フィッシャーチューニングベース

[受付から返却までの流れ]

─ ステップ1 ─
スキー・スノーボードのお持ち込み

order_information01

店頭に直接お持ち込みください。店頭にお持ち込みいただく際の予約等は特に必要ありません。なお、宅配便での発送にも対応しています。その場合は、事前の電話予約が必要です。
営業時間は、11:00から19:00まで。電話予約はTEL.03-6260-8555となっております。毎週水曜日は定休日です。

▼

─ ステップ2 ─
チューンナップご注文とお会計

order_information02

スタッフからご要望をお伺いさせていたきチューンナップメニューをご提案させていただきます。お客様にはご注文のチューンナップメニューをオーダーしていただきます。詳細のリクエスト等についても、この場でお伺いします。
また御会計は前払いとなっております。各種クレジットカードでの御支払も可能です。
なお、宅配便でのスキー・スノーボードの持ち込みの方については、事前電話予約の際に、電話口にて、チューンナップメニューを選択していただきます。また、御会計は、お持ち込み発送時または返却発送時に、佐川急便e-コレクト®にて配達員に代金をお支払いただくかたちとなります。

▼

─ ステップ3 ─
チューンナップ作業期間と返却

order_information03


4月から8月にお持ち込みいただくスキー・スノーボードの返却日程は、店頭にお持ち込みいただいた月の翌々月第3週目の月曜日よりその月の末日までとなります。
※返却日程例1:
 2020年4月にお持ち込みの場合は
 6月第3月曜日(同年6月15日)からその月の末日(6月30日)まで
※返却日程例2:
 2020年6月にお持ち込みの場合は
 8月第3月曜日(同年8月17日)からその月の末日(8月31日)まで


9月から3月にお持ち込みいただくスキー・スノーボードの返却日程は、受付時に納期確認を致します(通常約2週間)。随時変動しますので予めご了承ください。


返却日程内に当店までお越しいただけなくなった方には、宅配便(着払い)にてチューンナップ済みのスキー・スノーボードをお客様のご住所に発送いたします。


宅配便での返却を希望される方には、宅配便(着払い)にてチューンナップ済みのスキー・スノーボードをお客様のご住所に発送いたします。


宅配便で返却する際は、着払い料金、発送日、到着日については、事前にお電話・メールなどにて当店より確認の連絡をいれさせていただきます。


このサイトのご利用について

当サイトで公開してる全ての文章、画像等の著作権は制作者にあります。無断転載や営利目的、非営利目的などの行為は禁止です。

推奨ブラウザ

当WEBサイトはInternet Explorer(※9.0以上)、Chrome、Firefox、Opera、Safari(Mac only)の最新バージョンでご覧になる事を推奨いたします。

JavaScriptについて

当ウェブサイトは各ページにJavaScriptを使用しております。
ブラウザの機能を無効にされている場合機能、表示が正しく動作されません。JavaScriptを有効にしてご覧ください。

FISCHER TEST CENTER

FISCHER TEST CENTER

FISCHER TUNING BASE TOKYO

FISCHER TUNING BASE TOKYO

FISCHER TUNING BASE
TUNE UP TECHNICAL INFORMATION

2020.04.01.UPLOAD

Alpine Skis ベーシック
チューンナップ
工程フロー

011
1. マシンを使用してエッジの小傷やへこみを整える
022
2. 3種類のサンドペーパーを使用して研磨を行い、ソールをフラットにする
013
3. ストーンでストラクチャー加工(クロスストラクチャー)
044
4. ベースエッジを1〜1.5°で手仕上げにて調整
055
5. サイドエッジは88°で手仕上げ
066
6. スペシャルブレンドワックスでワクシング

<補足情報>

  • ・ワックスは「剥がす」または「剥がさない」を選択できます。「剥がさない」を選択した場合、ご使用になる前に剥がしてご使用ください。
  • ・エッジチューンは快適に滑れるマイルド仕上げ
07Alpine Ski
「ベーシック」メニューでのベースエッジ仕上げ例
※1.5°設定
08Alpine Ski
「レーシング&デモ」メニューでのベースエッジ仕上げ例
※0.5°設定
×CLOSE

FISCHER TUNING BASE
TUNE UP TECHNICAL INFORMATION

2020.04.01.UPLOAD

Alpine Skis レーシング&デモ
チューンナップ
工程フロー

011
1. マシンを使用してエッジの小傷やへこみを整える
022
2. 3種類のサンドペーパーを使用して研磨を行い、ソールをフラットにする
013
3. ストーンでストラクチャー加工(クロスストラクチャー)
044
4. 指定角度でベースエッジを手仕上げ(フラット〜1.0°)
055
5. 指定角度でサイドエッジを手仕上げ(86〜88°)
066
6. スペシャルブレンドワックスでワクシング

<補足情報>

  • ・ワックスは「剥がす」または「剥がさない」を選択できます。「剥がさない」を選択した場合、ご使用になる前に剥がしてご使用ください。
  • ・エッジチューンは「シャープ」または「マイルド」からお選びいただけます。
07Alpine Ski
「ベーシック」メニューでのベースエッジ仕上げ例
※1.5°設定
08Alpine Ski
「レーシング&デモ」メニューでのベースエッジ仕上げ例
※0.5°設定
×CLOSE