ココロとカラダをニュートラルに整えながら生きる。
それは一日のフロー、様々な人々とのコミュニケーションの中で、
心地よくニュートラルな、自分だけの「ISM」を見つけること。
舞台はLA。
毎日の食や運動、快適な暮らし方とそこに息づくカルチャー。
様々な角度から、ニュートラルに生きるヒントをマンスリーで紹介します。

REPORTER / ROSE
LA在住のNeutralist(ニュートラリスト)。運動、食、遊び、ファッション、
そしてアティテュードまでNeutralでいる事を常に追求しています。
ヨガインストラクターWorld Yoga Alliance YTT200認定。

ISM-04

トレイルハイキングでココロとカラダをメンテナンス

  • 皆さんこんにちは!ローズです。
    あっという間に11月。肌寒い季節の到来ですね。
    気温が下がってくると、自然と室内で過ごす時間が増えてしまうもの。意識していないと外でカラダを動かす機会も減ってしまいますよね。比較的1年中温かい日が多いLAでも、これからの季節は肌寒くなるので、私も出来るだけ継続的に外でココロとカラダをリフレッシュさせる事を心掛けています。
    とは言え気温が低くなると、やっぱり外でエクササイズするモチベーションを上げるのは難しいですよね。そんな時はハイキングがお勧め。景色を楽しみながらハイキングしていると、あっという間の感覚で長時間のエクササイズが出来てしまいます。舗装されていないトレイルを1マイル歩くと、約500カロリーも消費できるそう!
    そんなトレイルハイキングには、カロリー消費以外にもカラダに嬉しいコトが沢山あるんです。今回はトレイルハイクにフォーカス。私も大好きなLAのRunyon Canyonトレイルを御紹介します。
    アメリカの中で2番目に人口が多いLA。大都会ではあるものの自然も見つけられるんです。LAだけで133ものトレイルがあります。Runyon CanyonはLAローカルにも人気なトレイルの1つ。その場所は何と、グラミー賞などが開催されるシアターもある観光地、ハリウッドブルバードから車で5分ほどの所。

  • Runyon Canyonトレール入り口を背にして見た風景。「こんなところに?」と疑ってしまうほど、場所は本当にハリウッドの住宅街。
    Runyon Canyon入り口サイン。この門を通るとハリウッドが一転、LAの自然が残る美しいトレールが始まります。
  • 「都会の直ぐそばに、こんな自然があるなんて!」Runyon Canyonに行くといつも思います。
    ハリウッドの住宅街に突然トレイルの入り口があるのですが、その門を通れば中は別世界。LAの原形を思わせる自然が広がっています。コースは1.6マイル、2.7マイル、3.5マイルの3コースあり、一番高いポイントの標高は約1,300フィート。舗装されていて歩きやすいコースもありますが、私が好きなのは始めから終わりまで補装されていない1.6マイルコース。短いですが、なかなか急斜面のデコボコ道を歩くと程よく心拍数も上がり汗が滲んできます。

    入り口直ぐにあるトレールマップ。3つのコースから自分に合ったトレールを選んで進みます。舗装されたロードもあるので、お散歩気分で歩きたい人にも〇。
    トレール始まりは殆ど傾斜が無くのんびり。天然のサボテンやパームツリーを楽しんでいると、自分がハリウッドに居る事を忘れてしまいます。
  • 歩幅をかなり大きくしないと登れない急斜面を越えると目に映るのは、息をするのも忘れてしまうほどの素晴らしい景色。有名なハリウッドサイン、ダウンタウンのビル、ハリウッド、サンタモニカと海。LAの街並みを一望に見渡すことが出来ます。自分は自然の中に立っているのに都会の景色がミックスされて目に映る、不思議な感覚です。

    ほどよく心拍数も上がってきたころで、なかなかチャレンジングな急斜面が。LAを一望しながら上るデコボコ階段はトレールのハイライトの1つ。
    急斜面を登りきると、360度LAの街並みが見渡せるオープンロードに。LAのダウンタウンを背に、すぐ目の前の頂上まで一気に登り切ります。
  • ここでいつも思うのが「都会の中でも自然は見つかる」という事。忙しい日々の中で、実は直ぐそばにある自然に意識がいかない事もしばしば。遠くへ旅をしなくても小さな自然は私達の周りに見つかるのです。それに気付けるかが大切。トレイルハイクはそんな意識への近道かもしれませんね。外で身体を動かすことは脳に良い刺激を与え、集中力の向上、ストレス軽減にも効果があります。エクササイズだけじゃない、トレイルに行けばココロとマインドも整えられるのです。

    頂上から見るハリウッドサインは格別。右を向けばダウンタウン、後ろを向けばサンタモニカと海。自然に居ながら大都市を見下ろす感覚はRunyon Canyonならでは。

    温かい室内が心地良い季節。あえて外に出てカラダを動かしてみると、きっとココロとカラダのバランスに気づくはず。皆さんも今週末は、近くの自然を探すハイクへ出かけてみては?

