システムメンテナンスに伴うサービス停止のお知らせ
THE NORTH FACEATHLETE

ATHLETE

ヒラリー アレン
エンデュランスランナー
ヒラリー アレン
HILLARY ALLEN

コロラド州ボルダー

2017年、ヒラリー・アレンは最高峰のスカイランニングワールドシリーズにて首位に輝いた。
大学の科学の教授であったヒラリーは大学の夏休みの期間でヨーロッパに渡り、トレイルレースに参戦していた。
山岳での能力の高さから“ヒリーゴート”のニックネームを持った彼女だが、夏の最後のレースであったノルウェーのハンペロッケン・スカイランニングレースで彼女は険しい岩陵帯尾根から滑落してしまう。
ヒラリーは岩壁にぶつかりながら約46m落下、その時彼女の頭の中では死がよぎったとのこと。
両腕に肋骨2本、背骨2箇所、右足の靭帯断裂、多くの裂傷に加え左足の捻挫などから直ちにヘリコプターで病院へ緊急搬送される。
2回の手術を経た10日後、コロラドに戻った彼女はさらに3回の手術を受けることとなる。医師から2度と走ることは出来ないかもしれないと告げられた。
ヒラリーは高校時代テニスに打ち込み、ランニングを始めたのは高校卒業後に進んだ神経学科の勉強からのリフレッシュのためであった。
地元のランナーとのつながりを強め、長距離レースで表彰台にあがるほどの結果をすぐに残すようになる。2014年には全米スカイランニング・ウルトラチャンピオンに輝き、スピードゴート50K、ザ・ノース・フェイス・コルチナ・トレイル・パス48Kで新記録を樹立した。
怪我から11か月後、決意や勇気、精神面など求められたリハビリを終え、ヒラリーはレイクタホのブロークン・アロー・バーティカル・キロメーターに出場し2位に、翌日には52Kのレースにも参戦した。
さらにその1週間後、ドロミテで開催された山岳レースで優勝を果たす。
ヒラリーは未だに右足の可動範囲が狭く、痛みを抱えている。だが、多くの時間をリハビリに費やし乗り越えた彼女にはアスリートとして不可能はない。
怪我を負い、そこから見出したものを通じてヒラリーは多くの人々へ人生においてのバランスを見出す手助けになりたいと願っている。

主な成績
2017年
ワールド・スカイランニング・ウルトラ 2位
2017年
マデリア・スカイレース 新記録樹立
2017年
トランスブルカニア 3位
2016年
全米マウンテンランニングチーム参加
2016年
ウルトラ・スカイランニング・ワールド・シリーズ 3位
2016年
TNFコルチナ 新記録樹立
2015年
ピトン賞受賞
2015年
スピードゴート50K 新記録樹立