石川将也の > 失敗から始まる

#1 クリームソーダから始まる

  • FAMILY
  • 2021.7.21 WED

映像とグラフィックのデザイナーである石川将也さんが、日々のとある失敗から考察し、現象や原理を見つけ出していく連載。失敗から見つけたルールや仕組みを、次なる遊びの可能性へとつなげていきます。第一回目は、クリームソーダにまつわる失敗。

クリームソーダ。私の大好物です。

暑い日に外を歩き回っていて、たまらず逃げ込んだ喫茶店にこのメニューがあると、嬉しくておもわず注文してしまいます。

でも、前からちょっと、不満に思ってたことがあるんです。

氷がちょっと多すぎるんじゃないかな、と。

氷がたくさん入っているから、ソーダが少ない。

暑くて喉が渇いているときは、ちょっとものたりなく感じてしまうこともあります。

ひょっとしてこの氷、ソーダを節約してかさ増ししてる?

そんなわけで、自宅で作ってみることにしました。理想のクリームソーダ。

せっかくなので、ソーダをたっぷり飲むために氷なしでやってみましょう。

ぬるくなっちゃう? でもアイスが冷たいから平気だと思います。

ソーダをなみなみそそぎ、

そしてそこにアイスをドーン。

できました。

おいしそ…

あれ?

あれ?

なんか、どんどんもこもこしてきます。

お店で「クリームソーダです」と言って出されたら「どこがです?」と言ってしまいそうな代物ができてしまいました。

これは…失敗です。

でもどうしてこんなことになってしまったのでしょうか。

ためしに、ちゃんと氷を入れてクリームソーダを作ってみて、それと見比べてみましょう。

音楽:イトケン

氷がある方のソーダの場合、アイスは浮いている氷の上にのっかっています。

一方、氷無しの場合、アイスをソーダに入れると、アイスがソーダにざぶんと浸かっています。

どうやら、ソーダに触れたアイスが溶けて、ソーダの炭酸の泡と一緒になって、もこもこになっているようです。

飲み物に入っている氷って、冷やすためだけのものかと思っていましたが、クリームソーダの氷には、それに加えて

・浮くことで上に乗ったアイスがソーダに浸かるのを防ぐ

という役割があったようです。

真横から見ると、氷がない方はソーダに沈み込んでいることがよくわかります。


「かさ増し」とか言ってごめんなさい。

クリームソーダのアイス、氷が水に浮くことを利用している、という意味で言えば、ホッキョクグマやペンギンの仲間と言えますね。

「氷が水に浮く」という性質を利用しているなかまたち

このクリームソーダの氷のように、ひとつのものが同時に複数の役割を果たしていることがあります。

氷は、機能的には「冷やす」という単機能に注目しがちですが、物体としてもっている特性(物性)はそれだけではありません。クリームソーダの氷は、「水に浮く」ことや四角くて上が平らで「物が載せやすい」といったことが非常にうまく組み合わさっていたのだと、作ってみてはじめてわかりました。

ここに至るまでに、さまざまな試行錯誤や失敗があって、定番のクリームソーダが生まれたのかもしれません。これだけでなく、物体がある機能を果たしている時に、「同時にほかに何をしているか」について考えてみると、隠された機能に気づけるかもしれず、おもしろそうです。

❶ アイスを、炭酸じゃない、普通のジュースに入れたらどうなるだろう?

ソーダの時のように、もこもこになるだろうか?

❷ ジュースの場合も、氷がある場合とない場合で、違いがあるだろうか?

❸ アイスの種類を変えるとどうなるのだろう? 例えば、ガリガリくんとか。

❹  そもそも、氷って水の中と外だとどっちが早く溶けるの?

ふつふつと、そんな疑問が湧いてきました。

みなさん、どう思われますか。

ほかにも気になることがあったら、クリームソーダがおいしいこの季節、おうちで試してみてください。

ちなみに、もこもこの失敗クリームソーダですが、

飲んでみたところ、ふわふわしていて、これはこれでおいしかった、ということをご報告しておきます。

(食べ物で実験するときは、きちんと最後まで食べましょう。)