からだあそびレシピ – 実践編

「石の自由を見る」実践パフォーマンス編 02 篠崎芽美&あり

  • からだあそびレシピ
  • 2022.8.3 WED

 ダンサーの福留麻里とAokidが提案する、からだで地球を遊ぶためのことばのレシピ。約1年間連載を続けてきたレシピを、山口県が拠点の福留と東京が拠点のAokid、それぞれがチームを組み、いくつか実際に挑戦。Aokidチームのひとつ目も、前回の福留チームと同じ「石の自由を見る」(レシピ考案:Aokid)。やってみる人、撮る人によってどんな違いがあるか前回のものと比べてみてください。ご覧になったあとは、みなさんもそれぞれのやり方でぜひチャレンジしてみてください。

「石の自由を見る」

「石の自由をみる」


いいなと思う石を1つみつける

耳をすましてみる

上空へなげてみる

前へころがしてみる

下に落としてみる

・・・

互いに止まってじっとみる

石の自由? を探してみる


空白に 石 私

出演
篠崎芽美
高校在学中に専門的なダンス経験がないにも拘らず「珍しいキノコ舞踊団」の門戸を叩き、その後の作品に参加する。二児の母となった現在はダンスを踊る傍ら、子供連れで受けられるピラティス教室やダンスワークショップを各地で行う。 2016年「ダンス保育園!!」の発足に参画。2018年より子どもと表現をテーマにしたパフォーマンスイベント「ヒョーゲンのメメメ」を主催。Instagram:memi_shinozaki

あり(長女)
8歳。好きな飲み物は牛乳。算数がちょっと苦手。

撮影/編集
黑田菜月
写真家。1988年、神奈川生まれ。2011年、中央大学卒業。2013年、8回写真「1_WALL」にてグランプリを受賞。2016年からは横浜市立金沢動物園にて毎年行われているメディアアート展「ひかるどうぶつえん」に参加。2019年には同園にて写真と映像のグループ展「どうぶつえんの目」横浜市立金沢動物園(神奈川)を企画した。

Official HP

コーディネート
Aokid
ブレイクダンスをルーツに持ち美術大学在学中よりダンスの作品化やプロジェクトやイベントの企画、またドローイングや映像など多義に渡る制作活動を展開。個展「僕は”偶然のダンス”の上映される街に住んでいる。」、ソロダンス作品「地球自由!」など。様々なアーティストと公園内を移動しながら発表や発表未満を行い合う「どうぶつえん」の開催は13回を数える。

Official HP