ココロとカラダをニュートラルに整えながら生きる。
それは一日のフロー、様々な人々とのコミュニケーションの中で、
心地よくニュートラルな、自分だけの「ISM」を見つけること。
舞台はLA。
毎日の食や運動、快適な暮らし方とそこに息づくカルチャー。
様々な角度から、ニュートラルに生きるヒントをマンスリーで紹介します。

REPORTER / ROSE
LA在住のNeutralist(ニュートラリスト)。運動、食、遊び、ファッション、
そしてアティテュードまでNeutralでいる事を常に追求しています。
ヨガインストラクターWorld Yoga Alliance YTT200認定。

ISM-08

「走る」というバランス法。
Runningでココロもカラダも強くなる!

  • 皆さんこんにちは!ローズです。
    暖かい日も増え、気持ちが良い季節の到来ですね。比較的1年を通して天候が安定しているLAでも、お花が咲き始めたり日没が遅くなったりと、春を感じる様になりました。
    長い自粛要請に加え、冬の寒さで室内で過ごす時間も多くカラダは少し鈍り気味。お家に居ながらエクササイズやストレスマネージメントをメインテインする方法として、これまでホームワークアウトやメディテーションをご紹介して参りましたが、これからの季節は、やっぱり外でリフレッシュするのが一番ですよね!今回は、道具も知識も何も要らない、一番手軽で最高にヘルシーなエクササイズ、Runningにフォーカスです。

  • ただ走るだけのRunning。このシンプルなエクササイズがカラダに及ぼす効果は計り知れません。「走る」という行動は腹筋を強くし、骨や筋肉の衰えを防ぎます。他にも、ダイエットに有効なのは皆さんもご存じかと思いますが、定期的なRunningは他の有酸素運動と比べても、脳卒中・乳がん・心臓発作のリスクを軽減したり、人間の成長ホルモンを活性化すると言われています。
    カラダへの効果は勿論「走る」ことは私達のマインドにも沢山の良い効果が!前回の“Mindfulness”でもお話ししたように、私達は走っている間“Meditation”の状態に。日々の課題や心配・不安から離れて、ただひたすら自分のカラダと向き合う時間。私はRunningをすると頭がスッキリと整理されて気持ちも前向きになれます。自信も出るし、沈んだ気持ちもポジティブに、さらに集中力も向上して良い事だらけ。夜はぐっすり寝むれて翌日もハツラツ!
    一日20分から初めてみるだけでも違いを感じるはずです。季節の変化や身近にある自然の恵みをRunningを通して感じるのも良いですよね?景色を見ながら走っていると時間も忘れてしまいます。

    Beachランニングは格別の気持ち良さ。海の香りがほんのりする空気で深呼吸&ストレッチをすると、どこまでも走れそうな気がします。

    LAには気持ちの良いRunningスポットが沢山!今回は私のお気に入りスポットを3カ所御紹介します。
    LAといえば海!やっぱりビーチ沿いのRunningは外せません。私のお勧めはマンハッタンビーチからレドンドビーチの海沿い。このエリアはLAのSouth Bayと呼ばれる住宅街。LAの国際空港から10分ほど南にあるマンハッタンから南下してハモサ、その次のレドンドまで、3つのタウンをビーチウォークという歩行者道で走る事ができます。距離で言うと片道約10Km。なかなかの距離ですが、「今日はマンハッタンからハモサまで!」「明日はハモサからレドンドまで!」と分けて走るのも楽しいです。海の表情は毎日違うし、朝に走ると、砂浜に近い距離でイルカの群れを見る事も多く、「LAに住んでいて幸せ!」と思う大好きなルートです。チャレンジしたい時は、靴を脱いで砂浜を走るのも〇。

    マンハッタンビーチの住宅街は1ブロック毎に、このようにビーチまで抜けられる道があります。軽い坂道なので、ここからスタートしてビーチ沿いに出るのもオススメです!
    ビーチは気持ちも元気になれるスポット。たまには靴を脱いで砂浜をランすると、なかなか良いトレーニングに!このビーチでは殆ど毎日イルカが通るので、タイミングが合えばイルカとランが出来るかも!

    落ち着いた気分で走りたい時は、Palos Verdesの住宅街にあるWalk wayがお気に入りです。普通の閑静な住宅街なのですが、道路の中央を緑いっぱいのWalk wayにしていて、住民の皆さんがお散歩をしたり、Runningをしたり出来る様になっています。大きな木に囲まれて、鋪装されていないロードを走っていると、まるで森の中に居る様な気分に。先ほどのレドンドビーチから5分ほど南下しただけの距離なのですが、海沿いとはまた一味違う“自然”を感じるスポットです。静かで人も少なく、本当にリラックスしてRunning出来ます。運が良い日は野ウサギを見ることができたり!

