CROSS MISSION KEGONBERG 砕石場を駆け上るハードエンデューロの世界 CROSS MISSION KEGONBERG 砕石場を駆け上るハードエンデューロの世界

不整地の道なき道を走るオフロードバイクレースの中でも、急斜や岩場などのコースを舞台にもっとも難易度が高いレースであるハードエンデューロ。国内でもニッチなハードエンデューロだが、その熱気は今とても高まっている。そんな中、2022年3月27日にハードエンデューロイベント“ケゴンベルグ”が開催された。GOLDWIN MOTORCYCLEでも協賛を行なっているこのイベント。主催者であるクロスミッション代表の石戸谷蓮さんにハードエンデューロやケゴンベルグ、そしてこれからの課題など話を聞いた。

Ren
Ishidoya

石戸谷蓮

クロスカントリー、エンデューロライダー。オフロードバイクイベント“クロスミッション”主催。父親の子守りという名目で3歳の頃からオフロードバイクに親しむ。鍼灸マッサージ師を行いながら、オフロードイベントの主催やレースの出場、教育委員会や環境省と共に社会貢献に繋がる活動を続ける。

Cross Mission HP

石戸谷蓮さんの画像 石戸谷蓮さんの画像

  1. オフロードバイクや
    ハードエンデューロの魅力

    人生であれほど辛いレースはない
    だからこそ挑戦する意味がある

  2. ケゴンベルグとそのレース

    ハードなだけじゃなく
    観客もハートで繋がる大会を目指して

  3. レースの外のケゴンベルグ

    オフロードを取り巻く
    より良い未来に向けた活動