システムメンテナンスに伴うサービス停止のお知らせ
THE NORTH FACEATHLETE

ATHLETE

ニーナ ウィリアムズ
ロッククライマー
ニーナ ウィリアムズ
NINA WILLIAMS

コロラド州ボルダー

ニーナ・ウィリアムズはV13を登る数少ない女性ボルダラーで、ハイボールボルダリングの技巧を持ち合わせている。
ボルダーの課題は6m以上の高さを誇り、ハイボールクライミングにはボルダリングの身体能力とフリーソロの精神性を必要とされる。
2016年にニーナはカリフォルニア州ビショップ郊外のバターミルクに位置する高さ15m以上を越えるV11ルート、アンブロシアに女性として初めて登頂する。
クライミング雑誌では「女性クライマーが挑んできた中で最も難しいフリーソロの1つ」と述べている。
ニーナはこのルートを登頂する前に、2014年に北面のフットプリント(V9)と2015年に南面のエビリューション・ダイレクト(V11)、と同じボルダー内で難易度の高い2つの課題に登頂しており、これら3つでグランパ・ピーボディ・トリフェクタを完遂している。

想像通りで、これは女性としては初めての快挙である。
約160cmの身長にマッチしたダイナミックなクライミングスタイルとメンタルをニーナは持ち合わせている。ニーナは恐れに立ち向かい、リスク管理することを楽しんでいる。
ニーナは12歳の時にクライミングに出会い、翌年にはロードアイランドを拠点としたユースクライミングチームに参加する。2010年にボルダーへ移るとそのクライミングキャリアに拍車がかかる。
彼女はトレーニング方法を学び目標を設定し、身に付けた能力を活かして2016年に南アフリカのロックランドにある自身初となるV13の課題レイ・オブ・ライト(8B)を完登。
2016年にはさらにクライミングスキルを磨き、ヨセミテ国立公園内の約275mのトラッドルート、ファイナル・フロンティア(V5.13b)に登頂。その後2018年にはヨセミテ国立公園内の約600mのルート、ファーザー・タイム(Ⅵ 5.13b)を6日間かけてフリーで登頂、女性初の快挙である。
そして史上4人目となるボルダーの課題、フラッグスタッフ・クリンピング・テスト・ピース・ウインド・ショッパーに登頂する。
28歳のニーナは地元ボルダーのコロラド大学に通っている。彼女は認定プロフェッショナルコーチとして指導と養成を担い、女性や他国の人たちと良好な関係を築くなどの充実した生活を送っている。彼女は国を越えて、カラー・ザ・クロッグ、フラッシュ・フォクシーそしてロンドン・ウィメンズ・クライミング・シンポジウムなど様々なクライミングジムのクリニックに参加している。

勉強やコーチをしていない時はベットのハリネズミのフランキー・フォン・クイルズベリーと遊んでいる。
ニーナはリーダーシップとデベロップメントの認定プロフェッショナルコーチ(CPC)として女性と有色人 種とともに働き、自信を持った生き方、目的を持った人生を研究している。 Color the CragFlash Foxy、さらにロンドン女性クライミングシンポジウム、世界中のクライミング ジムの先進的なクリ ニックとも仕事をしている。勉強やコーチをしていない時は主にペットのハリネズミ、フランキーと遊んでいるのだとか。