    マンハッタンのビーチ沿いには砂浜すぐ横のルートと、一段上のビーチウォーク、2コースあります。こちらは歩行者専用なので自転車などを気にせず走りたい時にオススメ。
    Palos Verdesの住宅街にあるこのコースは緑が多く、家に囲まれているのに、まるで森の中にワープして来た様な気分に。森林のパワーを感じながら静かなコースを走ると、“Running is meditation”(ランは瞑想)を実感できます。

    坂道やデコボコ道を挑戦するならPalos Verdesのコースト沿いへ!先ほどの住宅街Walk Wayからコーストへ移動すると、息を吞むような素晴らしい景色が広がり、そんな景色を楽しみながらコースト沿いを走ります。自然の地形そのままなので坂道が多く、鋪装されていないロードも沢山。ダイナミックな景色に見合ったチャレンジングなルートです。コースト沿いに様々なルートがあるので端から端までを走るのではなく、気分に合わせて好きなスポットで走るスタイル。タイムを計りながらアスファルトロードを真剣に走ってみたり、気ままにゆっくりオフロードを楽しんでみたり、エンジョイの仕方は色々。走り終えた後の達成感と目の前に広がる景色がくれる感動は、本当にこのスポットならでは。

    住宅街から直ぐ近くのコースト沿いは、景色もコースバラエティーも格別です。ビーチ沿いとは一味違った海と、人の少ないコース。LAに居ながらも大自然のパワーを感じられる、私にとって特別な場所です。
    トレールランニングと聞くと“山”をイメージしがちですが、コースト沿いのトレールランニングも良いものです。Palos Verdesは自然な地形を残した高級住宅街。最高のロケーションで自分をチャレンジできます。

    とは言え、今は外での行動にはエチケットが重要。コロナ対策をシッカリとして、自分と周りの皆さんを守る事を忘れない様にしましょうね。
    お金もかからないし道具も要らない。ストレッチをシッカリと行えば特別な事前練習も必要ない。速く走っても、ゆっくりでも、自分のペースで何時でも出来るランニング。シンプルだけどスゴイ運動。人間は足に一番大きい筋肉がある事には理由があるはず。足を動かす事がカラダのメンテナンスに繋がるのは、凄く自然な感じがします。
    皆さんも是非ランニングシューズを履いて、好きなランスポット探しに出かけてみてくださいね!

ISM-07

マインドフルネスでココロとアタマをニュートラルに。
毎日がもっとハッピーになる方法。

  • 皆さんこんにちは!ローズです。
    LAではコロナワクチン接種が医療従事者と高齢者を優先に始まっていますが、感染拡大は続いており、それによる様々な問題が山積みになっています。日本も同じ状況でしょうね。毎日悩ましいニュースばかりなうえ、長期にわたる自粛のストレス、ウイルスの恐怖や今後への不安。。。認識をしていなくても私達は大きなストレスを抱えていると思います。

  • ストレスを抱えていると視野も狭くなり、目の前にある素敵な景色にも気づく事が出来なくなってしまったり。考える事をやめて目の前に見えるものにフォーカスするだけでも、心が自然と穏やかに。

    人間のカラダはストレスを感じた時、自動的に“Fight or Flight”反応が起きる様にできています。原因が外部・内部のどちらから来るものであれストレスを感じた時、人間の神経細胞はアドレナリンやコーチゾール(ストレスホルモン)を大量に分泌し、私達は今すぐ逃げ出したい様な“Fight or Flight”精神状態に陥ります。そしてこの“Fight or Flight”状態は多くの慢性疾患の原因に。
    特にストレスレベルが高い今は、“Fight or Flight”をオフする事がとっても大事。だから今回は、ストレスマネジメントに効果抜群な“マインドフルネス”についてお話をしたいと思います。
    マインドフルネスという言葉はよく耳にするけど、実際なにか良くわからないという方も多いのでは?「マインドフルネス=瞑想」という感じがするかもしれませんが、一般的に想像する“瞑想”、一定時間のあいだ座禅を組んでじっとしている状態だけがマインドフルネスでは無いのです。

    ヨガでも御馴染みのチャイルドポーズ。ポーズがきつくなった時や呼吸を鎮めて整える時に取るポーズですよね。このポーズでマインドフルに呼吸をする事で落ち着いてくるのは瞑想と同じなのです。

    英語のマインドフルネスという言葉は“マインド”と“フル”が合わさった言葉。自分のマインド(思考)がフル(完全)に「今」にフォーカスしている状態の事を指します。私達は過去に起きた事へのストレスや嫌悪感、これから起きる事への心配やプレッシャー、責任を常に考え、知らず知らずの内にストレスを抱えています。食事をしていても食後の行動を考えていたり、スマートフォンでニュースやSNSの、「起きた事」(“今”ではない情報)を見ていたり。「今」まさに自分がいただいている食事の香りや温度、硬さや風味、喉を通る感覚などにフルにフォーカスしていない事が多いのです。
    「今」自分がしている事・居る場所・感じる感覚・見えるもの・聞こえる音など、数分前でも1分後でもない「今」の自分にフォーカス出来ている状態がマインドフルネス。食事をしていても運動をしていても、お掃除でも車の運転でも、自身をマインドフルな状態にする事は意外と難しい事ではないのです。
    例えばジョギング。走り始めは心拍数が上がるまで呼吸と踏み込みステップのテンポを合わせる事に気を配って走るけど、心拍数も呼吸のリズムも一定の高さで安定してくると、いつの間にか呼吸に気を配るのも忘れてオートマチックに走っている感覚になった事はありませんか?あの、“無”ではないのだけど安定した感覚。あれはまさにマインドフルな状態。そのとき自分の神経は、呼吸・歩幅・腕の振り・進行方向など「今」の自分にフルにフォーカスしているのです。それなのに安定した感じがするのはマインドフル メディテーションをしている状態だから。メディテーションは瞑想を指しますが、これは“ムービング メディテーション”。
    カラダが何かしている状態でマインドフルになる瞑想なのです。そこには職種も経歴も任務もプレッシャーも批判も締め切りも責任も何もない、ただ呼吸をして動いている自分が居る。Neutralworksオーディエンスの皆様は日頃、運動をなさっている方が多いでしょうから、この感覚とマインドフルネスの関係を理解し易いかもしれませんね。
    走った後に頭がスッキリした感覚。マインドフルネスはココロとマインドのお掃除みたいなもの。過去のトラウマや恐怖、今後への心配・不安やプレッシャーにコントロールされがちなマインドをニュートラルな状態、「今」に戻してあげる。“「今」自分は呼吸をしている”。そんなシンプルな事を認識するだけで私達のマインドは落ち着き、今できている当たり前な事に一層の感謝を持てるように。落ち着いたマインドにカラダも比例し、ストレスに過剰反応していた“Fight or Flight”状態がオフになって、カラダの全てのメカニズムが本来の正常な働きに戻れるのです。

