0

HELLY HANSEN × PAPERSKY

WORKING FISHERMAN

ノルウェーの港町モスがブランド創業の地であるヘリーハンセン。
1877年、商船隊の艦長だったヘリー・J・ハンセンが、極寒の海で働く漁師のために、
激しい雨や雪、寒さなどから身体を保護する防水ウェアを作ったのがはじまりでした。
本企画「WORKING FISHERMAN」シリーズでは、
日本各地で活躍する若い世代の漁師達を訪ね、
職としての漁師の魅力や彼らの想いを伝えるとともに、
140年前の創業時より普遍であるヘリーハンセンの精神とルーツを探っていきます。
第6弾は、鳥取県福部町・岩戸漁港へ。

Vol.06:

鳥取県漁業協同組合

眞田 美幸

眞田美幸


  • Vol.05:

    蒲入水産有限会社

    田中 晃斗

    田中晃斗

    丹後半島の北端に位置し、"海の京都"としても知られる京都府与謝郡伊根町。愛知県内の中学を卒業後、漁師になるために15歳でひとり京都・伊根町に移住。「蒲入水産」の最年少漁師として、定置網漁に力を注いでいる田中さんを訪ねた。

  • Vol.04:

    濱野水産 湘南丸

    浜野 展行

    畠山晶

    神奈川県江の島。プロサーファーとして活動後、24歳で漁師になった浜野さん。近海でシラス漁をする傍ら、約80年続く老舗「濱野水産」の4代目として、生まれ育った海や船、店をいかに次世代に繋げていくのかを考える彼を訪ねる。

  • Vol.03:

    葉山町漁業協同組合

    畠山 晶

    畠山晶

    三浦半島の西北部に位置し、砂浜と岩礁が交互に連なる海岸線と山ひだに覆われた丘陵地が美しい町、神奈川県・葉山町。26歳で漁師に弟子入り。現在は、漁と並行して「葉山産」の海の幸を広める活動にも注力する畠山さんを訪ねた。

  • Vol.02:

    南三陸町歌津泊浜 金比羅丸

    髙橋 直哉

    髙橋直哉

    宮城県北東部に位置し、志津川湾や伊里前湾に面したリアス式海岸が美しい漁村風景を映し出す、南三陸。新しい水産業のかたちを提案する集団「フィッシャーマンジャパン」にも参加する、髙橋さんを訪ねた。

  • Vol.01:

    大磯町漁業協同組合

    辻井 将

    浜野展行

    東海道の宿場町として栄え、国内初の海水浴場が開かれた避暑地としても知られる神奈川県・大磯。21歳で漁師となり、現在は大磯町漁業協同組合で育成にも力を入れる辻井さんを訪ねる。

HELLYHANSEN.COM