システムメンテナンスに伴うサービス停止のお知らせ
THE NORTH FACEATHLETE

ATHLETE

アンナ・サフ
CLIMBERS
アンナ・サフ
Anna Pfaff

カリフォルニア州 トラッキー

看護師でもあり世界有数の高峰踏破を果たしたアルピニスト、そしてエクスペディションクライマーであるアンナは、2017年にオールスターとも言える女性クライマーを引き連れインドのザンスカール山脈の渓谷にて1ヶ月に及ぶ遠征を行った。厳しい条件の環境下で、アンナのチームは、5.10の400mの登攀を含めた5400m級の未踏峰の初登をはじめ、3つの新しいルートを開拓。アンナにとって3度目のカシイール州での遠征は挑戦的なものとなり、魅力的なものとなった。
アンナにとって最も幸せに感じることは、世界最高峰の山々で新たなルートを開拓し初登すること、 そしてその山域に住む人々や文化に触れることだ。パキスタンのカラコラム山脈、チベット、ネパールとインドのヒマラヤ山脈、キルギスの天山山脈、コロンビアのシエラネバダエルコクイ国立公園、ペルー、ボリビアとパタゴニアのアンデス山脈など数多くの遠征を行ってきた。
2017年にはザ・ノース・フェイス南極遠征チームに参加する女性の1人に抜擢、2018年には同じザ・ノース・フェイス アスリートであるアンドレス・マーリンとデイビッド・オールフリーとともにネームレス・タワーのザ・エターナル・フレームとグレート・トランゴ・タワーのザ・アメリカン・ルートへの登攀を果す。

アルピニストが育つような環境だとは決して言えないオハイオ州北東部の田舎町で、世界最高峰のアルピニストは生まれ育った。
アンナはコロラド州へ移り、37歳の時にコロラド大学デンバー校の看護学位を取得、クラスメートとユタ州のインディアンクリークへ旅をしてすぐにクライミングに夢中となった。
2003年に大学を卒業、 その後ボルダーに拠点を移しマルチピッチの技術をエルドラドキャニオンとインディアンクリークで磨く。翌年にはヨセミテ国立公園へ訪れ、わずか一年足らずでエル・キャピタンに登頂。ある冬には南へ向かい、初めてのフィッツロイ山脈を登頂、アンナはアルパインクライミングに魅了された。
アンナ外科看護師として働き、そのほとんどを遠征への資金としている。10年間救急の派遣看護師として働き、岩壁に挑める職場環境を選び、現在はカリフォルニア州トラッキーを拠点としてシフト制で認可看護師として遠征での不在時以外で勤めている。アンナは看護師、そしてクライマーとしてのライフスタイルの中で、様々な問題をしっかりと受け止め、成長をしていく。
彼女のライフタイルでもし唯一の問題があるとすればそれはトレーニング方法だ。アンナはトレーニング期間に入ると週に6日、ランニング、クライミング、もしくはジムで過ごす。アンナのコーチは彼女のことを“トレーニングスーパーウーマン”と呼んでおり、この2年半のうちでトレーニングをしなかった時はたったの2日だけで12時間の救急救命のシフトをやり抜いた日だけだったと述べている。

主な成績
パタゴニア、フィッツ・ロイ登頂
南極大陸大、 ホルタンナピーク登頂
2015年
ニューガンドランド島、アポカリプス・ナウ初登
2013年
Lungartse Peak、コロンビア・ダイレクト(1,200m 90 degrees AI4 TD)初登
20を超える世界中の遠征で複数の新しいルートを開拓し、初登