    空は毎日違う表情を見せてくれています。当たり前にあるものだから、空を見上げる事すらしない日がある私達。でも「今」しか見られない空の表情をみることで、自分を「今」に戻してあげられるのです。
    昨夜の月はどんな形でしたか?月の形を確認する習慣をつけるのも、マインドフルネスを習慣化する良いアイディア。月を見上げてマインドをリセットする事で、睡眠の質もあがります。

    日々の生活の中にマインドフルネスを取り入れると、ストレスは軽減され睡眠の質が、集中力も向上、高血圧にも効果が出たり、良いことが沢山!長い時間じっと座禅を組む時間を作らなくても、食事やお風呂、お掃除、運動、車の運転でも、毎日のルーティーンを“マインドフル”に行ってみましょう。
    一番の近道は呼吸にフォーカスする方法。寝ていても行う動作だから、意外と私達は呼吸を意識せずに過ごしがち。でも、生きていくために最重要な“呼吸”という動作を意識してみると私達は一瞬にして「今」にフォーカスができ、マインドフルになれるのです。呼吸法は沢山あるので是非みなさんには色々試していただきたいですが、先ずは吸う・吐くを各7~10秒間だけ、鼻から吸って鼻から吐く呼吸を1回として3回だけ試してみてください。楽な態勢で、ゆっくり息を吸いながら頭で1、2、3、、、、と7~10まで数え、次は息をゆっくり吐きながら7又は10から7、6、5、4、、、と1まで数えます。それを繰り返し3回するだけ!これなら出来そうですよね?この感覚を覚えると、お掃除をしていても歩いていても、自分のマインドを「今」に戻してあげられるようになるはず。

    呼吸の他にも、手軽なストレス対処法としてお勧めなのがこの態勢。足首と手首を交差して手のひらを合わせて握るだけ。人はカラダの左右が交差して手のひらが合わさると、Fight or Flight状態がオフになり落ち着くのだそう。5分ほどで気持ちが落ち着くのを感じられるはず。座っていても寝た態勢でもOK.

    今日から皆さんもマインドフルネスを意識して、落ち着いたマインドと優しいココロで毎日をハッピーに過ごしましょうね!

ISM-06

ステイホームだから、
ホームエクササイズで
ココロもカラダも元気いっぱい!

  • 皆さん、遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます!ローズです。
    2020年は世界的にチャレンジングな年でしたね。まだ挑戦の道のりは続きますが“We are in this together!”みんなで一緒に先へ進んでいきましょう!いま距離を保つ分、きっと今年は世界中でココロの距離がグッと近くなれるチャンスがくると思っています。
    いま私達に出来る事はひとりひとりが「強くある」事。ココロもカラダも強く・元気でいられるよう、日々の努力が今の私達に求められる一番大切なことではないでしょうか。長い自粛生活、そしてLAでは多くのジムやエクササイズスタジオがドアを閉めるなかで、私達は特に運動不足になりがち。意識してカラダを動かさないと日に日に運動能力が低下してしまいます。
    適度なエクササイズ習慣は、人間の生理学的機能を正常に保つために不可欠なもの。体重が増え過ぎない事に役立つ以外にも認知機能の低下や高血圧を防いだり、精神的なムードと眠りの質を向上したり、免疫力を高めたり、他にも沢山カラダに良い効果をもたらします。
    ガイドラインが定める最低限のエクササイズ時間は、成人で週150分。1日20分強でクリアできてしまいます。運動が好きな方はあっという間、運動が苦手な方でも1日20分なら頑張れそうですよね。しかも20分間マラソンをしなくてはいけないわけでもありません。座った状態からカラダを起こして、少し心拍数が上がるくらいの動きで良いのです。お散歩をしたり自転車をこいだり、音楽に合わせて踊ってみたり、筋肉に意識を向けてお掃除をするでもOK!まさに「ながらエクササイズ」。自分の生活の一部に出来るアクティビティーを選んで習慣化する事が大切なのです。

