システムメンテナンスに伴うサービス停止のお知らせ
THE NORTH FACEATHLETE

ATHLETE

トレイルランナー
鬼塚 智徳
Tomonori Onitsuka

1980年福岡県生まれ。

少年時代から走る才能に恵まれ、高校三年の時にはインターハイに出場。高校卒業後は九電工陸上競技部に所属し、実業団ランナーとして1999年世界クロスカントリー日本代表、2000年「全日本実業団ハーフマラソン」3位(1:01:37)、2005年「別府大分毎日マラソン」(2:12:48)などの成績を収める。実業団引退後の2012年、友人の勧めで出場した「平尾台トレイルランニングレース」で優勝。この時、平坦なロードでは滅多に起こり得ない転倒というアクシデントさえも新鮮に感じ、オフロードならではの景色や路面の変化を楽しんでいる自分に気付く。翌年同レースで連覇を遂げると、再びアスリートとしての戦意がふつふつと湧き上がり、トレイルランニングを極めようと決心。2014年に出場した「STY」で3位になると長距離にも自信がつき、当時未知の世界であった100マイルレースに憧れを抱くようになる。万全を期して挑んだ2015年の「UTMF」で11位と健闘。翌年同レースで3位入賞を果たす。2019年にアメリカ・オレゴン州で開催された「Waldo100K」では、トップと同着でゴール。アメリカのレースでは鬼塚が得意とする“走れるコース”が豊富ということもあり、今後は国内だけでなく海外のレースでも積極的に勝負する予定。

2014年
STY 3位
2015年
UTMF 11位
2016年
UTMF  3位 ※レース短縮
2017年
Tahoe Rim Trail 8位(アメリカ)(100mile)
Korea 50K 3位
2018年
信越五岳 4位(100mile)
2019年
UTMF 7位 日本人2位
Waldo100K 2位(アメリカ) ※1位と同着
IZU TRAIL Journey 68K 3位