icon-cart icon-insta icon-view-all facebook twitter line youtube icon-search

倉本 昌弘

Masahiro Kuramoto

1981年よりブラック&ホワイトのアドバイザリースタッフに、プロゴルファー 倉本昌弘と契約を結ぶ。
2014年PGA会長就任を区切りに永久シード選手としてのレギュラーツアー出場はやめ、シニアツアーの活性化を図ってきた。16年はシニアツアー最終戦の『いわさき白露シニア』で7打差の圧勝。2017、2018年は優勝こそないが、19年は『スターツシニア』で谷口徹選手をプレーオフで下し、シニア通算8勝目をマーク。
64歳にして賞金ランク3位に入った。2021年シニアツアー賞金ランキング30位、2022年3月任期満了をもって会長を退任し、3月31日~開催されますGJTOツアー 「東建ホームメイトカップ」に出場予定など、シニアツアーでも更なる活躍を目指す。

藤田 さいき

Masahiro Kuramoto

2006年よりブラック&ホワイトのアドバイザリースタッフに加わった藤田さいき選手。
「感性と品性」というブランドイメージとおり、大人の感性も品性もある着こなし、飛距離がまだ伸び続けている、ベテランならではのプレースタイルに注目してください。
2006年から2017年まで12年連続賞金シード権を獲得。12年連続賞金シードは日本人選手では藤田プロが最長である。2020年は12試合開催、賞金ランキング14位。2021年賞金ランキング28位、シード選手として2022年も更なる活躍が期待される選手です。

蛭田 みな美

Minami Hiruta

2020年春・夏よりブラック&ホワイトのアドバイザリースタッフに加わった蛭田みな美選手。
「感性と品性」というブランドイメージとおり、感性も品性もある着こなし、安定したパターを見せる、プレースタイルに注目してください。
2020年LPGAツアーにて、NEC軽井沢72ゴルフトーナメント6位・ゴルフ5レディス9位・日本女子オープンゴルフ5位・リコーカップ6位と実力を発揮する。2021年58位、
2022年は出場できる試合は限られてしまいますが、出場ツアーで上位を目指す。

成田 美寿々

Misuzu Narita

2021年から新たに展開する「ブラック&ホワイト」のNEWライン「Black&White WHITE LINE (ブラックアンドホワイト ホワイト ライン)」のアバイザリースタッフに加わった成田美寿々選手。2021年102位、2022年は推薦など限られた試合で結果をだし、シード権を目指す。

成田プロが企画に加わり、「Black&White WHITE LINE (ブラックアンドホワイト ホワイト ライン)」のコラボ商品が好評。

2022年 春夏/2022年秋冬もコラボ商品を展開する。

主な戦績

2019年 ヤマハレディースオープン葛城、大東建託・いい部屋ネットレディス
2018年 宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント、アース・モンダミンカップ、富士通レディース

その他受賞歴

2018年 LPGA資生堂ANESSAビューティー・オブ・ザ・イヤー

池上 憲士郎

Kenshiro Ikegami

2021年度賞金ランキングは56位、国内男子レギュラーツアー全23試合の出場権を確保し、「フジサンケイクラシック」では自己最高の2位となり、シード権を獲得しました。
2022年から新たに展開している「ブラック&ホワイト」のNEWライン「Black&White WHITE LINE (ブラックアンドホワイト ホワイト ライン)」のウェアを着用し、3月31日〜開催されます「東建ホームメイトカップ」からシード選手として2022年も更なる活躍が期待される選手です。