  • 私はバランスボールを“ながらエクササイズ”のツールの1つとして使っています。使い方は、椅子の代わりに座るだけ!数十分座るだけで体感が鍛えられる便利モノ。お仕事、テレビ、髪を乾かす時などなど、座るシチュエーションで大活躍しています。
    軽くてコンパクトで持ち運び便利なレジスタンスバンドはいつも手の届く所に持っていて、気が付いたら手を通して“グーっ!”と伸ばしています。体の前、頭の上、カラダの後ろなど、腕を伸ばす方向を変えて行えば、胸筋・腕の筋肉・背筋など様々な部分の筋力強化ができます。

    例えば座ってする仕事を1時間だけ立って行うと、通常の消費カロリーに+50kカロリーの消費ができます。それを平日に1日3時間した場合、1年間で約30,000kカロリーも追加で消費できる計算。1年間にフルマラソンを10回走った場合と同じ消費カロリーなのです!パソコンをデスクから移動して、キッチンカウンターに置いたりして立ち仕事が出来るのもリモートワークならではの事。ランチブレークは立ち上がってキッチンで15分調理・5分洗いものもすれば更に20分の立ち時間が追加出来てしまいます。お仕事途中に一息つく際は、会社のブレークルームでコーヒーを飲む代わりに、家であれば腹筋やストレッチを5~10分おこなう事だって出来ますよね。
    LAもステイホーム状態が続いており、ジムにもスタジオにも行けない日々が続いています。ですがこの影響で、ホームエクササイズのツールが急速に増えました。沢山のジムやスタジオ、アクティブウエアのブランドが独自のエクササイズクラス動画をオンラインで配信。家に居ながら、自分の好きなインストラクターのクラスを受ける事が出来ています。

    今はエクササイズもオンデマンド。自分の好きな場所・時間に、好きなクラスを受けられます。ストレッチ・ウエイトトレーニング・ヨガ・ピラティスなどなど、有料から無料のものまで種類豊富で毎日飽きずにエクササイズが楽しめます!

    有料の動画もありますが、YouTubeなどで無料配信しているコンテンツも多くありがたい限り!彼等もスタジオが開けず収入源が無くなってしまっているので、それらの動画はドネーションベースの場合も。私の大好きなヨガスタジオも無料でクラスを配信してくれているので、感謝の気持ちまでに受講料として、出来る時だけですが少しだけスタジオにドネーションするようにしています。
    NEUTRALWORKS.でも御馴染みのDANSKINもエクササイズ動画を無料配信!程よく汗ばめるエクササイズクラス、プロのバレエダンサーやインストラクターが教えてくれるストレッチクラス、ヨガクラスなどなど、沢山のクラスを見る事が出来ます。余裕のある日は、ながらエクササイズにプラスで是非お試し下さいね。(下記のリンクからサイトへ!)

    Danskinのエクササイズ動画は日本語だから、英語のクラス動画には抵抗のある人にも嬉しいですね!パソコンやタブレットがお部屋に無くても携帯でも見れてしまうから、どこでもエクササイズできて本当に便利です。

    そして頑張った後はカラダのコリをほぐしてあげれば更に血行が良くなって翌日も調子が良いはず。
    ストレッチや入浴、ギアの力を借りるのも〇です。NEUTRALWORKS.のリカバリーギアは使いやすいのでチェックしてみるのも良いかも。

    NEUTRALWORKS.のリカバリーギアは頑張るカラダの強い味方。Tuning Pole(上)は通常のものよりも柔らかく、より長い時間、深く筋膜リリース出来ます。Hyper Volt(左)はプロも使える優れもの!トレーニング前後のトータルケアに。ボール型のHypersphere(右)は局部のケアに最適です。

    歯磨きやお掃除と同じ感覚で、今年はホームエクササイズを毎日の習慣に。強いココロとカラダで、元気に一年過ごしましょうね!

  • YOUTUBE
    https://www.youtube.com/channel/UC9DC4FjQGyv1uQ6CWhBbrMQ

    INSTAGRAM(IGTV)
    https://www.instagram.com/danskin_japan/channel/

ISM-05

Plant-Baseの魔法!カラダの中からニュートラルになる方法

  • 皆さんこんにちは!ローズです。
    クリスマスにお正月、そして忘年会や新年会、本来なら楽しいイベントが盛り沢山なシーズン。でも今年はコロナ感染対策で世界中が自粛モード。例年のように沢山の人達と一緒にどこかでお祝いする事は出来ないけれど、家でゆっくりと今年を振り返ったり、来年への目標をたてたりして過ごすのも、それはそれで良い時間だと思います。
    家でお料理をして、手づくりのお祝いも今年ならではの楽しみ!ついついエンジョイし過ぎて、少し食べ過ぎ・飲み過ぎてしまう事もあるかもしれませんね。
    今年を気持ちよく終えて新年をフレッシュに迎える為にも、胃腸やカラダの疲れを出来るだけ早くリセットして、ニュートラルにしてあげたいものです。今年も頑張ってくれたカラダをケアして、元気に来年を迎えましょう!

