About macpac

macpacについて

Story

ニュージーランドの
自然環境で育まれた
シンプルで頑丈な
macpacのギアは
あらゆるアウトドアフィールドに
通用する

ニュージーランドの南島の街、クライストチャーチにmacpacの本社はあります。macpacの独自性は「ニュージーランド発」であること。そのことが、ブランドの性格、ビジネスやライフスタイル、製品のデザインを形づくってきました。

南極大陸の風下に位置し、北島から南島へと縦に長く伸びる地形に火山性の山々を抱くニュージーランド。

原生林、湿原、渓流、湖、氷河、フィヨルド…… など、多彩な景観に恵まれたアウトドアフィールドを持つ一方で、“一日の中に四季がある”と言われるほど天候を予測することが難しく、夏でも南極からの風が吹けば、雨を雪へと変えるほどの冷気を運んできます。

このハードな環境は、神秘的で壮大な光景を生み出し、多くの人々を誘いましたが、何日もかけて大自然へと分け入るには、よりシンプルでタフなギアが必要でした。

ニュージーランドの南島の街、クライストチャーチにmacpacの本社はあります。macpacの独自性は「ニュージーランド発」であること。

そのことが、ブランドの性格、ビジネスやライフスタイル、製品のデザインを形づくってきました。

南極大陸の風下に位置し、北島から南島へと縦に長く伸びる地形に火山性の山々を抱くニュージーランド。

原生林、湿原、渓流、湖、氷河、フィヨルド…… など、多彩な景観に恵まれたアウトドアフィールドを持つ一方で、“一日の中に四季がある”と言われるほど天候を予測することが難しく、夏でも南極からの風が吹けば、雨を雪へと変えるほどの冷気を運んできます。

このハードな環境は、神秘的で壮大な光景を生み出し多くの人々を誘いましたが、何日もかけて大自然へと分け入るには、よりシンプルでタフなギアが必要でした。

macpacは、そうした冒険心を持つ人々のニーズに適うギアブランドとして、1973年に創業しました。

標高3000メートルを越える起伏に富んだ山々、長いものでは3カ月以上にも及ぶロングトラック…… 世界的に見てもこの上ない環境をテストフィールドとし、また40年以上もの歳月の中でユーザーからのフィードバックによって改良を重ねてきたその蓄積が、macpacを地球上のほとんどのアウトドア環境で幅広く通用するようなギアへと磨き上げてきたのです。

そして現在もその質に対する追求は続いています。

History

山登り好きの青年がつくり出した
自分の使いたいパックが
アウトドア愛好家たちを
惹きつけた

macpacは1973年、ニュージーランドのクライストチャーチで生まれました。

当時19歳だったブルース・マッキンタイヤが、自宅の倉庫で自作のパックをつくり始めたのがブランドの生い立ちです。

ブルースは山登りが好きで、バッグの縫製技術も持っていたため、自分の使いたいパックをつくることができたのです。

ニュージーランドの人口は、日本と同じくらいの国土に対して400万人ほど。そのうちの7割が何らかのアウトドア・アクティビティを楽しんでいると言います。

macpacの製品が、そうしたアウトドア愛好家たちの間で少しずつ知られるようになるにつれ、次第に山登りやロッククライミング、カヌー、マウンテンバイク、スキーやケイビングの好きなスタッフが会社に集まってきました。

創業から10年後の1983年には、100名のスタッフを抱える企業となり、さらにスリーピングバッグやアパレルを手がけていたウィルダネス・イクイップメント社と合併し、バッグとアパレルを総合的に展開するブランドとなりました。

1987年からは海外のビジネスを開始し、マックパックの製品はヨーロッパでも売られるようになりました。

日本での展開は1996年から、2005年からはアメリカでの販売も開始。

耐久性が高く、高品質なパックとしての評価を獲得しています。


Philosophy

簡潔であることは
複雑であることに勝る

macpacは、アウトドアに造詣の深い人たちとともに仕事をし、さらに世界的にも究極の実験の場であり、ブランドのバックヤードとも言えるニュージーランドの大自然の中で、厳しい基準をクリアするための商品テストを繰り返し行なっています。

そして、冒険家たちが地球上のあらゆる場所で、色々なアクティビティにおいて必要とするものは何かという理解を深めてきました。

その結果わたしたちは、「シンプルなデザインが、解決法として常にベストである」ことを発見しました。

それは、テントからスリーピングバッグ、リュックサック、クロージングにいたるまで、すべてに当てはまることです。

macpacのデザインは、その哲学の上に成り立ち、且つ、あらゆる条件下でしっかりと機能することが立証されています。

そして、冒険家たちが地球上のあらゆる場所で、色々なアクティビティにおいて必要とするものは何かという理解を深めてきました。

その結果わたしたちは、「シンプルなデザインが、解決法として常にベストである」ことを発見しました。

それは、テントからスリーピングバッグ、リュックサック、クロージングにいたるまで、すべてに当てはまることです。

macpacのデザインは、その哲学の上に成り立ち、且つ、あらゆる条件下でしっかりと機能することが立証されています。


Environment

今の小さな行いが
将来はるかに遠くまで
およぶ結果をもたらす

macpacは地球環境を真剣に考え、
5つの環境方針を掲げ、
それを守っています。

1

高品質なアウトドアギアは、
人々が環境問題を考える
きっかけとなる。

人々が自然に触れ合う機会が増えれば、それだけ自然に対しての感謝の念が強くなると考えています。

自然を経験することなしにその価値を理解するのは難しいことです。

2

丈夫で長く使える製品をつくることで、
長期的に資源を節約する。

丈夫な製品をつくることは、長期的に見て資源の節約につながります。

安く弱い製品を何度も買う必要はありません。

3

リタイヤさせる前に
リペア(修理)する。

ジッパーやバックルが壊れてしまっただけで、まだまだ機能する製品の使用をやめる必要はありません。

macpacは何度でも修理して使い続けることのできるリペアシステムを提供しています。

4

可能な限り、リデュース(軽減)、
リユース(再利用)、
リサイクル(再生)する。

使い捨てという考え自体をやめ、残った食べ物もコンポストで再生し、不要な出張もしません。

何度も買い直す必要がないよう、耐久性のある製品をつくり、新しいアイデアや方法を考えるときも、必ず環境負荷を考慮に入れています。

5

自然への恩返し
炭素を再生する

化石燃料の使用に対し、使用した炭素を再生する意味でも、2001年からニュージーランドでの植林を始めています。

今ではクライストチャーチ市議会でも木々の保護プログラムを行っています。

しかしわたしたちは引き続き毎シーズン植林を続けています。