear—a lot of it has basic design and focuses on practicality. I love the fact that there is nothing flashy about it, but it is jam-packed with functionality.” This is where the motto of YORK. comes from: “Hidden comfort.”

Yoko first encountered Icebreaker at an outdoors shop she casually dropped by. “It just felt great when I picked it up and since then, I have been wearing Icebreaker. The smooth, stress-free comfort is amazing.” Icebreaker, which has continued to engage with New Zealand’s great outdoors and its people, is one reason why the brand spirit attracts attention. “You feel the affection for sheep, the producer, and the consumer. The more I find about the manufacturing process, the more I love the brand.”

ご自身でアロマの調香なども手掛けられる山藤さん。今回製作されたIcebreakerの為のミストは、メリノウールとニュージーランドの自然がもつ「強さと優しさ」をイメージしたボタニカルミストとなっている。「メリノのしなやかさ、ウールのふんわりとした甘さを表現できればと思いました。そしてニュージーランドからヒントをもらって、マヌカの爽やかで淡い甘みをそこにミックスしています」。また、このミストにはメリノウールを守る虫除け効果も備えていて、ウッドチップに染み込ませてクローゼットに入れておけば大切な衣服を守ってくれるという優れもの。

山藤さんは、2021年に新たなパフュームブランド『SCENT OF YORK』をローンチすることが決定している。数量限定での製作をとなるそうだが、「もし追加で製作することになっても、調香する際の部屋の環境とか、使用する精油自体にも微差がありますし、全く同じ香りに出会ることはありません。その時々の些細な違いも含めて、楽しんでいただけたら嬉しいです」。

さて、近頃では人の往来に対する制限は緩和されてきたとはいえ、「買い物に出かける以上、お客様はリスクを負って来てくれるわけで。そう考えるとより一層、ちゃんとみなさんに応えなければという想いが強くなりました」。物の選び方はもちろんなのだが、その物の魅力を人に伝える役割もとても重要だと山藤さんは語る。「人から話を聞いて、手に取ってみて、初めて魅力に気付ける物もあると思うんです。ただ私は、あなたにはこれが似合いそうだと決めつけて薦めたりはしないように心がけていて。足を運んでくださったお客様にとって、このサロンが何かの気付きの場になれたら嬉しいです」。

Yoko also has a line of essential oil aromas. A mist she created previously with Icebreaker is now a botanical mist inspired by the “power and kindness” of merino wool and New Zealand’s nature. “I wanted this to embody the smoothness of merino and the billowing softness of wool. It is mixed with hints of New Zealand like the fresh semi-sweetness of manuka honey.” Like merino wool, the mist also repels insects and by dousing woodchips in it and placing them in your closet, your clothes will stay at their best.

Yoko has now decided to launch SCENT OF YORK., a new perfume brand, in 2021. It will be available in limited batches, but “even if we produce additional products, you will never have exactly the same fragrance twice because no two rooms are the same and because of minor variations in the essential oils used. I hope people will enjoy those occasional little shifts.”

Lately, the restrictions on people coming and going have been lifted, but still, “Our customers are taking a bit of a risk when they go out shopping. That redoubles my desire to make sure we are serving them even better.” Yoko finds that selection is one thing, but the role of communicating the qualities of products is a vital role. “There are some things that you hear about from others but only realize how good they are when you pick them up. But for me, I make sure that we are not pushing customers into products by telling them how well they suit them for example. I hope that this salon is a place where customers who come in can discover things for themselves.”

2020年の春を振り返ると、ご自身の生活環境に大きな変化はなかったそうだが、「家で過ごす時間が増えて、いろいろなことを見直すいいきっかけになりましたよね」と話す山藤さん。例えばサステナブルやヒュッゲなどをただの流行語として聞き流すのではなく、ようやくその本質に気付けた人もいるのではないだろうか。「いかにお金を使うかではなくて、気心知れた人と集まってゆっくりごはんを食べることの大切さとか、心を豊かにする時間を大事にできる世の中になってほしいとずっと思っていたので、それは喜ばしいことですね」と、最後に山藤さんが和かに添える。「これからはお外に出ていくことばかりではなく、家の中で心地よく過ごすことにも目を向けて、自分のご機嫌を取りながら過ごせる人が増えたらいいなと思います」。

2020 Fall - Winter - Journal 特設ページはこちらより
icebreaker/journal04

Thinking back to the spring of 2020, Yoko did not see any big changes in her living environment, but, she said, “I spent more time at home, which was a good opportunity to review a lot of things.” For example, some people may have realized the value of things like “sustainable” and “hygge” instead of just hearing them as buzzwords. “I have always wanted to live in a society where people focus not on how to spend their money, but rather on getting together with friends and family for a long and lazy meal in a world that allows the time for spiritual enrichment. That would be delightful.” Finally, she added gently, “Wouldn’t it be good if more people would take a break from going out all the time and rather relax and enjoy the comfort of their own homes if the mood takes them?”

2020 Fall - Winter - Journal
Click here to visit our special page
icebreaker/journal04

ライフスタイルコーディネーター - 山藤陽子

山藤陽子(Yoko Yamafuji) / ライフスタイルコーディネーター・YORK.代表。「気持ちいいこと」をテーマに、ブランドコンサルティングや化粧品の商品開発など幅広く活動。2015年にオープンしたサロン・HEIGHTSには、日常にまつわる気持ちいいセレクトアイテムが並んでいる。

Lifestyle coordinator. Head of YORK. Under the theme of “feeling good,” she has a broad range of business activities from brand consulting to cosmetics product development. Opened the salon Heights in 2015 featuring a selection of feel-good everyday products.

2020年10月4日(日) Oct 4, 2020

写真: 山田薫 文章: 藤本麻子,メディアサーフコミュニケーションズ株式会社

Photographer: Kaoru Yamada Text: Asako Fujimoto,Media Surf Communications Inc.


LATEST ARTICLES

最新記事

En

Ja