  • 最近は日本でも話題のVegan。皆さんもご存じかと思います。Veganとは、動物由来の成分を含むものを一切断ってplant-base(植物由来)のみを選択するライフスタイルの事。私達のカラダが動物性の食べ物を消化するには5~8時間かかるのに比べ、植物性は1~2時間ほど。Plant-baseな食事をすると、カラダのメカニズムが消化の為に長時間働かずに済む分、細胞のリカバリーや再生に努める事が出来るのです。年末年始の疲れた時にPlant-baseな食事をすると凄く良いのはこのため。
    日本では近年のトレンドに感じますが、実は日本の歴史とVeganライフスタイルには深い関係が。精進料理はまさにVegan。LAに沢山あるVeganレストランやVeganお惣菜レシピのベースにも幅広く浸透している“マクロビ”、これも日本発祥。トレンディーに聞こえるVeganですが、お豆腐やワカメ、ゴマや海苔、お蕎麦、コンニャクなどなど、日本人にはお馴染みの食材が使われるレシピが多く、実は身近なモノなのです。

    お豆腐はLAでも御馴染みの食材。普通のスーパーで簡単に見つかります。Veganフードにも幅広く使われていて、お豆腐ハムなども人気。見た目、触感、味もハムの様!
    LAではお味噌も人気。“味噌スープ”として今や沢山のアメリカ人に親しまれています。こちらも殆どのスーパーで販売されています。

    Plant-baseな食事にはダイエット、整腸作用、ココロやカラダのバランスを整えてくれたり、そして環境への多大なベネフィットがあります。約453グラムの牛肉を作るのに9,500リットル程の水が必要だってご存じでしたか?世界中の動物性食品を生産するのにどれだけの水や餌が必要か、想像も出来ませんよね。もしも世界中の人がPlat-baseなライフスタイルだった場合、地球2つ分の生き物が食糧難を知らずに暮らせるほど、私達の地球には栄養たっぷりな植物性食料があるそうです。

    LAではVeganチーズも種類が豊富!普通のチーズとの違いが分からないものが殆ど。Plant-baseでピザなども楽しめるなんて嬉しい限りです。

    とは言え、完全に動物性食物を断つことは簡単では無い人も沢山。大切なのは“Plant-baseライフスタイル、カラダへの効果、環境への影響”を、ただ知る事。気が付いた時に少しお肉を控えてお野菜やフルーツを選択したりするだけでも良いのです。少し意識できる様になるだけで、必ず小さな変化は生まれます。沢山の人達の小さな変化は、やがて大きな変化へと進化するはず。

    Veganフードが豊富な事で有名な“Erewhon”スーパーマーケットでは、Veganお惣菜が沢山並んでいます。VeganツナやVeganエッグサラダなど、どれも美味!下の段に並んでいるのはお豆腐で出来たお惣菜。お米の上にのせれば照り焼きどんぶりの様で大満足できるVeganフードが出来ちゃいます。

    Veganフードと言うとサラダばかり食べなければいけない様に思う人も多いかと思いますが、今やVeganフードは普通の食事と変わらないレシピが沢山!
    ご飯にお味噌汁、お漬物と納豆も立派なVeganフードですが、今回は簡単で美味しい、少しオシャレなVeganレシピを2品ご紹介します。NEUTRALWORKS.でもこの季節に嬉しいホットスムージーを発売!美味しくてカラダに良い、しかも環境にも優しい!積極的に取り入れていただきたいです。
    「食べ過ぎちゃったな」、「ちょっと疲れてるかな?」と思ったときに是非試してみてくださいね!

  • 豆腐スクランブル

    日本人にお馴染みのお豆腐にはカラダに嬉しい要素がいっぱい!プロテインたっぷりで腹持ちも抜群ですし、お豆腐の鉄分、ビタミン、カルシウムは骨粗しょう症予防や、腎臓・肝臓の働きを助け、貧血や炎症を抑えてくれます。レシピに含まれるターメリックも抗炎症の優等生です。
    卵抜きなのに見た目も触感も卵のスクランブルのようで、朝ごはんにもピッタリなレシピです。

    材料:2人分
    木綿豆腐 ½丁
    アボカドオイル、又はココナッツオイル 大さじ1
    赤玉ねぎ ¼個
    ターメリックパウダー 小さじ¼
    塩(ヒマラヤンソルトがベスト) 少々
    赤ピーマン ¼個
    ほうれん草 ½カップ
    ニュートリショナルイースト(失活した酵母。あればでOK) 大さじ1
    こしょう 少々
    トッピングのパセリ、バジル、パクチー

    • お豆腐をペーパータオルなどに包んで水気を出来るだけ切ります。水気が切れたら手で細かく崩します。お野菜は粗目のみじん切りに。
    • フライパンにオイルをひき、中火に熱したら赤玉ねぎを入れ2~3分炒めます。
    • 崩したお豆腐を加え、更に水気を切るために10分ほど弱火でゆっくり炒めます。次にお塩・ターメリックを加えて万遍なくコーティング。
    • お野菜を加えて炒めたら、最後にニュートリショナルイーストを加えて出来上がりです!(ニュートリショナルイーストはチーズの様な風味。無ければ省いても問題ありません。)
    • トッピングはパセリ、パクチーなどをお好みで。
    お豆腐の水気をしっかり切ったら手でそぼろの様に小さく崩します。
    フライパンにお豆腐を加えたら更に水気を切るために弱火でゆっくり炒めます。少し茶色くなってきたら〇。
    満遍なくスパイスが混ざれば見た目もエッグスクランブルの様!ほうれん草は最後に加えるのがお勧めです。
  • 人参とショウガのスープ

