About PLAY EARTH KIDS

競争から共創へ。

PLAY EARTH KIDSは、「遊び」と「自然」と「子ども」がテーマのウェブサイトです。

遊びと自然をとおして、子どもが未来をつくるためのウェブサイトでもあります。

子どもたちは、遊びをとおして自然や環境の原理、現象、仕組みと関わります。関わり、感じて、知り、表現をしていきます。その場の環境や状況から新しいことを発見する好奇心、そして目の前の現象を何かに見立てる想像力を持っています。

表現や何かをつくるという行為や技術は、そうした好奇心や想像力を世界とつないでいきます。つくるのは「もの」に限りません。遊びやスポーツ、概念やルール、関係性やコミュニケーション、言葉や音楽、デザイン、アート、料理、友だちや喜怒哀楽かもしれません。

また、遊ぶことはスポーツの起源でもあります。原初的なスポーツは、余暇に自然との戯れのなかで発展したとも言われています。「子ども」と「遊び」と「自然」の関係を問い直すことは、競争や勝ち負けという概念だけではない、新しいスポーツの未来を考えることにもなるかもしれません。

人間にとって、自然は世界の原点であると同時に、新しい世界をつくるための想像力の素であり、何かををつくり出すための素材であり、人間的素養を培うための舞台でもあります。

自然であそび、世界をつくること。
現在をあそび、未来をつくること。

KIDS PLAY with the EARTH,
KIDS CREATE the WORLD.

ーーーーーーーーーー

ABOUT CONTENTS

Feature
2ヶ月に一度テーマを変えてお届けする特集ページ。地球/自然のさまざまなエレメントをさまざまな角度から取り上げ、遊びと自然と子どもが交差する記事をお届けします。

Column
小さな頃の遊びから、原理や現象への気づきを遊びや遊具に転換するアイディア、野生の食材との付き合い方、環境と踊る身体のことまで、ワークショップのマニュアルとしても機能するような連載や企画。
新しいスポーツを考える連載や遊びの方法、遊び道具を考える企画では、スポーツと遊びの間や遊びとモノの関係を考えていきます。

School
ワークショップでの実践やウェブサイトでのアイディアや方法論の共有を通して、子どもたちが「地球」で/「地球」を遊び、考え、つくることの想像力と実践力に寄り添います。

Staff
Concept Director:Masashi Wada(THE EUGENE STUDIO
Editorial Director:Hiroyuki Yamaguchi(good and son
Design: Kamimura & Co.
Technical Direction, Development: NAGI Inc.
Management : GOLDWIN Next-Generation Support Group