ISM-03

Farmer’s Marketの新鮮食材でヘルシー&ハッピーライフ

  • 皆さんこんにちは!ローズです。
    暑い夏も過ぎて季節は秋。この時期に私達のテンションを上げてくれるのは、夏の日差しを存分に浴びて美味しさを凝縮した旬な食材。まさに食欲の秋の到来ですね。
    外食が多かったけれども、最近は家で食事をいただく機会が増えた方も多いのでは。自宅で一から食材を調理して、出来たてのお料理を味わう。そんなシンプルな幸せを再確認しているのは私だけではないはず。新鮮な材料から作る食事には格別な美味しさがあります。
    ハッピーライフには健康が不可欠。毎日の食事で身体に取り込む栄養が健康を作り、不調を整えてくれるので、日々の食事の原材料は私達の生命の素。
    そんな大切な食材を取り揃えるのに私が愛用しているのがFarmer’s Market。LAには90以上のFarmer’s Marketがあり、毎日LAの様々な街で週1日か2日で定期的に開催されています。

  • Marketには沢山のテントが並び、各農家さんのFarmで収穫したて・作りたてのアイテムを販売しています。
    アプリコットだけでも、こんなに沢山の種類が。農家さん独自のブレンド種を作っていたり、他では見つからない美味しい種類がみつかります。
  • Farmer’s Marketでは農家の皆さんが採れたてを直売してくれるので、新鮮で旬な食材が手に入ります。野菜や果物以外にもナッツ、ハチミツ、オリーブオイルや卵、新鮮なシーフードやオーガニックパン、デザートやお花など、様々なものが手に入ります。各Farmer’s Marketで内容もそれぞれ。今回は、そんな紹介しきれないほどバラエティー豊かなLAのFarmer’s Marketの一つ、トーランスFarmer’s Marketをレポートします。

    ナッツやドライフルーツの種類も豊富。殻付きのアーモンドなど、レアなアイテムが見つかるのもFarmer’s Marketならでは。
    フルーツ農家さん手作りのジャム。旬のフルーツを使っているから季節限定のフレーバーで毎回楽しませてくれます。
    いかにも“獲れたて!”なフルーツ。“そのまま”な陳列もMarketらしい。
  • そもそもアメリカでFarmer’s Marketが始まったのは1634年。その後スーパーマーケットの登場で1700年~1900年初めにかけて数は激減、それでも近年の健康志向が追い風となり1994~2006年の間で300%増、今では各地域に住む人達の生活の一部になりました。アメリカ国内でFarmer’s Marketのリバイバルが早かったのが実はLA。1981年から逸早くFarmer’s Marketを生活に取り入れてきました。トーランスFarmer’s Marketも1985年から今日までずっと、地域の人達に「新鮮」を提供し続けてきた歴史のあるマーケットです。
    マーケットは各農家さんのテントが並び、本当に様々な食材でいっぱい。見たことも無いような野菜や果物も、農家さんが調理法・栄養素など丁寧に教えてくれるので、新しい食材を発見して取り入れていけるのもFarmer’s Marketの良いところ。スーパーには無いものや、あっても調理法が分からないものも、Farmer’s Marketでは試してみたくなるのです。農家さんが愛情を込めて育てた食材を、最適な状態でいただけるように農家さん本人からレクチャーしてもらえる機会なんて、なかなか今の時代では無いもの。自分が食べる食材が誰によって作られたか、どこから来たかが分かる事で、その食材に対する有難みも増して更に美味しく感じられます。

    ”どれが美味しい?“と聞けば、農家さんが甘いものを選んでくれたり。作り手さんとのコミュニケーションもMarketの良いところ。
    一見芝生の様な緑も実は青汁用。フレッシュなグリーンで作るグリーンジュースは栄養も満点!
  • スーパーに行けば食材がいつでも手に入る時代。この便利さで、食材を有難く思う気持ちや農家さんへの感謝の気持ちが薄れていたなと、Farmer’s Marketに行くと気づく事も。“新鮮な食材を食べられる”、そんな日々の当たり前の中にある大きな幸せを再確認して、それを提供してくれる農家さんに感謝が出来ると、毎日の食事が本当に幸せなものになります。

    新鮮食材たっぷりの食事は健康を作り、ハッピーを呼ぶ。シンプルだけど大事な事。
    皆さんも次回のお買い物は、近くの八百屋さんに足を運んでみると幸せな発見があるかもしれません。

    沢山のテントをまわって小腹が空いたらポップしたてのケトルポップコーンをパクリ。少しだけお砂糖を混ぜてポップするポップコーンはFarmer’s Marketの定番。病みつきになります。

ISM-02

Neutral days. Happiness is not cancelled.