    ショウガと人参は体内の抗菌、消化機能の促進、疲れの軽減、胃のむかつき・コレステロールを抑えてくれるだけでなく、カラダのむくみを軽減する作用もあります。いただくと内から暖かくなって疲れたカラダをいたわってくれる。ホッとできるスープです。ピリッとするショウガの刺激が苦手な方は量をお好みで調節してくださいね。

    材料:2人分
    玉ねぎ 半分
    ニンニク 2かけ
    ショウガ 5センチほど
    オリーブオイル 大さじ2
    人参 4~5本
    野菜出汁スープ 1カップ半
    お塩 少々
    トッピングにパセリ、パクチー、カボチャ・ヒマワリの種など

    • 玉ねぎとショウガをみじん切りに切り、ニンニクは皮を剥きます。お鍋にオリーブオイルを入れ、玉ねぎ・ショウガ・ニンニクをゆっくり中火で炒めます。
    • 一口サイズに乱切りした人参とスープ、お塩少々を加え、弱火で人参が柔らかくなるまで蓋をして煮込みます。
    • 火を止め、スープを冷ましたら全てをブレンダーに移し、スープ状になるまでブレンドします。
    • 再び鍋に戻し火にかけて温めたら出来上がり!
    • サラッとしたスープがお好みの方は野菜出汁スープを継ぎ足して調節してください。トッピングにパセリやカボチャの種を加えると見た目も〇。
    炒めたお野菜は柔らくなるまでコトコト煮込みます。このままでも美味しそう!だけどグッと我慢して、粗熱をとったスープをブレンダーに移し一気にブレンド。
    ブレンドしたスープを再びお鍋へ戻し温めます。仕上がりはクリーム状で口当たりもフワッと優しいスープです。野菜出汁を足せばサラッとしたスープにもアレンジ可能。

ISM-04

トレイルハイキングでココロとカラダをメンテナンス

  • 皆さんこんにちは!ローズです。
    あっという間に11月。肌寒い季節の到来ですね。
    気温が下がってくると、自然と室内で過ごす時間が増えてしまうもの。意識していないと外でカラダを動かす機会も減ってしまいますよね。比較的1年中温かい日が多いLAでも、これからの季節は肌寒くなるので、私も出来るだけ継続的に外でココロとカラダをリフレッシュさせる事を心掛けています。
    とは言え気温が低くなると、やっぱり外でエクササイズするモチベーションを上げるのは難しいですよね。そんな時はハイキングがお勧め。景色を楽しみながらハイキングしていると、あっという間の感覚で長時間のエクササイズが出来てしまいます。舗装されていないトレイルを1マイル歩くと、約500カロリーも消費できるそう!
    そんなトレイルハイキングには、カロリー消費以外にもカラダに嬉しいコトが沢山あるんです。今回はトレイルハイクにフォーカス。私も大好きなLAのRunyon Canyonトレイルを御紹介します。
    アメリカの中で2番目に人口が多いLA。大都会ではあるものの自然も見つけられるんです。LAだけで133ものトレイルがあります。Runyon CanyonはLAローカルにも人気なトレイルの1つ。その場所は何と、グラミー賞などが開催されるシアターもある観光地、ハリウッドブルバードから車で5分ほどの所。

  • Runyon Canyonトレール入り口を背にして見た風景。「こんなところに?」と疑ってしまうほど、場所は本当にハリウッドの住宅街。
    Runyon Canyon入り口サイン。この門を通るとハリウッドが一転、LAの自然が残る美しいトレールが始まります。
  • 「都会の直ぐそばに、こんな自然があるなんて!」Runyon Canyonに行くといつも思います。
    ハリウッドの住宅街に突然トレイルの入り口があるのですが、その門を通れば中は別世界。LAの原形を思わせる自然が広がっています。コースは1.6マイル、2.7マイル、3.5マイルの3コースあり、一番高いポイントの標高は約1,300フィート。舗装されていて歩きやすいコースもありますが、私が好きなのは始めから終わりまで補装されていない1.6マイルコース。短いですが、なかなか急斜面のデコボコ道を歩くと程よく心拍数も上がり汗が滲んできます。

    入り口直ぐにあるトレールマップ。3つのコースから自分に合ったトレールを選んで進みます。舗装されたロードもあるので、お散歩気分で歩きたい人にも〇。
    トレール始まりは殆ど傾斜が無くのんびり。天然のサボテンやパームツリーを楽しんでいると、自分がハリウッドに居る事を忘れてしまいます。
  • 歩幅をかなり大きくしないと登れない急斜面を越えると目に映るのは、息をするのも忘れてしまうほどの素晴らしい景色。有名なハリウッドサイン、ダウンタウンのビル、ハリウッド、サンタモニカと海。LAの街並みを一望に見渡すことが出来ます。自分は自然の中に立っているのに都会の景色がミックスされて目に映る、不思議な感覚です。

    ほどよく心拍数も上がってきたころで、なかなかチャレンジングな急斜面が。LAを一望しながら上るデコボコ階段はトレールのハイライトの1つ。
    急斜面を登りきると、360度LAの街並みが見渡せるオープンロードに。LAのダウンタウンを背に、すぐ目の前の頂上まで一気に登り切ります。
  • ここでいつも思うのが「都会の中でも自然は見つかる」という事。忙しい日々の中で、実は直ぐそばにある自然に意識がいかない事もしばしば。遠くへ旅をしなくても小さな自然は私達の周りに見つかるのです。それに気付けるかが大切。トレイルハイクはそんな意識への近道かもしれませんね。外で身体を動かすことは脳に良い刺激を与え、集中力の向上、ストレス軽減にも効果があります。エクササイズだけじゃない、トレイルに行けばココロとマインドも整えられるのです。

    頂上から見るハリウッドサインは格別。右を向けばダウンタウン、後ろを向けばサンタモニカと海。自然に居ながら大都市を見下ろす感覚はRunyon Canyonならでは。

    温かい室内が心地良い季節。あえて外に出てカラダを動かしてみると、きっとココロとカラダのバランスに気づくはず。皆さんも今週末は、近くの自然を探すハイクへ出かけてみては?

