私をREADYにするモノやコト
CREATOR × NEUTRALWORKS. LIMITED T-SHIRTS

2022.05.02
京都 藤井大丸リミテッドストア特別企画として、NEUTRALWORKS. からクリエイター4名へ「私をREADYにするモノやコト」をテーマにアートワークを依頼。クリエイターは 小林一毅さん、ニシクボサユリさん、平林奈緒美さん、Lee Izumidaさん。MXPシリーズのTシャツにアートワークをプリントして数量限定販売します。MXPシリーズは、マキシフレッシュ®という匂いを吸着する糸で作られており、汗の匂いを気にせずあなたを “READY” に整えてくれるはず。オリジナルトートバッグ、リフレクタースナップバンド、リクレクターステッカー3種の“READY” へ近づくギフトをセットにして発売します。
4月28日(木)より藤井大丸リミテッドストア店頭と、藤井大丸オンラインストアにて発売しています。
No Title
一人で不安なとき、横に寄り添ってくれる人やものの存在に背中を押される時があります。まるで相棒のように一緒にREADYになってくれる者たちへ、これからもよろしく。
小林一毅 Ikki Kobayashi
グラフィックデザイナー。1992年滋賀県彦根市生まれ。2015年多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。資生堂クリエイティブ本部でのデザイナー勤務を経て2019年に独立。主な受賞に東京TDC賞、JAGDA新人賞。
Are you ready?
自分のREADYには好きな靴と週一のピラティスは欠かせない。いい絵を描くためには心身共に良い状態を作るようにしています。デザインは、誰しもが壁にぶち当たり悩んだ時に、READY な状態で自分を乗り越えていけるよう想いを込めています。
ニシクボサユリ
1988年三重県生まれ。看護大学卒業後、看護師として勤務しながらグラフィックデザインを独学で身につける。漫画の模写から着想を得た線画のイラストレーションが徐々に注目を集め、パッケージデザインやアパレルなど様々な企業とのコラボレーションを行う。
近年では言葉をテーマとしたモノクロのペインティング作品に挑戦しており、東京を拠点に国内外での展示活動を行う。
ALL SET.
その時に食べたいものを食べて、よく働いてよく寝て、気持ちも含めて全部整ったところで初めてREADYと言えると思うので。そうなった時に着て、何かを始めてもらえたら、と思います。
平林 奈緒美
東京生まれ。武蔵野美術大学卒業後、(株)資生堂宣伝部入社。 ロンドンのデザインスタジオMadeThoughtに出向後、2005年よりフリーランスのアートディレクター/グラフィックデザイナー。
FLOWER
私をREADYにするモノは美味しいコーヒーが入ったお気に入りのマグカップ、コトは絵を描く事。アートワークは、満開となっている花の周りに時間を象徴する1から60までの数値を配置し、1分60秒1時間60分、365日いつでもREADYで動ける状態に、ということ表現しています。
Lee Izumida
絵描き。北海道生まれ。幼少期から絵を描き始め、アメリカ留学時に絵を学ぶ。2015年より東京に拠点を移し、2019年より本格的に絵描きとしての活動をスタート。アクリル画の作品を中心に看板や宣伝美術、ウィンドーに用いられる絵や文字を描いている。