from ocean to mountain

1877年、一人の船乗りが小さな工場をつくった。

ノルウェーの商船隊の船長だったヘリー・J・ハンセン。彼は37歳で船乗りをリタイアすると、フィヨルドに面した港町モスに"オイルスキンクロス&キャンバス工場"を設立しました。1877年のことでした。プロ向けのオイルスキン製造を始めたこの小さな工場こそ、現在では世界中のセイラーたちに信頼されているウェアブランド、ヘリーハンセンの起源なのです。第1号の製品は、亜麻仁油をしみこませたセイルキャンバス製の消化バケツ。そして翌年にはパリ万博の展示会で、シーマン衣料部門のデザイン賞を獲得。1950年にはウェルダー縫製による世界初の完全防水ウェアの商品化に成功しました。130年以上を経たいま、防水テクノロジーの進化とともに新たな防水ウェアを市場に供給し続ける、ヘリーハンセンです。

海から山まで、そしてアウトドア活動のすべてに。

ヘリーハンセンの高機能な防水ウェアは、北海油田で働く人たちやオーシャンレースに参加するセイラーたちだけのものではありません。現在では、スノーフィールドで滑降するスキーヤーやスノーボーダーをはじめ、山岳ガイドや多くの登山家・冒険家たちのチャレンジにとってなくてはならない装備になっています。今日のノルウェーでは、大自然の中をトレッキングする際にも、海辺のキャビンで家族や友人と過ごす週末にも、彼らに選ばれているウェアが、ヘリーハンセン。海や山を知り尽くしたブランドだからこそ、すべてのアウトドアスポーツを快適で機能的にサポートすることができるのです。