ISM-03

Farmer’s Marketの新鮮食材でヘルシー&ハッピーライフ

  • 皆さんこんにちは!ローズです。
    暑い夏も過ぎて季節は秋。この時期に私達のテンションを上げてくれるのは、夏の日差しを存分に浴びて美味しさを凝縮した旬な食材。まさに食欲の秋の到来ですね。
    外食が多かったけれども、最近は家で食事をいただく機会が増えた方も多いのでは。自宅で一から食材を調理して、出来たてのお料理を味わう。そんなシンプルな幸せを再確認しているのは私だけではないはず。新鮮な材料から作る食事には格別な美味しさがあります。
    ハッピーライフには健康が不可欠。毎日の食事で身体に取り込む栄養が健康を作り、不調を整えてくれるので、日々の食事の原材料は私達の生命の素。
    そんな大切な食材を取り揃えるのに私が愛用しているのがFarmer’s Market。LAには90以上のFarmer’s Marketがあり、毎日LAの様々な街で週1日か2日で定期的に開催されています。

  • Marketには沢山のテントが並び、各農家さんのFarmで収穫したて・作りたてのアイテムを販売しています。
    アプリコットだけでも、こんなに沢山の種類が。農家さん独自のブレンド種を作っていたり、他では見つからない美味しい種類がみつかります。
  • Farmer’s Marketでは農家の皆さんが採れたてを直売してくれるので、新鮮で旬な食材が手に入ります。野菜や果物以外にもナッツ、ハチミツ、オリーブオイルや卵、新鮮なシーフードやオーガニックパン、デザートやお花など、様々なものが手に入ります。各Farmer’s Marketで内容もそれぞれ。今回は、そんな紹介しきれないほどバラエティー豊かなLAのFarmer’s Marketの一つ、トーランスFarmer’s Marketをレポートします。

    ナッツやドライフルーツの種類も豊富。殻付きのアーモンドなど、レアなアイテムが見つかるのもFarmer’s Marketならでは。
    フルーツ農家さん手作りのジャム。旬のフルーツを使っているから季節限定のフレーバーで毎回楽しませてくれます。
    いかにも“獲れたて!”なフルーツ。“そのまま”な陳列もMarketらしい。
  • そもそもアメリカでFarmer’s Marketが始まったのは1634年。その後スーパーマーケットの登場で1700年~1900年初めにかけて数は激減、それでも近年の健康志向が追い風となり1994~2006年の間で300%増、今では各地域に住む人達の生活の一部になりました。アメリカ国内でFarmer’s Marketのリバイバルが早かったのが実はLA。1981年から逸早くFarmer’s Marketを生活に取り入れてきました。トーランスFarmer’s Marketも1985年から今日までずっと、地域の人達に「新鮮」を提供し続けてきた歴史のあるマーケットです。
    マーケットは各農家さんのテントが並び、本当に様々な食材でいっぱい。見たことも無いような野菜や果物も、農家さんが調理法・栄養素など丁寧に教えてくれるので、新しい食材を発見して取り入れていけるのもFarmer’s Marketの良いところ。スーパーには無いものや、あっても調理法が分からないものも、Farmer’s Marketでは試してみたくなるのです。農家さんが愛情を込めて育てた食材を、最適な状態でいただけるように農家さん本人からレクチャーしてもらえる機会なんて、なかなか今の時代では無いもの。自分が食べる食材が誰によって作られたか、どこから来たかが分かる事で、その食材に対する有難みも増して更に美味しく感じられます。

    ”どれが美味しい?“と聞けば、農家さんが甘いものを選んでくれたり。作り手さんとのコミュニケーションもMarketの良いところ。
    一見芝生の様な緑も実は青汁用。フレッシュなグリーンで作るグリーンジュースは栄養も満点!
  • スーパーに行けば食材がいつでも手に入る時代。この便利さで、食材を有難く思う気持ちや農家さんへの感謝の気持ちが薄れていたなと、Farmer’s Marketに行くと気づく事も。“新鮮な食材を食べられる”、そんな日々の当たり前の中にある大きな幸せを再確認して、それを提供してくれる農家さんに感謝が出来ると、毎日の食事が本当に幸せなものになります。

    新鮮食材たっぷりの食事は健康を作り、ハッピーを呼ぶ。シンプルだけど大事な事。
    皆さんも次回のお買い物は、近くの八百屋さんに足を運んでみると幸せな発見があるかもしれません。

    沢山のテントをまわって小腹が空いたらポップしたてのケトルポップコーンをパクリ。少しだけお砂糖を混ぜてポップするポップコーンはFarmer’s Marketの定番。病みつきになります。

ISM-02

Neutral days. Happiness is not cancelled.

