0

ランニングが続かなかった
あなたに
「水泳」を勧めたい3つの理由

「ひとりでも始められるスポーツ」と聞いたら、
ランニングや筋トレが思い浮かぶでしょうか。

会社を見渡しても、確かにその2つにハマっている人のなんと多いことか!
ただその横には "続かなかった人" がいるのも事実。
それなりに体への負荷もかかりますし、
もともと本格的にやってた人の前では引け目さえ感じることも。

……と、前フリが済んだところで「水泳の勧め」です。

よくよく考えたら、
こんなに間口の広いスポーツはないんじゃないかな、とすら思えてきました。

01.「ランニングはヒザが痛くて…」
という人もプールなら

趣味で楽しめるスポーツは、世の中にたくさんあります。でも、なかにはケガのリスクが伴うものもあります。「予想外のケガで仕事に支障が出た」という人も少なくないでしょう。

一方で水泳は、ケガのリスクが少ないスポーツのひとつ。無理さえしなければ、長く、楽しく、続けられます。

泳ぐのは苦手! という人も、水中ウォーキングや、水に触れるだけでもリフレッシュできるはず。なにより、「ヒザが痛くてランニングは挫折した」という人の受け皿にもなってくれます。

02.誰かと競う必要はナシ
自分のペースで続けられる

長く水泳を趣味にしてきた人は、こんな風に言います。

「泳ぎだせば意外と人目も気にならないし、淡々と続けられるんだよね。誰かと競争するわけでもないし」

もっと言ってしまえば、泳ぎ疲れたら水中ウォーキングに切り替えてもいいし、ジャグジーで休んだってOK。

スポーツを続けるには「自分のペースで楽しめること」が大事です。周りを気にしすぎてハードルを勝手に上げてしまい、気がついたらスポーツそのものから遠ざかっていた……なんて、もったいない話です。

03.雨の日でもOK!
リズムを崩さず通える

屋内プールであれば天候に左右されることもないので、生活のリズムを崩すことなく習慣にできます。「雨だから……暑いから……」をさかいに、いつのまにかランニングを断念していた人はぜひ。

また、施設によってはトレーニングジムやヨガスタジオが併設されているので、趣味の幅が広がる可能性だってあります。シャワールームやアメニティがある、という快適さも魅力。

長く水泳を楽しむための
「水着」選び

そうして、いざフィットネススイマーになろうと思ったとき、水着選びは大事なポイントです。Speedoの「Breaks(ブレイクス)」シリーズには、90年間 "泳ぐこと" に向き合い続けたトップブランドからの提案がつまっています。

上半身の露出に抵抗がある人も、タンクトップタイプなら露出が抑えられるのが嬉しいところ。さらに、レギンスが筋肉のブレや下半身の沈み込みを抑えてくれるので、結果としてラクに泳ぐことができます。

「泳ぎがラクになる」ということは、長く、永く、プールに触れられるっていうことですからね。

ブレイクス タンクトップの詳細をみる

ブレイクス レギンスの詳細をみる

SOCIAL

Speedo International