  • こんにちは。Roseです。
    夏休みも終わり今年も後半に入ったものの、
    コロナの問題は未だに私達の生活に様々な変化を齎していますね。
    そんな中でもLAの人達は笑顔を絶やさずエネルギーがいっぱい!
    美味しい食べ物や外での健康的なアクティビティー、
    ビーガンアイスだって我慢は無し。
    皆それぞれ自分なりのNeutralを保ち、
    毎日前向きに過ごしています。
    一体LAのどの様な生活が、
    彼らのポジティブなマインドを支えているのか。
    今回はそんなLAライフで見られる、
    日々のHappiness要素を紹介したいと思います。

  • LAは感染者数増加で現在も様々な規制があり、生活は今までの“普通”とは程遠いのが事実。それでもイキイキと過ごす人達に共通するのは、彼らの前向きな姿勢。規制で“出来ない”事よりも、“出来る”事にフォーカスしたスタイルが彼等のポジティブの源のようです。
    そして“We are in this together”(皆で供に乗り越えていきましょう)という考え。規制の中でも安全で幸せな生活を保つ為、皆で一緒にルールを「作り」「守り」「支え合う」カタチがLAの生活に浸透しています。

    スーパーも入店人数に規制がある為、入り口には整列用の間隔サインがあったり、マスク着用と距離を保つよう促すサインが皆に分かり易いように表示されているのが普通になりました。

  • 住宅街では公園や学校で遊べない子供達が家の前で安全に遊べる様に、道路の真ん中にスローダウンのサインが置かれ、地域一体となって子供達・家族のハッピーを応援しています。

    道路でアクティビティーを安全に出来る様に、住宅街一体となって子供や家族の健康・ハッピーを応援するセーフティーサイン。

  • スーパーマーケットが2時間ほどで食料を玄関までデリバリーしてくれるサービスも当たり前になりました。お買い物が容易ではないお年寄や自粛中の人も困ることはありません。

    食料も玄関前まで2時間ほどでデリバリー

  • 通常営業が出来ないレストランも“出来る事”にフォーカス。店内での飲食は禁止されているので、元々はパーキングだったスペースをアウトドアダイニングに改装。アスファルトに絨毯に見立てた模様をペイントしたり、心地の良い空間を作って営業しています。

    厳しい規制のレストランも、“出来る事”をフルに活かして前向きに営業

  • 勿論ステイホームが今はベスト。それでもたまには町に出て、自分の好きなローカルビジネスをサポートして、彼らの収入や雇用を支える事も“We are in this together”の大切な一部。ルールを守り、安全に“出来る事”からハッピーを見つけ皆で共有する。
    理想の環境や状態に自分の幸せを委ねるのではなく、どんな環境でもハッピーを見つけていく。そんなポジティブでNeutralなマインドが、日々の生活の中から沢山の小さな幸せを見つけるヒントなのです。

    Happiness is not cancelled!
    数え切れないほどの小さな幸せを、皆さんも日々の生活の中に見つけていきましょうね!

ISM-01

LET’S TRY YIN YOGA

  • こんにちは。Roseです。
    ニュートラルでハッピーな生活に役立つ情報を、ここLAから発信していきます!

    LAもコロナウイルス感染拡大の影響で自粛が続き、ストレスが溜まりやすい状況ですが、その中でも出来るだけ心身をニュートラルに、豊かさのバランスを保ちながら過ごしたいですよね。
    そこで御紹介したいのが「陰ヨガ」。ヨガにも色々なタイプがありますが、この陰ヨガ、地味な様で凄いのです。殆どのエクササイズは筋肉を鍛えて強くする「陽」のスポーツ。陽はとっても大事ですが、陽だけに集中すると筋肉のコリやストレスでカラダ全体の巡りが悪くなる事も。陰ヨガはこの陽にあたる筋肉を完全にリラックスさせて、普段は直接ストレッチ出来ない靭帯・腱・筋膜をストレッチ、強くします。陰と陽のバランスがとれると、自律神経も整い身体の巡りがスムーズに、ニュートラルになれるんです。
    お家にあるクッションや枕、タオルを利用して今日からでも始められます。大切なのは1つのポーズで3~5分ホールドする事。決して痛くないポイントでホールドするのが大切。そしてその間、深く呼吸します。息を吸う・吐くがそれぞれ5秒間の長さを目指して、無理なく始めましょう。筋肉の力が完全に抜けて初めて陰パーツが伸びていきます。
    今回は3ポーズを御紹介。是非、試してみて下さいね。

  • Butterfly pose(蝶のポーズ)

    両方の足底を合わせて膝を広げます。上半身は丸めて頭をクッションで支えリラックス。

  • Puppy pose(子犬のポーズ)

    膝をついて両手を前に。お尻は膝の真上位置。おへそを引っ込め、脇の下を床に付けるイメージで脊椎・腰をストレッチします。

  • Twist pose(ねじりのポーズ)

    仰向けから両手を横に広げ、右膝を曲げて左床に向けてツイスト。顔は右に向けます。息を吸い込むたび伸びた部分に酸素を送り、吐き出す時に全てを緩めてもう少しツイスト。逆サイドも同様に。