  • こんにちは。Roseです。
    夏休みも終わり今年も後半に入ったものの、
    コロナの問題は未だに私達の生活に様々な変化を齎していますね。
    そんな中でもLAの人達は笑顔を絶やさずエネルギーがいっぱい!
    美味しい食べ物や外での健康的なアクティビティー、
    ビーガンアイスだって我慢は無し。
    皆それぞれ自分なりのNeutralを保ち、
    毎日前向きに過ごしています。
    一体LAのどの様な生活が、
    彼らのポジティブなマインドを支えているのか。
    今回はそんなLAライフで見られる、
    日々のHappiness要素を紹介したいと思います。

  • LAは感染者数増加で現在も様々な規制があり、生活は今までの“普通”とは程遠いのが事実。それでもイキイキと過ごす人達に共通するのは、彼らの前向きな姿勢。規制で“出来ない”事よりも、“出来る”事にフォーカスしたスタイルが彼等のポジティブの源のようです。
    そして“We are in this together”(皆で供に乗り越えていきましょう)という考え。規制の中でも安全で幸せな生活を保つ為、皆で一緒にルールを「作り」「守り」「支え合う」カタチがLAの生活に浸透しています。

    スーパーも入店人数に規制がある為、入り口には整列用の間隔サインがあったり、マスク着用と距離を保つよう促すサインが皆に分かり易いように表示されているのが普通になりました。

  • 住宅街では公園や学校で遊べない子供達が家の前で安全に遊べる様に、道路の真ん中にスローダウンのサインが置かれ、地域一体となって子供達・家族のハッピーを応援しています。

    道路でアクティビティーを安全に出来る様に、住宅街一体となって子供や家族の健康・ハッピーを応援するセーフティーサイン。

  • スーパーマーケットが2時間ほどで食料を玄関までデリバリーしてくれるサービスも当たり前になりました。お買い物が容易ではないお年寄や自粛中の人も困ることはありません。

    食料も玄関前まで2時間ほどでデリバリー

  • 通常営業が出来ないレストランも“出来る事”にフォーカス。店内での飲食は禁止されているので、元々はパーキングだったスペースをアウトドアダイニングに改装。アスファルトに絨毯に見立てた模様をペイントしたり、心地の良い空間を作って営業しています。

    厳しい規制のレストランも、“出来る事”をフルに活かして前向きに営業

  • 勿論ステイホームが今はベスト。それでもたまには町に出て、自分の好きなローカルビジネスをサポートして、彼らの収入や雇用を支える事も“We are in this together”の大切な一部。ルールを守り、安全に“出来る事”からハッピーを見つけ皆で共有する。
    理想の環境や状態に自分の幸せを委ねるのではなく、どんな環境でもハッピーを見つけていく。そんなポジティブでNeutralなマインドが、日々の生活の中から沢山の小さな幸せを見つけるヒントなのです。

    Happiness is not cancelled!
    数え切れないほどの小さな幸せを、皆さんも日々の生活の中に見つけていきましょうね!

ISM-01

LET’S TRY YIN YOGA

  • こんにちは。Roseです。
    ニュートラルでハッピーな生活に役立つ情報を、ここLAから発信していきます!

    LAもコロナウイルス感染拡大の影響で自粛が続き、ストレスが溜まりやすい状況ですが、その中でも出来るだけ心身をニュートラルに、豊かさのバランスを保ちながら過ごしたいですよね。
    そこで御紹介したいのが「陰ヨガ」。ヨガにも色々なタイプがありますが、この陰ヨガ、地味な様で凄いのです。殆どのエクササイズは筋肉を鍛えて強くする「陽」のスポーツ。陽はとっても大事ですが、陽だけに集中すると筋肉のコリやストレスでカラダ全体の巡りが悪くなる事も。陰ヨガはこの陽にあたる筋肉を完全にリラックスさせて、普段は直接ストレッチ出来ない靭帯・腱・筋膜をストレッチ、強くします。陰と陽のバランスがとれると、自律神経も整い身体の巡りがスムーズに、ニュートラルになれるんです。
    お家にあるクッションや枕、タオルを利用して今日からでも始められます。大切なのは1つのポーズで3~5分ホールドする事。決して痛くないポイントでホールドするのが大切。そしてその間、深く呼吸します。息を吸う・吐くがそれぞれ5秒間の長さを目指して、無理なく始めましょう。筋肉の力が完全に抜けて初めて陰パーツが伸びていきます。
    今回は3ポーズを御紹介。是非、試してみて下さいね。

  • Butterfly pose(蝶のポーズ)

    両方の足底を合わせて膝を広げます。上半身は丸めて頭をクッションで支えリラックス。

  • Puppy pose(子犬のポーズ)

    膝をついて両手を前に。お尻は膝の真上位置。おへそを引っ込め、脇の下を床に付けるイメージで脊椎・腰をストレッチします。

  • Twist pose(ねじりのポーズ)

    仰向けから両手を横に広げ、右膝を曲げて左床に向けてツイスト。顔は右に向けます。息を吸い込むたび伸びた部分に酸素を送り、吐き出す時に全てを緩めてもう少しツイスト。逆サイドも同様に。